5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦史にまつわる定説の誤りを語ろう!

1 :名無し三等兵:02/07/27 15:56 ID:pEcvqDwP
戦史に関して誤りが定説となってしまった例は多数あります。
そういった誤りについて語りましょう。
まずは有名なやつを一つ。

「大和級戦艦について公表されなかったため、戦時中の国民は
長門級が日本海軍最強戦艦だと信じていた」

昭和17年12月7日に日本海軍は「新鋭戦艦が数隻軍籍に入っている」
と公表しており、戦時中でも国民の間では「大和」という名前こそ
知らなくとも長門以上の戦艦が日本にあることは周知の事実だった。

2 :名無し三等兵:02/07/27 15:59 ID:???
日本軍は水陸両用戦車を開発した!
実はスコールで出来た水溜りを走るチハたん

3 :名無し三等兵:02/07/27 16:13 ID:Nb7WwzEd
濡れの爺様は大和を見たと逝ってたな
かなりうそ臭いが(藁


4 :名無し三等兵:02/07/27 16:24 ID:RzMdqt9Z
「戦争中はゼロ戦なんて呼ばなかった!」
ってのも誤った定説かな。

5 :名無し三等兵:02/07/27 16:29 ID:???
南京で日本軍は30万人虐殺しますたという誤った定説。
実は敵側の捏造事件。

6 :名無し三等兵:02/07/27 16:30 ID:JfKC0F6s
大和の片道燃料は?

7 :名無し三等兵:02/07/27 16:34 ID:???
>>5
それ俺も言おうした

8 :名無し三等兵:02/07/27 16:37 ID:???
>5、7
コヴァが来るからやめれ。

9 :名無し三等兵:02/07/27 17:00 ID:???
石井部隊がマルタを量産していたという誤った定説。

10 :名無し三等兵:02/07/27 17:24 ID:???
>1
でもなあ、同時期に公開された利根の写真を”新造戦艦”と勘違いして
大騒ぎになったぐらいの認識だしなあ

11 :名無し三等兵:02/07/27 17:50 ID:QNH9XV5E
戦争中でもルーズベルトの議会での演説や生産計画は日本国内でも広く知られていて
戦争の前途を悲観する人間は多かった。

12 :名無し三等兵:02/07/27 18:09 ID:FbuWiyA0
ドイツ軍の88ミリ対空砲を対戦車砲として使用することを思いついたのはロンメルである。

13 :名無し三等兵:02/07/27 20:11 ID:???
>>2
実は水に浮かんでしまうチハタン

14 :名無し三等兵:02/07/27 21:25 ID:UL0n951i
訂:リデルハートがマンシュタインなどドイツ諸将に決定的に影響を与えた
正:敗れて気疲れドイツ諸将をリデルハートが誘導尋問気味に(以下略

15 :名無し三等兵:02/07/27 21:28 ID:???
市ヶ谷の自衛隊員が三島由紀夫の演説に誰も乗らなかったのは
自衛官が一市民としての社会的良識を備えていたからではなく
昼飯前で気が立っていたから

16 :名無し三等兵:02/07/27 21:36 ID:???
15そりゃおもろいな!!
機甲軍理論を考えたのはリデルハートである。

17 :名無し三等兵:02/07/27 21:45 ID:???
>15
気が立っていたら、
余計、付和雷同して、騒ぎ出しそうなんだが、、、

18 :トツレ ◆jsQTgi.Q :02/07/27 21:53 ID:uq2QG2z2
>1
こんなことも読んだことあります。
戦時中、小国民の間では「日本には8万トンの戦艦が3隻あり、そのうち1隻は
空母に改造中」と噂されていた。
当時の小学生の間でも新鋭戦艦のことは薄々知っていたみたいですね。
しかも空母に改造されていることも知っていたとは驚きですが、工廠へ勤労奉仕
している中学生(当時の高校生)あたりから漏れていたのでしょうか。

19 :名無し三等兵:02/07/27 21:59 ID:+eIiwFpw
>市ヶ谷の自衛隊員が三島由紀夫の演説に誰も乗らなかったのは
> 自衛官が一市民としての社会的良識を備えていたからではなく
> 昼飯前で気が立っていたから

佐々敦之氏の「連合赤軍あさま山荘事件」によると、その時に警視庁に
入った第一報の内容は
「三島という酔っ払いが市谷駐屯地に入って暴れてる」
だったらしい…

20 :名無し三等兵:02/07/27 22:00 ID:???
ドイツの手榴弾は投擲までに時間がかかって
なおかつ爆発する間に投げ帰されることが多い。

21 :名無し三等兵:02/07/27 22:02 ID:sRUnax1w
うんこはくさかった

22 :名無し三等兵:02/07/27 22:02 ID:p/Br+0U5
>>19
ハゲワラ。(w


23 :名無し三等兵:02/07/27 23:39 ID:???
リデルハートはどういうわけか、リデル・ハートと表記されることが多い。

リデルだとかわいい女の子の名前になってしまうので注意。

24 :名無し三等兵:02/07/28 01:48 ID:???
>>23
独軍名将達に「私のおかげでしょ」と、のたまうリデルたん(;´Д`)ハァハァ

25 :名無し三等兵:02/07/28 02:13 ID:???
いったいいつから大和の最終出撃が特攻とみなされ始めたのか?まーマスコミの無知が悪いんだろけど。片道切符なら何往復もできるくらいの燃料を燃料不足の時代に積むわけないだろが。それと沖縄での物資調達用の大金も。カミカゼ攻撃と一緒にすんな。

26 :名無し三等兵:02/07/28 02:57 ID:2WTQjhav
大和は>25氏の言うとおり、全速で走り続けても沖縄まで余裕で往復できるだけの
燃料を積んでいたのであるが、
草鹿参謀長曰く「一億総特攻のさきがけとなって欲しい」
の言葉どおり、水上特攻部隊としての側面も持ち合わせていたはずだよ。


27 :名無し三等兵:02/07/28 03:08 ID:kHO7roxB
マルタ島に援軍が来るまで、「信念」「希望」「博愛」と名付けられた
3機のグラディエイターが死守したという話

グラディエイターが3機だけだった期間は11日間だけで、
その間のイタリア軍の空襲は小規模なものが3回だけ。
敵機を撃墜した記録もないし、そんな名前もついてなかった。

28 :名無し三等兵:02/07/28 03:15 ID:???
>>25
貴様「戦艦大和の最後」を読めっ!

29 :名無し三等兵:02/07/28 03:43 ID:???
>>23
私の持ってる書籍には監修:バジル・リデル・ハート卿と載ってるんですが。

30 :名無し三等兵:02/07/28 03:56 ID:???
>>29
そ、そー書かれるとなんだか伊太利亜料理の評論家みたいでげす。

31 :名無し三等兵:02/07/28 03:56 ID:???
>>17
三島の行動のせいで昼食が遅れる。
よって、隊員の憎悪は全て三島に向けられる。
飯の恨みは、その空腹が続く限り時と共に増大する。

三島を速攻で始末しなかったのは、隊員達の自制心と隊の規律の賜物であろう。

32 :名無し三等兵:02/07/28 04:07 ID:M2PWbNRP
欧州戦線でプライベートライアンのように、また多くの米製戦争映画
のように、ドイツ軍がバタバタと撃ち殺され、インデアンをなぎ倒す
騎兵隊の如く米陸軍が進撃するのは大嘘で、実際は、逆であった。
ドイツ兵が1人死ぬ間に連合軍は3人以上は死んでいた勘定になる。

33 :名無し三等兵:02/07/28 04:11 ID:M2PWbNRP
満州に昭和20年侵入してきたソ連軍は、強力な戦車隊、飛行機部隊、
騎兵隊を大平原に展開し、うんかの如く攻め寄せた映像がしばしば登場する。
あれは宣伝用で、実際は、日本軍が戦線を縮小した作戦のため
ほとんど小部隊のこもる拠点を遠方から砲撃し、焼き尽くした後に
進入し、ということをくりかえし、軍のいない空間に乗り入れ、
婦女子を虐殺、暴行することに熱中した。
一方島嶼部では日本軍の抵抗に容易に進めず、兵隊たちは恐怖に泣きぬれていた。

34 :名無し三等兵:02/07/28 07:53 ID:wrATIv2F
第二次大戦でウィーキ島守備隊のスローガンとして有名な"Send us more Jap"
は実は映画の台詞であり、当の守備隊は戦後に捕虜収容所から出てくるまで
そのスローガンを知らなかった。

35 :名無し三等兵:02/07/28 08:41 ID:gRp9m7Xp
>>32

プライベートライアンは充分米軍が死んでたと思うぞ。最初の
20分間見てないの。

36 :名無し三等兵:02/07/28 08:56 ID:i8a9tKfl
後半の話を言ってるんだろう

37 :名無し三等兵:02/07/28 09:07 ID:I2GGfmhV
>>35
早とちり、氏ね

38 :おた:02/07/28 09:14 ID:???
いいスレだ。
大和は参謀長の「水上特攻」の言葉通りの作戦なんだろうが、
忍びないので燃料を入れてやったのだが、通商護衛戦担当の大井さんだっけ?
とかが怒り狂ったと言う話し。燃料の一滴は血の一滴で最期まで大事に使うべき。
作戦自体も趣味的だとまで、現実主義で批判した。
むしろ、気合が入って無いめめしい作戦だとの剣幕。
一方で、俺は大和士官の
「この国は進歩ということを軽んじすぎた。潔癖であることにとらわれ・・・
新生日本の先駆けとなって死ぬ。うれしいことじゃないか。」
は、感銘を受けた言葉だった。

高度成長時代は、朝鮮戦争などの幸運もあったが、
やはり太平洋戦争の反発バネみたいな側面が強いと思う。
今となってみれば、あの時代に高度成長しそこなった国も多い。

39 :おた:02/07/28 09:28 ID:???
リデルハートの件。
言われてみれば、機甲戦の思想的元祖が英国
ってのは、ちょっと言いすぎな感じはする。
各国実験はやっていたが実験にしかすぎなかった。
発想がリデルハートだけから出てたとは言い難い。
むしろポイントは支援兵種の装軌化・自動車化・組織化であって、
ブレンガンキャリアーがそれだとは思いたくない。

ただ、リデルハート自身は、それ(元祖)をそんなに強く主張はしてなかった
よーな気はする。
「間接アプローチの戦略」は、まとまってなくわかりにくい。そこがいい。
単純化してるクラウゼヴィッツの直接決戦を批判するとこに目的があり、
それは同感である。

40 :おた:02/07/28 09:34 ID:???
最近の米戦争映画は、やっと騎兵隊から抜け出したが、
やっぱり騎兵隊が残ってると言う話し。

これはクラウゼビッツが各国の戦争の指導を誤らせたように、
ベトナムの失敗は騎兵隊のイメージに負うところが大きいと思う。
そーいうことって、いいかげんだと、とんでもない失敗が起きたりすると思う。

宣伝で勝てても敵に負けるって話し。
イメージは大事だ。

別に右で無くても(そーは見てくれないか?がはは)
俺らがさよが嫌いな理由。

41 :おた:02/07/28 09:43 ID:???
じゃあ、俺からも一発。

「騎兵隊」とは、民衆略奪と虐殺の正真証明のならず者集団。

これは定説の自己逆転の例。
逆転したあたりから、アメリカ軍が滅法強くなったことに留意せよ。

その騎兵隊をせんめつした(インディアン側)会心の戦いもあった。

規模は小さいが、カンナエ包囲戦が再現された数少ない例。
(みんな狙うのだが、なかなか実現しない)

カンナエ戦と言うと、銀英伝って、方陣の歩兵戦なのか火力艦隊戦なのか
三国志の英雄なのか、よくわかんない♪(アンチじゃありません♪)

42 :名無し三等兵:02/07/28 10:07 ID:???
リトルビックホーンですか?
でもカンネーとの共通点は見いだせませんね。
両軍の兵力比がカンネーとは違います。
それと、はしゃぎ癖は個癖だからやむを得ないとしても
他人のレスを勝手に総括して感想を述べるだけという
スタイルはやめたほうがいいですよ。

43 :名無し三等兵:02/07/29 12:37 ID:IYX/29US
それでは有名な話としては
「定説」
真珠湾攻撃で港湾設備を爆撃していれば珊瑚海で損傷したヨークタウンの修理が出来ず
ミッドウェーに間に合わなかった
「実態」
港湾設備は南雲機動部隊に可能な攻撃では、かすり傷を与えるのが関の山。
半年後にヨークタウンを修理できない程の被害を与える事は不可能である。

44 :名無し三等兵:02/07/29 12:51 ID:eQ3kNb39
1945年8月15日天皇の玉音放送で国民が終戦を知らされたのは有名な史実です。

しかし前日8月14日の新聞夕刊に詔勅の全文が掲載されている事を知る人は少ない。


45 :名無し三等兵:02/07/29 12:53 ID:smuF2Si1
太平洋戦争は無かった。

46 :名無し三等兵:02/07/29 12:53 ID:6AIt++0j
第三次攻撃をしかけて97艦攻で中高度(3-4000m)から水平爆撃で60kg陸上爆弾を重油タンク群に落とせば
真珠湾基地は火の海、その後1年はハワイは燃料不足に悩む、、はづ、っていうのも間違い?

47 :名無し三等兵:02/07/29 12:56 ID:???
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1027914586/l50
ええっ?過去ログにこんなスレ発見!

48 :名無し三等兵:02/07/29 12:59 ID:eQ3kNb39
>>47
あちこち貼るんじゃない!厨房!

49 :名無し三等兵:02/07/29 12:59 ID:qMRcPtv+
>>46
定説でもなんでもないじゃん。

50 :名無し三等兵:02/07/29 13:05 ID:IYX/29US
>>46
間違いです(キッパリ)。
重油タンクの爆発で港湾が火の海になったことが一度でもありますか?

51 :名無し三等兵:02/07/29 13:16 ID:6AIt++0j
でも瀬戸内海の石油コンビナートとかが地震の後、火災でえらい感じに燃えているニュースを見たことがあるが、、、、。

52 :名無し三等兵:02/07/29 13:17 ID:6AIt++0j
パリクパパン採油基地とかオランダ兵が撤退したときも盛大に燃えていたよな。

53 :名無し三等兵:02/07/29 13:22 ID:???
>>51
タンクの周辺が火の海てことで、基地全体が燃えちまうことはない。
燃料不足には暫く悩まされたでしょうけど。


54 :名無し三等兵:02/07/29 13:24 ID:VN662hIm
ノモンハンがボロ負けじゃなかったちゅーほんを、ぱらぱら立ち読みした。
しっかり読んでないので真偽は分からんが、巷で言われているほどボロ負けではなかったのか?


55 :ねこまんが ◆pzkw2x.. :02/07/29 13:26 ID:???
>>54
結構前から有名な話。数年前のNHKだかなんだかでもやってた。

56 :名無し三等兵:02/07/29 13:38 ID:???
>>46&>>50-52
重油は、長時間の燃焼が継続する。
火災でえらい感じに燃えるし、消すのにもえらく手間がかかる。
しかしながら、ガソリンのような揮発性に乏しいため、「爆発」的な燃焼はしない。
延焼の心配も、比較的小さい。
まして、海上に流出するのに火が流出したのならば、それだけを心配すればいい。
まあ、火の海にはなるだろうが、実際には、いろんなことが予測し易く、
恐い火災とは言えない。

一方、ガソリンのような揮発性に高い油は、「ドンっ!」といって、おしまい。
ただし、高温で、爆発的に燃えるわけだから、周辺への延焼が恐いし、
爆風による設備の破壊も恐い。

一番、恐いのは、複数の油が、燃焼して、それぞれの特徴に基づいて、
複合的な作用を及ぼすことだと思う。

例えば、重油流出&ガソリン貯蔵施設へ向かう。
それに火が着いて、ジワジワとガソリンを暖め、最終的に、「ドンっ!」
それが、他の中程度の揮発性の油(例えば、灯油)にも引火しながら、
そのタンクを吹き飛ばし、周辺一面を大火災…
しかも、重油が重点的に飛び散ったところは、消し難く………みたくに。

57 :  :02/07/29 15:25 ID:???
>>42
やな感じ。

58 :名無し三等兵:02/07/29 15:37 ID:???
でもアレなんだもん

59 :名無し三等兵:02/07/29 15:42 ID:???
>>23
>>29-30

正確に英語で標記すると、
Sir Basil Henry Liddell Hart

まあ、サーは称号だから取ってしまって、向こうでは、
B.H. Liddell Hart
と表記されることが多いので、「リデルハート」「リデル ハート」「リデル・ハート」
といった表現が、日本ではある。

ミドルネームのつけ方は英米では様々だけど、
ヘンリーやリデルは父母の苗字なり名前なりが入っていることがある。
つーことは、リデルは、母の名前もしくは旧姓という可能性が大。

60 :名無し三等兵:02/07/29 20:16 ID:DLORfC6a
山下中将がパーシバルに「YesかNoか」と迫ったって話も作り話

丸より

61 :名無し三等兵:02/07/29 20:21 ID:???
>61
新聞記者が脚色したらしい>「YesかNoか」

62 : :02/07/29 20:40 ID:rbw0ZkcS
>>60
元々は「あなたの発言はYESかNOかハッキリしないのでしっかりしてくれ」と言った
のを新聞記者が脚色して、誤って報じられた。
後に演劇でそのシーンが出たとき山下は怒って何も言わず席を立ったそうだ。

63 : :02/07/29 21:13 ID:???
YesかNoか〜好きか嫌いか〜♪
あんあんあんあ〜どうしよう〜♪




64 :名無し三等兵:02/07/31 20:05 ID:jLC1EMxk
扶桑級戦艦は「鈍足」だとよく言われるが、同世代の海軍休日世代の他国の戦艦で
扶桑級より高速なのはイギリスの巡洋戦艦とイタリアの徹底改装組だけであって、
十分に高速戦艦である。

65 :名無し三等兵:02/07/31 20:52 ID:vK/OZvfR
まあ、クリーンエリザベスは「高速戦艦」だったけど、完成時25ノット、WW2時24ノット弱だったからねぇ、、、
ウオースパイトのようなライホンハートがあればよかったのに>日本戦艦

66 :名無し三等兵:02/08/04 23:38 ID:mn0V3XQI
誤り
「戦前戦中の日本では『戦争に負けるかも知れない』と口にすることは出来なかった」

事実
戦時中の書籍にも国会議員やマスコミ関係者が「日本は負けるかも知れない」と口に
していることが名指しで言及されており、別に問題にもなってない。
要するにそう言う発言を大っぴらにする人間は大勢いた。

67 :名無し三等兵:02/08/12 12:48 ID:GziId2aG
>>66
戦後になって「戦時中は『戦争に負ける』と言えなかった」と言うのが定説になった
のは戦時中にすき好んで戦争を煽っていた人間の多くが、そういうことにして自分達
の責任を誤魔化したから。
まあドイツで「我々ドイツ人もナチスの被害者」と言ってるのと同じだね。

68 :通りすがりの新聞屋:02/08/12 12:58 ID:j5ZG2UKU
自殺したヒトラー総統の日本における当時の報道内容
「ヒ総統ベルリン防衛陣頭指揮中に戦死」
まあ、「自殺しましたよ」とは書けないだろうね。

69 :名無し三等兵:02/08/12 13:14 ID:0K4m/Sbs
日本全国津々浦々が餓えていた。

70 :名無し三等兵:02/08/12 13:21 ID:???
>>69
確かに天皇は満腹で

71 :名無し三等兵:02/08/12 13:37 ID:???
うちは農家だったから別に困らんかったと言ってたなあ。
となりの市から2時間かけて歩いて野菜買いに来る都市生活者はいたようだが

72 :名無し三等兵:02/08/12 16:25 ID:o8Db3Tjn
共産党の宮本賢治は戦争中は網走刑務所にいて刑務所の食事は栄養満点で味噌汁には具のジャガイモやニンジン、
タマネギが沢山はいっていて汁が見えないほどだったという。

73 :名無し三等兵:02/08/12 16:59 ID:???
インフラが潰されて物流が破綻してたんだろうな

74 :名無し三等兵:02/08/12 17:54 ID:???
>73
加えて、特に北海道と本州の流通インフラは、非常に細くかつ不安定だった。
ある程度の安定性を持った流通が可能になったのは、戦後になって航空路線
が発達してから。
昭和36年に東京札幌間にジェット機が就航するまで、北海道では冬季の生鮮
食料の入手は全く不可能だった。

さらに大規格・高規格コンテナ運送の流通、生鮮・準生鮮食料流通や急便・
速達流通などが安定するのは、ジャンボジェットが就航する昭和40年代
後半を待たなければいけないし、地続きと言える程相互流通が安定するのは、
昭和63年の青函トンネル供用開始(津軽海峡線)からである。

以上、
機長の1万日
等より。


75 :名無し三等兵:02/08/13 17:36 ID:jpmi/blo
スリガオ海峡海戦で西村艦隊は山城、最上、時雨の単縦陣で海峡に突入したことに
なっているが、実は時雨は他の2隻から離れて別行動だった。
これはあとで突入した志摩中将の報告が間違っていたかららしい。

76 :名無し三等兵:02/08/13 17:56 ID:???
「サン=テグジュペリが撃墜された時の乗機はP-38ライトニング」

サン=テグジュペリ・ミュージアムでもそう説明しているらしいが,
実際には偵察用に改造されたF-5Bらしい.
元は同じだから大きな誤りともいえんが,軍事版的にはどーよ?

77 :名無し三等兵:02/08/13 18:02 ID:gtRDSWzC
>>76

そちらが定説だとおもってました。あと、サン=テグジュペリの操縦の
腕前は壊滅的なくらいひどかったらしいてのはどうですか。道理で何度
も不時着してるはずだよ。その体験を作品にして名作をものにしてるの
は、さすがというか転んでもただでは起きないというか。

78 :名無し三等兵:02/08/13 20:22 ID:Vm7EgMkw
大和が多量の重油を積んでいったのは沖縄に対する補給の意味があった、と何処かで読んだのだが、実際どうだったのだろうか。

79 :名無し三等兵:02/08/13 20:24 ID:HnWEbnlS
>>78
トンデモだろ?
戦艦から重油をくみ出す設備も余裕もないはずの修羅場だろ?

80 :名無し三等兵:02/08/13 22:26 ID:???
沖縄といえば、数年前、
「白旗の少女」は実は男の子だった!(男の子だと、徴発されるから、といった話だったかな)
というーTV番組を見たことが・・。併せて、白旗は祖父のフンドシだと放送していた。
簡単に調べると、はっきりと白旗の少女だったという女性の名前が出てくる。


うーん?別の「白旗の少女」を紹介した番組だったのだろうか?

81 :名無し三等兵:02/08/14 23:58 ID:???
「ミッドウェイ海戦で利根4号機はカタパルト故障のため発進が30分遅れた」

82 :名無し三等兵:02/08/15 17:21 ID:4VYStE9g
第一次ソロモン海戦の連合軍側の敗因として
「三川艦隊を補足した偵察機が無線封止を守って連絡しなかったから奇襲された」
と言われるが、実はこの偵察機は三川艦隊発見直後にほぼ正確な情報を打電していた
にも関わらず、艦隊の方で情報が行き渡らなかった事が本当の敗因である。

83 :ゆうじん:02/08/15 17:46 ID:wYVy6I+M
宮本武蔵の出身地

84 :名無し三等兵:02/08/15 18:03 ID:wBUhZw8G
>>70
戦後に食い物よこせのデモ隊が皇居の厨房に押し入ったが、
空っぽの米櫃をみて黙って帰っていったてのは有名だけど。

85 :名無し三等兵:02/08/15 20:33 ID:OuZdISi5
ミッドウェー海戦、「運命の5分間」というのは嘘。
実際は第2次攻撃隊発進までもっと時間が必要だったとか。


86 :名無し三等兵:02/08/15 21:50 ID:???
>>84
 煽りは放置で頼みます。

87 :名無し三等兵:02/08/18 23:25 ID:ZKzz/0gu
空母ワスプに向けて伊十九が放った魚雷は九十五式酸素魚雷ではなく、
八十九式空気魚雷である。

88 :名無し三等兵:02/08/18 23:29 ID:???
>>87
マジで!?
イ6潜がサラトガに当てた魚雷は空気魚雷なのは知ってたけど。

89 :名無し三等兵:02/08/18 23:39 ID:ZKzz/0gu
うん、純粋酸素を使っている関係上、
潜水艦の中での分解整備が事実上不可能だったらしい。
だからめったに使わなかった。

90 :名無し三等兵:02/08/18 23:49 ID:???
全然戦史じゃないけど、妙に思われている定説。
軍ヲタは「戦争論」(クラウゼの方ね)をバイブルとして熟読している。
漏れ、これ何度読もうとしても挫折しているんで、
みんなすごいの〜と妄想していたんだけど、聞いてみるとそうでもないのね。

91 :海の人●海の砒素:02/08/19 00:04 ID:???
 戦争論は、序文と第1章を読めばおなか一杯ですよ(笑)
 全部読むのは、座禅と一緒で趣味の領域です:-p

92 :名無し三等兵:02/08/19 10:25 ID:???
ちょっと調べて見ると、
クラウゼヴィッツ「戦争論」が研究対象として活用されだしたのは、
西側では戦後、特にベトナム後みたいですね。
本家ドイツですら、二次大戦頃には忘れられた……というか、
よく引用されるものの、内容を理解してる人間が殆どいない、とそんな感じだったようで。

http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1028473784/l50
クラウゼヴィッツ「戦争論」で戦争を考察
ところで、世界史板でこんなスレ見つけたんですが、盛り上がってませんねー。
どなたか援軍ぷりーず。

93 :名無し三等兵:02/08/19 10:58 ID:CJwLPyqH
最近の研究で「八八艦隊計画」は通説とされてきた

長門型×2
加賀型×2
天城型×4
紀伊型×4
13号艦型×4

ではなく、実際には

長門型×2
加賀型×2
天城型×12

だったらしい。

94 :海の人●海の砒素:02/08/19 11:22 ID:???
>92
 クラウゼウィッツは、おそらく西側よりも東側の方がメジャーなんでわ。
 「戦争は政治の延長」という言葉だけがぱくられて、得手勝手な解釈で書き殴られて
いたくらいですし。
 彼言うところの「純粋な金属からなる全体」は、まだまだ人類の手には入らないようで。


95 :名無し三等兵:02/08/19 12:18 ID:N1F07aQ+
>>93
でも紀伊級は既に起工の準備まで完了していたのでは?
それに当時の技術革新を考えれば年に2隻のペースで6年間も同型艦を建造し続ける
とも思えない。

96 :名無し三等兵:02/08/19 12:34 ID:???
真珠湾奇襲攻撃で第3時攻撃しなかったのは弾が無かったから。(ヒレ付き魚雷は艦攻に搭載する数をうまく揃えれず技術者を空母に載せて作戦開始ギリギリまで作らせた。)

97 :名無し三等兵:02/08/19 12:58 ID:???
>>72
北海道は特別。あそこのム所は自分で味噌、野菜を作っていたから。
さらに「空腹で暴動を起こされたら困る」とのことで、食糧供給は常に高めだった。


98 :忍者:02/08/19 13:27 ID:zd3MhRG9
未だに京都に原爆が落ちなかったのを文化財の保護とか吐かす連中がいるとは鬱だ...終戦記念日の筑紫のニュースは沖縄を日本で唯一米軍が上陸した地とか逝ってた。

99 :名無し三等兵:02/08/19 14:39 ID:ZoIbgIoa
>>98
あんまり詳しく知らないので、その話しが聞きたいのです。


100 :忍者:02/08/19 14:49 ID:zd3MhRG9
>>99
俺も明確な理由は知りませんが戦後処理等を考えてのことだとか聞いた(それと京都がどう関係あるのかしらんが)ちなみに司令官が京都好きな男だと聞いたのでそれが歪曲されたのでしょう。


101 :俺の戦争論:02/08/19 14:50 ID:XmZWErlN
戦争などサル山の抗争と一緒
崇高な理念などを信じているものは馬鹿
英雄などただのボス猿のようなもの

102 :忍者:02/08/19 19:18 ID:zd3MhRG9
>>101
荒らし?

103 :名無し三等兵:02/08/19 19:35 ID:???
白土三平です。

104 :名無し三等兵:02/08/19 19:58 ID:W1J4+5V/
>筑紫
硫黄島の激闘は無視ですか?

105 :忍者:02/08/19 20:07 ID:zd3MhRG9
筑紫のニュース気色悪かった...変な歌が流れてた。田んぼにえんたいごう(漢字わからん)の後があるがそれについての解説は「農地も強制的に徴用された」みたいなこと言ってた。あれは戦争終わってからに田んぼになったんじゃ?

106 :名無し三等兵:02/08/19 21:13 ID:???
>>87
>空母ワスプに向けて伊十九が放った魚雷は九十五式酸素魚雷ではなく、
>八十九式空気魚雷である。
ソースはなんですか?
95式酸素魚雷の筈ですが。


107 :俺の戦争論:02/08/19 21:16 ID:9WLg3SCt
>>102
っていうか事実だろ
戦国時代や三国志なんていっても本質的にサル山の抗争と一緒だよ
アフガンの内戦も同じ
崇高な理念なんて無いんだよ

108 :名無し三等兵:02/08/19 21:27 ID:???
>>107
同意。

109 :名無し三等兵:02/08/19 21:29 ID:sNk2tQp1
大戦末期軍需工場で一番効率よく働いていたのは規則道理戦前決められた
カロリーの食事を与えられ負け戦の情報など外部の情報が入りにくかった
刑務所の囚人連中だった

110 :名無し三等兵:02/08/19 22:06 ID:???
>>94
そのようですね。
ただ、メジャーなのは帝政ロシア時代からの伝統だったようです。
一次大戦でドイツ軍が占領したロシアの殆どの都市の図書館に
「戦争論」が収蔵されていたことが確認されてるそうですし。

111 :名無し三等兵:02/08/21 13:14 ID:xLxp1r0H
>>82
確かその当たりをまとめた本が出版されていた筈。
「つかめなかった勝機」と言う題だった。

112 :名無し三等兵:02/08/21 13:15 ID:vsy35p6x
三式戦「飛燕」は液冷エンジンハー40の稼働率が悪く五式戦に転換した
というのは間違い。
ハー40の生産が間に合わず、試しに金星エンジンをつけてみたら予想以上
の成績だったのでそれが五式戦として採用された。


113 :名無し三等兵:02/08/21 13:33 ID:Cab8tt24
ナポレオン軍はワーテルローで戦っていない。

114 :名無し三等兵:02/08/21 13:38 ID:???
東西冷戦は、西側と東側の思想の相違で意地を張り合っていた
ように言われるが、それは間違い。
実際には、社会主義圏を広げようとする東側に対する、西側の防衛戦
だったと言えよう。

115 :名無し三等兵:02/08/21 14:48 ID:???
東側からの視点では、
革命の輸出という大儀による拡大というより、
西側に包囲された東側が、なんとか押しつぶされないように虚勢を張っていた
ともいえるのでは?

116 :名無し三等兵:02/08/21 19:37 ID:???
>>114-115
なんだそれ?
ナポレオンはキッチリとワーテルローにいたぞ?

117 :名無し三等兵:02/08/21 20:26 ID:???
>>116
本当なら>>113へのレスだと思うんだが(w
それと>>113ではないんだが、答えておく。

実際、戦場はラベルアリアンスという集落とワーテルローの集落の間にあり、
ややラベルアリアンス寄りの丘陵において戦われた。

で、会戦後に、会戦の呼称として、プロイセン軍の総司令官であるのブルュヒャーは、
「ラベルアリアンスの戦い」でいいのではないかと提案したが、ウェリントンは跳ねつけた。

ウェリントンは前哨戦のあったカトルブラからの後退後、
集結地や部隊展開の命令書に地理的目標としてワーテルローと記し続けた。
そして、自らの勝利であるということを強調したいがために、
会戦の呼称を「ワーテルローの戦い」と称するように強調し、ブルッヒャーもこれを受け入れた。

ワーテルローの集落自体は戦闘の場にもなっていないし、一発の砲弾も落ちていないし、
流れ弾の一発だって飛んできていない。

これ事実。

118 :名無し三等兵:02/08/21 21:06 ID:???
>>112
それは君の中の通説が間違ってるだけだ。

飛燕一型のハー40及び二型のハー140の不調から信頼性の高い金星への
換装案がまず出されて、最初は改造作業による生産遅延や金星の在庫不足を
理由に渋った航空本部がハー40/140の生産遅延による首無し機の増加
で遂に正式試作を川崎に指示するに至った。

よって発動機の不調と生産遅延の両方が要因だ。


119 :名無し三等兵:02/08/21 21:07 ID:???
>>117
知らなかった…
織田軍と武田軍が大激突した長篠の戦いは実際は設楽原で行なわれたのに
「設楽原の戦い」とは呼ばれなかったのと似てますね。
もっとも、長篠城でも死闘が繰り広げられましたけど。

120 :118追記:02/08/21 21:08 ID:???
>>112
あと、世間一般には発動機の不調よりも首無し機の増加による空冷への換装の方が通説だと思うがね。



121 :113:02/08/21 21:42 ID:???
>>117
わざわざ説明、有難うございました。
これ、ほとんどの人が知らん事実なので、ちょっとした話の
タネに使えます。

122 :名無し三等兵:02/08/22 00:27 ID:???
だんだん、ネタスレ化してないか?

123 :名無し三等兵:02/08/22 12:32 ID:F1lZGU22
桶狭間の合戦は奇襲ではなかった。

124 :名無し三等兵:02/08/22 13:45 ID:???
>98
その件の研究本によると、以下のような説明がされていました。
・山に囲まれた地形で、原爆の威力を最大に発揮できるため、京都は常に原爆投下目標候補に含まれていた。
・原爆の正確な威力を知るために、原爆投下目標候補の都市はどれもほとんど事前に空襲を受けなかった。
 広島も原爆投下まではほとんど被害が無く、安全な都市だと言われていた。
・京都に原爆が落とされなかったのは、単にその順番がくる前に戦争が終わったため。
・戦後、「京都は文化財があるので空襲をしなかった」と報道されたが、その方が占領政策に有利なので
 米軍は特に否定しなかった。

まあこういう説もあると。
関係ないけど、その本に載っていた興味深い話。
・浜松はエンジン不調等の場合の爆弾投棄ポイントに指定されていたので必要以上の爆弾を投下された。

125 :名無し三等兵:02/08/22 14:20 ID:???
海軍乙事件、古賀長官行方不明。
実はゲリラに捕まり解放後に詰め腹を切らされたらしい。だから戦死でなく殉職。



126 :名無し三等兵:02/08/23 01:57 ID:???
ありえない気がする…
部下の参謀は、捕虜交換であっさり帰ってきてるしなぁ

127 :名無し三等兵:02/08/24 02:24 ID:???
古賀の自決説は
佐藤宗次の「海軍パイロットの証言 選修学生から中支・南方戦線へ」東洋経済刊に乗っているらしい。
この本は唯一、古賀の乗った一番艇の行方が載っているみたいです。
あした本屋で探してみます。


128 :名無し三等兵:02/08/24 23:26 ID:???
近所の本屋になかったので、秋葉に○○○を買いに行きながら神保町あたりで探してみます。


129 :名無し三等兵:02/08/24 23:34 ID:jWY1bnMg
>>125
強制があったとするなら福留の2航艦司令就任は左遷だったってこと?

130 :名無し三等兵:02/08/25 00:01 ID:???
>129
125=127=128だが
http://www.warbirds.nu/ansq/6/F2000104.html
に書いてあった。原典は今日確認する予定です。

131 :名無し三等兵:02/09/08 23:05 ID:GiYbPZa4
日本海軍は潜水艦による通商破壊戦に関心がなかったとされてるが
1943年12月28日の連合艦隊作戦指導方針の中に

潜水艦作戦
一、外洋交通破壊作戦・・・重点ヲ置ク
二、「ニューギニヤ」、「ソロモン」方面ノ輸送
三、敵防御警戒厳重ナル局地戦ハ第二義トナス

とある。日本海軍は潜水艦の通商破壊に関心を抱いていた。
しかし潜水艦の主力が輸送に振り向けられたため通商破壊戦を行った潜水艦は少数だった。

132 :名無し三等兵:02/09/08 23:46 ID:cwvYhRLM
>>72
囚人には規定量が配給されていたが、いつのまにか食糧事情の悪化で市民への配給量と
逆転してしまった。でも、お役所仕事なので刑務所にそのままの量を配給し続けた。
しかし、結局は看守のピンハネ、横流し等で囚人の食料事情は良くなかった。
その中で網走刑務所では看守にも分け前をやる事を条件に刑務所内に畑を作りコッソリ
禁固刑の囚人にも耕作させて食料事情を改善した。それを提案したのが共産党幹部だった
徳田球一と言われているが。



133 :名無し三等兵:02/09/09 11:26 ID:yAc42cKE
アトランタは防空巡洋艦ではない。
もともと水雷戦隊の旗艦巡洋艦であり、結果として防空にも使えただけ。

134 :名無し三等兵:02/09/09 20:41 ID:jFNUoBDZ
>>131
実際、戦前の軍事関係の書籍でも通商破壊作戦についてはかなりの頁を割いているよ。
関心が無かったと言うよりは、自衛隊がどれだけ言われても弾薬の備蓄が十分にならない
ように、金がないから手が回らなかったというのが正解だろうね。

135 :名無し三等兵:02/09/10 09:30 ID:???
米空母の艦種記号「CV」の「C」はAircraftCarryerのCではない。

空母を表す「CV」が初めて制定されたのは1920年であるが、この時は巡洋艦の
中の細分類として一等航空母艦「CV」が含まれていた。独立した分類になるのは
1928年から。

と、言うことで「CV」の「C」は巡洋艦、すなわちCruiserの「C」である。

136 :名無し三等兵:02/09/10 22:38 ID:???
大和型戦艦が竣工するまで日本の保有船舶では長門型戦艦よりも赤城、加賀
の両空母の方が大きかった事は良く知られているが、
日本水産が建造した捕鯨油槽船第二図南丸、第三図南丸の方が
長門型戦艦より大きく戦前最大の商船であた事は知られていない。

137 :大艦巨砲主義:02/09/16 06:42 ID:???
点呼取ります

138 :大艦巨砲主義:02/09/16 06:46 ID:???
点呼取ります

139 :名無し三等兵:02/09/17 13:50 ID:8lo4tWs8
弾はキンタマにも当たる。というか被弾率が比較的高い部位である

140 :名無し三等兵:02/09/19 02:45 ID:???
一般にペリーの黒船は鋼鉄製であると勘違いされている事が多いがアレは木造船(一部に鉄なども使っているが)で黒かったのは塗装のためである。


141 :名無し三等兵:02/09/30 00:07 ID:BbUv6NiZ
ドイツのマッケンゼン級巡戦の主砲は35.6センチと言われることが多いが、本当は
かっちり35センチである。

142 :名無し三等兵:02/10/02 01:44 ID:???
>93
天城型12隻建造は、紀伊型以降の戦艦・巡戦設計の時間的余裕のなさが
原因。設計・建造中にフォークランド海戦等があり巡戦の評価が高まっ
たのも関係あるかもしれないが。

なお、13号艦型巡戦が18インチ砲装備の根拠は平賀の夕張に関する一文
のみ。
内容は、夕張を量産してコストを削減すると18インチ砲戦艦が建造でき
るかもしれないよ、というニュアンス。

143 :名無し三等兵:02/10/03 20:30 ID:???
>93
つまり「八八艦隊計画」ではなく、「四・十二艦隊計画」だったんですか。ゴロ悪いなぁ(論点が違う

144 :名無し三等兵:02/10/04 20:50 ID:N+fuYK8/
>設計・建造中にフォークランド海戦等があり巡戦の評価が高まっ
>たのも関係あるかもしれないが

フォークランド沖海戦(1914年)の時点では八八艦隊計画自体が承認されて
ませんけど(1920年)。

145 :名無し三等兵:02/10/04 21:07 ID:EvqqkTxe
遠藤昭が主張する「藤本案を採用して大和の3砲塔を前方に集中すればバイタルパート短縮で
機関重量を捻出できて30ノットの高速戦艦が実現できたはず。」は間違い。

146 :名無し三等兵:02/10/04 21:19 ID:D8tpTaHX
確か遠藤昭はサンケイ出版の「戦艦大和」で紀伊級戦艦こそが第13号型戦艦
だったと書いた上で、長門級2,土佐級2,天城級6,紀伊級4の計14隻の
計画だと主張していたけど、根拠あるんだろうか?

147 :名無し三等兵 :02/10/04 21:26 ID:???
>>136
http://lib1.nippon-foundation.or.jp/1996/0165/06/contents/06-023.htm
によると第三図南丸は全長163.1m、全幅22.6mで長門より小さいが・・・

148 :名無し三等兵:02/10/04 22:21 ID:UjXl6W+/
日本は、技術後身国と言われるが、大和型は、コンパクトになってるし、レーダー
は、日本人が作ったし、4式戦車なんか1年で出来上がったしKMXだって1年だし
4式戦も1年のように上層部が、上手く使わなかったからこういわれる。

149 :名無し三等兵:02/10/04 22:29 ID:EvqqkTxe
とりあえず、臨機調事件のおかげで「ディーゼルも蒸気タービンも信頼性が第一」という結論に達し、
大和は「重厚・そこそこの性能・高い信頼性」というカタログ性能は今一ながら、故障知らずの機関を得た。
「30ノット」にこだわる奴はクソ

150 :142:02/10/04 22:30 ID:???
>144さん
戦艦・巡戦を八隻ずつのセットで揃えるという構想は、日露戦争以降
連続しています。早期に実現できなかったのは金がないから。
具体化した最初の八八案は扶桑型八隻と金剛型八隻の八八。まぁ、そ
の前に戦艦八隻、装甲巡八隻という明治八八案もあるけど。
で予算成立が遅れてるうちに、扶桑型は改正され伊勢型になり、さら
に長門型になったり混乱続きのプランです。
この過程で、フォークランドがあり、さらにジェットランドあり主力
艦の整備方針と設計は混乱に見舞われ、さらに戦時下での鋼材需要に
よる鋼材価格上昇による建艦費用上昇が加わり、さらに混迷を。

>146さん
多分それは間違い。
紀伊型の設計ナンバーが天城型のB-63に続いてB-64なことと、戦前の
一部書籍に見られる一二門艦として描かれた紀伊型戦艦と平賀の五万
トン、30ノット、一六インチ12〜14門搭載艦を変に解釈して、紀伊型
=一三号艦と考えたんだと思う。

スレ主旨に則って

戦後幸運艦と呼ばれる雪風は、戦争中は一部で死神呼ばわりされていた。
護衛につくと、護衛された船が沈むから。

151 :名無し三等兵:02/10/05 00:58 ID:???
> 戦後幸運艦と呼ばれる雪風は、戦争中は一部で死神呼ばわりされていた。
> 護衛につくと、護衛された船が沈むから。

「死神は………あなた………」

152 :名無し三等水兵:02/10/05 05:44 ID:w3hmkDRh
>>135
しかも、「V」は何か意味のある言葉の頭文字ではなく翼の表意記号だったりする。

153 :名無し三等兵:02/10/05 10:09 ID:EQ2YwqiS
>>150
同様に「時雨」も「僚艦を食う船」と呼ばれ嫌われた。

154 :名無し三等兵:02/10/05 10:11 ID:riQAjhPY
すまんしつもんなんですが

恩賜の読み仮名を教えてください

155 :名無し三等兵:02/10/05 10:16 ID:???
おんし

156 :名無し三等兵:02/10/05 20:22 ID:Az1EVZh9
内火艇

うちびてい、ないかてい

前者が正しい。

157 :名無し三等兵:02/10/05 21:00 ID:???
>>156


ニヤニヤ

158 :名無し三等兵:02/10/05 21:21 ID:???
正しい読み方は「ないかてい」
しかし、「うちびてい」で合っているという罠

159 :名無し三等兵:02/10/14 14:28 ID:IwhIutNO
日本海軍は機雷戦を軽視していたといわれるが、戦時中でも海防艦に長らく
掃海設備を搭載し続けるなどむしろ機雷戦を重視していた。

160 :手榴弾:02/10/18 14:27 ID:9Sx8dMNv
「しゅりゅうだん」は小学校のクラスでおれひとり。
あとは全員、「てりゅうだん」だった。

「鯨は哺乳類だよ。人間も同じだよ」といいはり
「うそだい。鯨は魚だよ。おめえ、なにいってるんだ」
「うそつき野郎」
「うそつきやーい!」

・・・ごめん。いろいろ過酷な思い出が一気に蘇って、これ以上描けぬ

161 :名無し三等兵:02/10/18 14:30 ID:???
おれは「手裏剣はしゅりけんだよ」って言い張って馬鹿にされたことがある。
「てりけん」とか「てしゅりけん」とか言い張るヤシが多すぎた‥
「雰囲気は「ふいんき」って読むに決まってるじゃねえかヴォケ」と罵られたこともある。

162 :名無し三等兵:02/10/18 16:47 ID:???
織田徳川と武田の長篠の戦は、
鉄砲の力で勝敗が決したのではない。
両者の兵力には、既に大差があったということ。
織田徳川が3万数千、武田は1万数千、兵力に相当差があった。
ガチンコ勝負になれば、織田徳川が勝って当然。

163 :名無し三等兵:02/10/18 16:50 ID:fwkV/Bwu
馬防柵以外の織田・徳川工兵隊による臨時城砦陣地構築が勝因だろ?

164 :名無し三等兵:02/10/18 16:53 ID:???
>>162
ついでに言えば、鉄砲は、いわゆる三段撃ちなどされず、各個に射撃していたようだ。

また、一部には馬防柵を突破されているところもあり、織田徳川軍にも、それなりの損害は出ている。

165 :名無し三等兵:02/10/18 20:38 ID:jC3j8VHO
>>163
と言うより長篠城が落ちず、逆に援軍が入った事で挟撃される形となった勝頼が
正面突破を行わざるを得なくなったのが敗因。

166 :名無し三等兵:02/10/18 21:11 ID:???
終戦時生存していた陸軍航空隊飛行将校の中で,
一番連合軍航空機を落とした搭乗員は
戦後日本人ではなくなったという事実。
● 金貞烈(初代大韓民国空軍参謀総長)
開戦時、飛行第64戦隊の士官であり、加藤戦隊長の右腕と言われた。
3式戦闘機飛燕のパイロットとして戦い抜き越南で終戦を迎えた。
終戦時の飛行時間は日本歴代第3位、総撃墜数58機(共同含む)
韓国誕生と共に帰国入隊、参謀総長として韓国近代空軍の土台を築いた。


167 :名無し三等兵:02/10/18 22:10 ID:nP1yxn/L
現在配備の90式戦車は複合装甲は入れていない。
理由は、改良されて有事の際に最新バージョンを入れる為
よって、重量50t無いから
そのままではスピードが出すぎてサスペンションに負担が掛かるから
ガバナで出力を落として使用している。

168 :名無し三等兵:02/10/18 22:16 ID:???
>>167
それって戦史か?

169 :名無し三等兵:02/10/18 22:27 ID:???
戦史にまつわらない上に定説でもないな。

170 :名無し三等兵:02/10/18 22:43 ID:???
サイズで比べれば 別に軽いわけでもないし

171 :名無し三等兵:02/10/18 22:59 ID:2ldFTThC
実は従軍慰安婦は強制連行だった。彼女らが証拠である。

172 :名無し三等兵:02/10/18 23:03 ID:???
実は>>171は折れに1億の借金をしている。俺が証拠だ!

173 :名無し三等兵:02/10/18 23:44 ID:???
>>118
実は川崎にとってハ-140を作るより金星を作ったほうが利益率が良かったという罠もあり

174 :名無し三等兵:02/10/29 12:32 ID:l59xqJmi
ジュトランド海戦で英巡戦部隊が砲塔天蓋を打ちぬかれて轟沈したとよく言われるが
実のところそれを証明する証拠は無い。

175 :名無し三等兵:02/10/29 20:16 ID:???
>>174
そりゃまあ3隻併せて生存者は数十人だもんな。正確な被弾時の状況なんて分かるはずがない。

176 :名無し三等兵:02/10/30 10:02 ID:???
>>147
当時の新聞記事によると2千2百トンほど排水量で上回っていたそうだ。


177 :名無し三等兵:02/11/04 01:32 ID:???
>>174
確かインディファチガブルは射距離15500mからの射撃で前後の弾薬庫誘爆、
クイーンメリーは13300mからの射撃で1〜3番砲塔まで破壊され3番砲塔
の誘爆が致命傷。
インヴィンシブルに至っては僅か9000mからの射撃で中央の2、3番砲塔の
弾薬庫誘爆で船体切断。
確かに砲塔天蓋を貫通した可能性は低そうだ。

178 :名無し三等兵:02/11/04 03:06 ID:OhF2VQIF
大和には航空支援がなかった

実際は五航艦の零戦二十機が上空支援をしていた。
その後燃料の関係で基地に引き返したところを米艦載機に襲われた。
また大和から艦載機来襲の報を聞いて戦闘機隊が出撃していったが、
戦闘機隊が着いたころには大和は既に撃沈されていて、
敵戦闘機と少しばかり空戦したに過ぎなかった。

179 :名無し三等兵:02/11/04 11:45 ID:blUJGnTG
実は大和は1斉射撃出来ない、欠陥があって出来なかったらしい

180 :名無し三等兵:02/11/04 16:20 ID:???
>>178まあ実際20機程度じゃ意味ねえけど
本気でやるなら空母も出さなきゃ辿り付けなかっただろうな
(史実の3倍重油があって信濃が健在だったらなんぼかマシだったのに)

181 :名無し三等兵:02/11/04 17:23 ID:???
発艦前に袋叩きにあってあぼーんです>信濃

182 :名無し三等兵:02/11/06 16:18 ID:RCGsvA/e
武田騎馬軍団というものは存在しない。
馬は武士の個人的な持ち物で、貧乏武士には飼うことが出来なかった。
それに騎兵隊を組織し用兵するような機能はは当時存在しない。

>>98
原爆の投下候補地だったからです。正確な破壊力を測るために、候補地には大規模な空襲は行われなかった。
一時期は広島と並び、小倉や横浜よりも優先度が高かった。
候補からはずされた原因は、日本人の対米感情を強めてしまい日本支配がやりにくくなるから。
文化財の保護ってのは戦後日本人が自ら作ったうそで、GHQもさぞかしやりやすかっただろうねぇ。

>>117
さらに突き詰めるなら、戦場になった丘の名にちなみ「モン・サン・ジャン(聖ヨハネの丘)の戦い」とすべきなんでしょうけどね…。
ところでドーバー海峡横断鉄道のイギリス側駅が「ウォータールー(Waterloo)駅」なのは強烈な皮肉なのだろうか。

183 :>179:02/11/06 16:47 ID:HBs4ExS2
松本喜太郎の本「戦艦大和の設計と建造」には3門の46サンチ砲の再射の衝撃の合計は
砲塔ターレットの制限荷重を越えるので一度に3発を発射できないように書いてある。

でも砲術関係の技術者でそのような欠陥を書いてあるのを見たことがない。
どっちを信じればいいのか?
発射遅延装置を使用すれば衝撃力のピークがそれぞれずれるので、瞬間的な衝撃力は合計しても
設計荷重限度を超えないのではないのか?

184 :名無し三等兵:02/11/06 17:51 ID:???
普通に主砲の斉射訓練とかしてるけど>大和級

185 :名無し三等兵:02/11/07 00:07 ID:???
干渉を避けるためにタイミングをずらしてるって
話を勘違いしただけじゃないの?


186 :名無し三等兵:02/11/07 00:36 ID:???
干渉を避けるために中央、右、左の順に0.3秒ずつずらして発砲するように
なってます。
斉射といえば斉射だし、違うといえば違う。

187 :名無し三等兵:02/11/08 03:27 ID:???
>>186
0.03秒じゃなかったっけ?

188 :名無し三等兵:02/11/08 17:50 ID:???
長門(改修前)が斉射が出来なかったのと勘違いしてるのでは?

189 :名無し三等兵:02/11/12 14:04 ID:xj9KibKH
真珠湾攻撃時に備蓄されていた重油を「半年分」とする資料が多いが本当はたったの
一ヶ月分だった。

190 :名無し三等兵:02/11/12 16:37 ID:???
>>189
猪瀬直樹の「昭和16年夏の敗戦」を読むとわかるが、
石油備蓄量に関しては、辻褄合わせの丼勘定だったらしいな。
対米海戦不可避のムードを確認するためだけの…。

191 :189:02/11/12 17:53 ID:xj9KibKH
>>190
スマソ。誤解を招く書き方だったね。
189は「真珠湾に備蓄されていた燃料」です。

192 :名無し三等兵:02/11/12 18:35 ID:???
戦史じゃないがビキニ環礁の原爆実験時、戦艦「長門」は2度の原爆実験でも容易に沈まずにその強靭さを
示したと言われるが間違いだ。
実際は米戦艦や独重巡などの多くは2度の原爆実験でも沈まず、後に標的艦となったり他の場所に曳航された
後に海没している。

193 :紫暗号:02/11/13 17:47 ID:X1LdoxAP
「大和」の燃料はタンクの底をさらって入れた燃料(定数外燃料)の為、帳簿上では片道特効になったので片道特効説が生まれたと言うのを数年前なんかで読んだな。

194 :紫暗号:02/11/13 17:49 ID:X1LdoxAP
訂正、特効×、特攻○

195 :名無し三等兵:02/11/13 18:19 ID:???
>>193
片道特攻の件は一般紙ではまだまだ根強く書かれますが
軍事専門誌ではあれは間違い(片道分では無い)って事
で最近では書かれなくなってますな。

一般向け雑誌は「海上特攻」って響きの悲壮感の方を
重んじますからね。

196 :名無し三等兵:02/11/13 18:48 ID:Q+SqqdFL
鹿児島の沖で東シナ海を西向きに直進する欺瞞航路をとらなければ大和はアイヲワ級戦艦群とガチンコ勝負ができたのか?

197 :名無し三等兵:02/11/13 20:32 ID:Q+SqqdFL
種子島と屋久島の間を直線で奄美に向かって24ノットで驀進すればよかったのに、、、、

198 :名無し三等兵:02/11/13 20:38 ID:???
タンクの底をさらうってどういうことですか?
もしよかったら説明して下さい

199 :名無し三等兵:02/11/13 21:10 ID:???
>>198
オイルタンクの帳簿上の容量は、実際より多めになってる。その差

200 :199:02/11/13 21:11 ID:???
あ、逆。帳簿よりも実際は多いの。
だから帳簿上完全に出てってもタンクに少し残ってる、帳簿上では空なのに。
終戦間際には、その分をかき集めて…というわけ


201 :名無し三等兵:02/11/13 22:11 ID:???
>>196
その場合相手をするのは旧式戦艦6隻です。

202 :名無し三等兵:02/11/13 22:24 ID:Q+SqqdFL
大和の廃艦所要弾数は18インチなら10発、16インチなら16発、14インチなら20発だそうですから、
1vs6のガチンコでやっても旧式戦艦1隻抜きぐらいはできるんぢゃないですか?>201

203 :名無し三等兵:02/11/13 22:25 ID:???
旧式戦艦にボコられる大和か、
航空機にボコられる大和か、
・・・漏れにどっちを選べと。

204 :名無し三等兵:02/11/13 22:27 ID:Q+SqqdFL
安全交戦距離だろうが、14-18インチ砲弾をしこたま喰らえばそのうち沈むわけなのね、、、、

205 :名無し三等兵:02/11/13 22:34 ID:Q+SqqdFL
震洋艇とかイスラムの神風特攻ボートによる廃艦所要艇数を知りたい>大和

206 :名無し三等兵:02/11/13 22:38 ID:Q64bYFZ6
コヴァとは、小林源文のことではなく小林よしのりのことである。

207 :名無し三等兵:02/11/14 12:30 ID:???
大和が旧式艦にぼこられるってか!?

208 :>202:02/11/14 12:41 ID:Wt1fK7Rc
米海軍旧式戦艦の廃艦所要弾数は18インチで6発あたりだという罠

大和1隻で米旧式戦艦3隻を喰えるのでは?

209 :名無し三等兵:02/11/14 12:51 ID:???
>>208
うむ、誰か正確に検証してくれるといいんだが、感覚的には、それくらいは行けそうな気がする。

航空機に手もなくボコられるよりも、こっちのが、まだマシという気もする。

しかしながら、航空索敵がこっちの航路にまで及んで、
航空機でボコられた挙げ句に、トドメが旧式戦艦という事態に陥りそうで、
ますます浮かばれないようなことになりそうな気もする。

210 :名無し三等兵:02/11/14 13:00 ID:???
>>209
スプルーアンスは艦隊決戦を望んで、ミッチャーの航空攻撃具申を
最初は無視していたと言うから、旧式戦艦と接触できそうという
状態ならそれはないのでは。

旧式戦艦6隻とボコり合いする大和イイ

211 :名無し三等兵:02/11/14 16:08 ID:XFYULvlQ
中東とかは、意外と親日、理由は、アメにアる程度ダメージを与えた、空母を静沈めたから

212 :名無し三等兵:02/11/14 16:12 ID:PdA4SdNb
>>211
それのどこが戦史なんだ?

213 :名無し三等兵:02/11/14 16:25 ID:XFYULvlQ
特攻って命中率悪いと言われてたが、沖縄戦のとき、特攻を繰り返して、
あと、数隻船沈めたらアメリカは、沖縄攻略あきらめたらしい
命中率は12パーセント、フィリピンや、台湾より、当たってんじゃン


214 :名無し三等兵:02/11/14 16:38 ID:???
>>213
相手の我慢強さなんて分からんもんだね。

215 :名無し三等兵:02/11/14 16:42 ID:???
>>213
対戦末期には1%未満だったらしいが。

216 :名無し三等兵:02/11/14 21:04 ID:xRFg4x26
呉に住んでいたうちのオヤジは、広島に原爆落としたエノラ=ゲイが飛ぶのを目撃した。
だれも信じてないが。

217 :名無し三等兵:02/11/14 21:07 ID:???
>>213
コヴァの受け売りですか

218 :名無し三等兵:02/11/14 21:15 ID:???
なんか軍板にコヴァかどっか他の板から工作員が潜入してるよな。

219 :名無し三等兵:02/11/14 22:25 ID:???
>>198
取り出しパイプの下限がタンクの底より上にあるので、その下の油は帳簿外。
意味わかる?

220 :名無し三等兵:02/11/14 22:27 ID:???
>>213
自国の歴史くらいキチンと勉強したらどうかね?

221 :名無し三等兵:02/11/14 22:37 ID:???
>>213
>あと、数隻船沈めたらアメリカは、沖縄攻略あきらめたらしい
そんな事を裏付ける資料は無いが。
だいたい特攻で沈んだ艦船は、輸送船、駆逐艦、護衛空母などの雑魚ばかりで、巡洋艦
以上の主力は沈んでいないのだが。そのような状況でもし撤退などしたら、指揮官は戦意
不足で更迭されるぞ。
まったく、どうして厨房は特攻が好きなのかねえ。もしソースがよしりんの「戦争論」だと
したら、ブッとばすゾ!

222 :名無し三等兵:02/11/15 07:26 ID:jiqOUVvp
広島の原爆を作ったのはドイツ。


223 :マルサッカ:02/11/15 08:14 ID:???
元々特攻が空母の甲板壊すのが目的だったという事を知らないだけだろ。


224 :名無し三等兵:02/11/15 08:35 ID:???
            __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐´ `'''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 '}
         ヽ_」     ____  !
          ゝ i、   ´ ニ `丿
              r|、` '' ー--‐f´
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\

皇太子さまは国民に助けをお求めになられてます。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/sono423/dtoawar.htm
 
韓国が「日本の文化は韓国発祥」と世界に主張してます
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1034877356/
「日本海」が消える
http://ca.sakura.ne.jp/~eddy/Japansea/
竹島を韓国が武力制圧・郵便番号までつける
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1037252378/
★【在日暗躍】北朝鮮スパイ、日本で活躍中★
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1032880371/
【露】 狙われる?日本領海の危機【中】
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1035816115/
【援軍】お前ら、マジで助けてください【求む】
http://life.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1037066502/

225 :名無し三等兵:02/11/15 09:23 ID:DXsJ08XE
>だいたい特攻で沈んだ艦船は、輸送船、駆逐艦、護衛空母などの雑魚ばかりで、

日本軍の航空攻撃のみで沈んだ巡洋艦以上の主力艦艇がどれくらいあるか調べてみた。
戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」(英)
巡洋戦艦「レパルス」(英)
軽空母「ハーミーズ」(英)
重巡「コーンウォール」(英)
重巡「ドーセットシャー」(英)
空母「レキシントン」
重巡「シカゴ」
軽空母「プリンストン」

意外にしぶといぞ、アメリカ艦艇!

226 :マルサッカ:02/11/15 09:28 ID:???
アリゾナとオクラホマだっけ?真珠湾の二隻抜けてないか?

227 :名無し三等兵:02/11/15 10:20 ID:???
>>225
「特攻で」ってキーワードを抜かすな。


228 :名無し三等兵:02/11/15 12:53 ID:???
実際特攻で沈んだ大型艦ってないだろ
週間空母が数隻と駆逐艦がそれなりの数のはず、あと輸送艦。
正規空母フランクリンが銀河の特攻で大破して沈没寸前になったのが
最大の戦果かな。

229 :名無し三等兵:02/11/15 14:59 ID:???
>>228
大型艦の撃沈がないのは、輪形陣の中央部に位置する正規空母などには厳重な警戒網
を突破する過程で特攻機の編隊はちりぢりのばらばらになり、単機での五月雨式の突入
にになりがちで、かつての雷爆連合の組織的な攻撃のような集中的な攻撃がほとんど
出来ていないから。
(ピケットラインに配置された小艦艇に引っかかり、これに群がった特攻機を除く)

1隻にせいぜい1機や2機の命中程度で、損害は与えてもその後の駄目押しに欠ける。

230 :名無し三等兵:02/11/15 15:00 ID:???
あと特攻は基本的に水線上の被害で、雷撃のような水面下の被害がない。
これも大型艦は沈められない要因としては大きい。

231 :名無し三等兵:02/11/15 19:38 ID:IkN2TpBz
空母「赤城」「加賀」と異なり空母「信濃」は戦艦として命名される前の段階で
空母に改装され、その後「信濃」と命名されている。
そのため大和型3番艦が予定通り戦艦として就役した場合「信濃」と命名されない
可能性がある。


232 :名無し三等兵:02/11/15 21:19 ID:ZQt8GzEr
高雄級でゆう一改装できなかった鳥海、防御力低かったが、1番活躍してんじゃん
ってこれって、有名か

233 :名無し三等兵:02/11/15 21:29 ID:???
ゆいいつ?

234 :紫暗号:02/11/19 14:58 ID:EMTEeZeS
リットン調査団は日本の満州国経営を評価していた。

235 :名無し三等兵:02/11/19 15:38 ID:???
>>234
ついでに経営の仕方までアドバイスしてくれたYO!
あの調査団の建前(侵略はいかんよ!プンプン)と本音(分け前よこせや、そうすりゃなんとかしちゃる)を
理解出来なかった我が軍部がバカでしたな。


236 :名無し三等水兵:02/11/19 18:29 ID:???
>>232
君の日本語力は改装した方がいいと思うのだが。

237 :名無し三等兵:02/11/19 20:55 ID:???
>>213
後数隻で撤退という話は知らないが、ピケット艦に損害がかなりでて沖縄戦後半
はやりくりが大変だったという話なら聞いたことがある。



238 :名無し三等兵:02/11/19 22:31 ID:???
>>235
反対したのは軍部だじゃないYO!
あの頃の時事雑誌には別冊で、リットン報告書の解説記事がついてて、糞味噌に
けなしてあったりする。
いや、今読むとスゲー旨い話なんだが。
ちなみに、リットン・レポートに中国は猛反対だったとか、日本が話を飲んだ場
合は国連管理で満州PKOが展開するはずだったというのは、このスレ的にO
Kでしょうか?

239 :名無し三等兵:02/11/21 13:47 ID:???
>235
理解してたから「せっかくの利権を減らされてたまるかうせろヴォケ」
と厨な反応を見せたわけだ。
今にしてみれば太平洋戦争を回避できた最後のターニングポイント
だったのにね。


240 :紫暗号:02/11/26 14:48 ID:K6TGYazY
国民党軍を支援していたのは米英以外に独も支援国だった。

241 :名無し三等兵:02/11/26 15:32 ID:LIwk+9oz
>>240
それって太平洋戦争が始まっても?

242 :名無し三等兵:02/11/26 18:05 ID:???
>>241
その頃には独ソ戦がとっくに始まって、もう中国への武器輸出は不可能です、ドイツ。


243 :名無し三等兵:02/11/26 18:56 ID:???
皇軍が大陸戦線でMG42を拿捕したと聞いたことがあるのですが電波情報ですか?

244 :名無し三等兵:02/11/26 19:33 ID:iYqI/Qbq
34じゃないの?

245 :名無し三等兵:02/11/26 19:46 ID:naY3Y+jH
軍事板の定説である陰謀論は存在しないは実は間違い。


246 :名無し三等兵:02/11/26 19:52 ID:???
81式は…

247 :名無し三等兵:02/12/06 07:23 ID:???
81式がどうなったの?

248 :名無し三等兵:02/12/11 09:01 ID:???
星一徹はちゃぶ台ひっくり返すような暴力親父ではない

249 :名無し三等兵:02/12/13 23:16 ID:???
>234

ケナンの「アメリカ外交50年」読んだら、何の留保条件も付けずに「歴史的に
言って満州は中国の一部でなかった」とか書いてあって、最初誤植かと思った。

250 :紫暗号:02/12/14 13:45 ID:KjL59a2+
>249、孫文は満州を売却する話を日本に持ちかけたよ?

251 :名無し三等兵:02/12/14 13:56 ID:???
万里の長城の北は伝統的に中華帝国ではなかった
しかし、モンゴル帝国が中華を征服して以来あやふやになった。
清朝の本拠は満州であり、長城以南は植民地
チベットは保護領であるが
現在の中華人民共和国は、清朝最大版図を中国の歴史的領土としている。

過去の制服王朝の版図を、歴史的領土にできるなら
モンゴル帝国の版図が、中国の歴史的領土になるのだろうか?

252 :名無し三等兵:02/12/14 14:10 ID:???
>251
そんなこというんなら揚子江以南は本来の中国領土ではないし
ユーラシア大陸全体が実はカンボジア領土であるという理論も
成立してしまう

253 :名無し三等兵:02/12/14 15:11 ID:yxWTkFCc
おれんちの裏の空き地はおれんちのもん。
隣りの兄ーちゃん、勝手に車を止めるなや!
登記簿見せたろか!

254 :名無し三等兵:02/12/14 17:10 ID:???
成立しねえだろ。


255 :249:02/12/14 18:29 ID:???
>250,251
いあ、そのあたりのことは承知しています。ちと言葉が足りなかったですね。

つまりハルノートの全支那がどこまでを指すのかがあいまいで戦争になっ
たというのに、それだったら最初からそう言っとけや!ってことです。はい。

256 :名無し三等兵:02/12/14 21:15 ID:qQnUlhhn
実は97戦車はできた時はかなり高性能だった
アメリカ・・・・・・・・M2生産中
イギリス・・・・・・・・マーク1
フランス・・・・・・・・1年後ソミュア
独逸・・・・・・・・・3号

257 :名無し三等兵:02/12/14 21:39 ID:hknsf6ZB
山本五十六はアメリカと通じて八百長した

258 :名無し三等兵:02/12/14 21:44 ID:???
>>243
台湾のどっかの軍事博物館みたいな所で
MG42を操作する国民党軍(の人形)があった。
アームズマガジンだったと思うけども、その記事でその写真を見た事がある。
たぶん、アフリカあたりでイギリス軍が捕獲したMG42を
弾が同一みたいな理由で中国国民党軍にあげたんじゃないかと思えるけども
奇妙といえば奇妙。日本軍が捕獲したかはわからないけど

259 :名無し三等兵:02/12/18 22:12 ID:???
>>221
だいたい特攻で沈んだ艦船は、輸送船、駆逐艦、護衛空母などの雑魚ばかりで
                             ^^^^^^^^^
213ではないが、こんなこと書いてるお前もどうかと思うぞ?

260 :259:02/12/18 22:21 ID:???
強調するとこ間違えた。まあどこだったかは分かるでしょ

261 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :02/12/22 08:21 ID:???
>>258
 三国同盟だったか協商が結ばれるまで、中国はドイツの主要貿易国だった。
 1935年のドイツの武器輸出相手国のリストを見ると、ほぼ6割がた(57.5%)を
中国に輸出してます。 んで、一号戦車も輸出しており、日本軍に捕獲されてたり
します(^^;
 あと軍事顧問団も出してましたよ。

262 :名無し三等兵:02/12/22 08:38 ID:???
>>ベタ藤原さん
三国同盟締結の時点で、MG42は、まだなかったと思うのですが…

263 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :02/12/22 15:36 ID:???
 あら?(^^;

264 :名無し三等兵:02/12/28 10:28 ID:GHFiatDq
<定説>
ドイツ戦艦の主砲弾はカートリッジ(薬莢)式になっていたため、
他国の戦艦より数段早い発射速度を誇っていた。

<本当>
発射後に空薬莢が薬室にこびりついてジャミングを起こし、空薬莢を抜くまで
発砲不能になることがしばしばあった。

265 :名無しさん:03/01/04 02:59 ID:???
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
Λ_Λ  | 君さぁ こんなスレッド立てるから          |
( ´∀`)< 厨房って言われちゃうんだよ             |
( ΛΛ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < おまえのことを必要としてる奴なんて         |
 /つつ  | いないんだからさっさと回線切って首吊れ     |
       \____________________/

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)


266 :紫暗号:03/01/06 14:39 ID:WWnu8ljC
大和には突入成功の場合の艦員へのボーナスが積んであったのは有名だが、15万人分のナプキンを積んであった事はあまり知られていない・・・

267 :山崎渉:03/01/12 21:23 ID:???
(^^)

268 :ju87野郎:03/01/14 10:57 ID:gzWUJTPD
T34ハンター、ルデル大佐につぃて語ろう。

269 :山崎渉:03/01/22 11:32 ID:???
(^^;

270 :名無し三等兵:03/01/27 20:53 ID:???
上昇

271 : :03/01/27 20:55 ID:+1Z4l/We
台湾のエロ画像掲示板が今一番ホットと言えませんかね?

http://wossal.k-server.org/tw/



272 :名無し三等兵:03/01/28 02:50 ID:xguslBo4
戦前の日本でも米国の工業生産高が日本の10倍以上だというのはごく普通の知識だった。

273 :名無し三等兵:03/01/28 12:31 ID:NdyjKWiv
>>66
禿しく遅レスですまんが、
これは結構個人差が大きいんではないかと思う。
たとえば清沢冽の「暗黒日記」などでは、戦争に負けるかも…
みたいなことを不用意に口に出すことを非常に警戒している。
ただ、ごく親しい友人同士だと、そういうことも警戒せず普通に
話をしていたようではあるね。

それにしても腹が立つのはフェミファシスト市川房江だ。
戦時中は本物のファシストだったとは…。

274 :名無し三等兵:03/01/28 12:50 ID:ukvndxHx
>>273
そういう人間多いよ。
結局「似非愛国者」から「似非フェミニスト」「似非社会主義者」etc…になっただけ。

275 :紫暗号:03/01/28 15:33 ID:Br3wTggt
>273、当時に戦争反対なんて言うのは一部のアカだけだろう。

276 :名無し三等兵:03/01/28 18:19 ID:???
反対はするばってんが起ってしもうたからには仕方なかね、命かけましょ
が普通の人だろうね。

277 :名無し三等兵:03/01/29 00:53 ID:???
>>276
普通の人はそんな話し方しない

278 :名無し三等兵:03/01/29 04:54 ID:lig0xmDo
>>275
だまされてるぞ。
アカが戦争に反対するってのがそもそも大嘘だ。
連中は戦争を内乱に転化して革命を起こすのが狙いなんだから、
むしろ戦争を煽る側なんだよ。

279 :名無し三等兵:03/01/29 21:13 ID:???
>>277
じゃあ

あに朕志しならむや

280 :名無し三等兵:03/02/10 18:55 ID:???
ノモンハンで日本が頽廃した

281 : :03/03/02 00:55 ID:???
ttp://www.zakzak.co.jp/top/top0301_2_01.html
南京大虐殺の根拠は中国の宣伝本だった
極秘文書発見、「大虐殺」説を覆す決定的な証拠に

282 :コヴァ:03/03/02 19:41 ID:v/BQAjOA
>>273
個人の日記には反戦思想を書くことができたんだ。
ソ連・中国・北鮮だったら、家族に見られて密告され、秘密警察に逮捕、強制収容所送りがケテーイ。
戦時中の日本って、内心の自由は確保されていたんだな。

283 :名無し三等兵:03/03/02 19:43 ID:???
米軍は兵の日記を情報収集の大きな要素にしてたそうです


284 :名無し三等兵:03/03/02 19:44 ID:???
艦隊決戦における日本海軍の砲の命中率は米軍の3倍・・・・


285 :名無し三等兵:03/03/02 21:39 ID:???
戦史とはちょと違うかもしれないけどサイパン島の迷彩零戦はそもそも存在しない。
捕獲して米空母に載せてから油で中途半端にホコリを拭き取ったら迷彩ぽくなっただけ。

いろんな零戦本でカラーイラストになったりしてるけど
同じ機番号で拭き取る前→拭き取った後、の2枚の写真があって間違いなのは明らか。



286 :名無し三等兵:03/03/02 22:26 ID:???
蒋介石は「徳を以って怨みに報いる」と実は一言も言ってない。

287 :名無し三等兵:03/03/03 22:38 ID:/i6fSDL/
金剛の主砲は駐英武官の加藤寛治が頑張らなければ
50口径30p砲八門搭載艦になるところだった。

288 :>287:03/03/03 22:55 ID:in5IFGwM
それは初耳。加藤寛治は偉かったのだな

289 :名無し三等兵:03/03/03 23:02 ID:???
巡洋戦艦なのに30cmなのか…。

290 :名無し三等兵:03/03/03 23:06 ID:???
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/6514/gunji.html

291 :名無し三等兵:03/03/03 23:15 ID:???
あれ、連装五基の十門じゃなかった?
英海軍が三十四糎砲搭載のライオン級巡戦が建造されてから、慌てて三十六糎砲搭載の巡戦に設計し直したと聞いたけど

292 :訂正:03/03/03 23:19 ID:???
スマソ、ミスった
回線切って吊ってくる

○ 英海軍の
× 英海軍が

293 :287:03/03/04 00:38 ID:ZeDyEGOg
金剛搭載砲(発注の仕様決定)は軍令部と艦政本部で揉めてました。
新兵器の大口径砲をとるか従来装備を性能向上した長口径砲をとるか
ということです。結局この論争は安全策をとった50口径305o砲に軍配が
あがってしまいます。
さて、そんな訳で英国に発注することになりますが、安式砲か毘式砲か
という選択になります。当時駐英武官としてビッカーズ社と折衝していた
加藤寛治中佐(当時)はアームストロング社製の50口径12in砲の領収発射
試験の時の故障の目撃や英国の砲術の専門家と接触するうちに仕様の50口
径12in砲に当然不審を抱いてしまいます。止めは英国海軍が「シューブリ
ネス射撃試験場で行った50口径12in砲と45口径13.5in砲の比較発射試験の
結果を入手し、50口径12in砲はいかん!という結論に達します。
民間造船メーカーの勧めもあって入札の期日が迫ったにもかかわらず武藤
稲太郎造兵少監に関係書類を持たせてシベリア鉄道経由で帰国させ、我々
のよく知る45口径14in砲の意見具申をし、詳細データに基づく説明で採用
にこぎつけたという訳です。現在の官庁じゃこんな真似できませんね(W
(中央の決めた仕様に対する出先機関からの意見具申による変更)

294 :287:03/03/04 00:42 ID:???
あぁ…林寛子が率いる少年野球チームみたいな間違いを…
×ビッカーズ
○ヴィッカース

私も回線切って吊ってきます

295 :高橋:03/03/04 00:42 ID:XkzvOFtB
シャクティーパッド(ノ ゚Д゚)ノ 

296 :名無し三等兵:03/03/04 10:35 ID:6J1LVodc
>>1
人の口には、戸は立てられない。
先人の偉大な言葉があるでしょう。
大和級戦艦を作るとなれば、貧乏国であった。当時の日本の国家予算を傾ける
ほどの資金が動く。
それほどの大国家プロジェクトを、完全に隠せるほど甘くはない。
もっとも18インチ砲を持ってる。六万トンクラスの戦艦であるとまでは、アメリカもつかめなかったみたいだが。
しかし大和級に対抗して、同クラスでで16インチ砲を持つ。戦艦モンタナの建造計画があった。
てな話だからな。真珠湾が一年も遅れていたら、建造されていたでしょうな。

297 :名無し三等兵:03/03/04 12:44 ID:tli5iScI
モンタナ級は起工されたけど、戦況が米英有利に推移したのと
空母建造を優先するため建造中止になったんでは?

アイヲワ級5、6番のケンタッキーも同様に建造中止、部品取り用になった。
機関は高速輸送艦に転用。

298 :名無し三等兵:03/03/04 14:02 ID:5yIzjK8S
>>297
私も空母増産を最優先にして、建造は中止になったと聞いている

299 :名無し三等兵:03/03/04 14:53 ID:tli5iScI
>296

日本も戦艦建造を秘密にしていたわけではなく
35000トン戦艦2隻の予算を大蔵省に要求して
足りない分は駆逐艦、潜水艦を架空請求してまかなった。
米英から日本に「新戦艦の主砲の口径について問い合わせたい。16インチなのか?」という質問があったが、「国防上の理由で解答できない」と返事したので米穀は第弐ロンドン条約のエスカレーター条項が摘要できるようになった。

300 :名無し三等兵:03/03/06 00:28 ID:WujHwiHr
硫黄島玉砕以後、マリアナ諸島への日本軍による偵察手段や攻撃手段がなくなったわけではなく、一度、キ74試作機が高高度偵察飛行でマリアナに到達していたらしい。



301 :サヨ@犬隊長:03/03/06 01:24 ID:???
バスティーユ監獄襲撃は別に政治的意図や民衆の不満があっての物ではない。
フランス革命後も、地方ではそれまで治めていた領主が民衆から支持されていた。
そして臨時革命政府の人気は低く、初めての総選挙で敗北した。

ちなみに軍事とは関係ないけど、現在のフランス国旗はフランス革命以前にも
国旗のような形で使われていて、保守派の運動で国旗の座に居座った。

共産革命と違ってなまじ成功した認識をされている分、美化された要素が多いねん。

302 :名無し三等兵:03/03/06 10:41 ID:???
イギリス人はピューリタン革命を「独裁政権を作った忌むべき内戦」と考えBritish Civil Warと呼んでいるが、フランス革命は現地の人にはどう受け止められているんだろう。

…忌むべき独裁者の名をを自国を守る戦車に付けるジョンブルの考えが分からん。

303 :名無し三等兵:03/03/06 12:17 ID:???
>>302
ま、議会軍は強かったわけで。

304 :名無し三等兵:03/03/06 14:28 ID:???
>>300キ74は12000キロの航続力を持っていた(色々つけると)から最後には
米本土特攻作戦を行おうとした

305 :名無し三等兵:03/03/07 00:12 ID:???
>>301
まぁ革命なんてものは
ただの暴動を後で頭でっかちが理屈付けしただけのものだから
…と思想板や世界史板ではサルヴォー喰らうような事を言ってみるテスト

306 :サヨ@犬隊長:03/03/07 01:59 ID:???
>305
その考えはけっこう正鵠を射ていると思います。
フランス革命ころは文豪デュマ等の知識人が集まり、欧州の縮図みたいに
なってました。
さらにナポレオン派等、各方面の思惑によって、いつでも誰かが色々な出来事への
理屈付けをしたがる状況にあったわけです。

そして重要なのは、新聞王ジラルダンなる人物がマスコミの力で臨時革命政府を
批判したり、一転して支持したりしていた事。ジラルダン自身も政界へ
影響を持とうと色々と運動しておりました。
つまりフランス革命とは、初めてリアルタイムで暴動の意味づけがなされた
革命だとも言えるのです。

まあ、これ以外の要素も多くて一つの見方にすぎませんが。
(なんだか戦史と関係ない・・・)

307 :名無し三等兵:03/03/07 02:24 ID:???
>>306
そんななか一人クールに召使の喧嘩を見物するゲーテが大好きだ。

308 :名無し三等兵:03/03/13 00:18 ID:???
攻める側が三倍の兵力であれば必ず勝てるというのは誤り

309 :名無し三等兵:03/03/13 00:20 ID:kVd7hSR1
帝国陸軍は防衛側の三分の一の兵力でも包囲して攻勢をかけ、しばしば勝利した。

310 :名無し三等兵:03/03/13 11:34 ID:???
ランチェスターの法則を経営に当てはめると効果があるという
親父の認識も誤り

311 :名無し三等兵:03/03/13 13:54 ID:???
戦後悪と呼ばれる、大島と松岡も共に対米戦争反対派だった外務官の大多数は
対米戦反対だったが、1部の人がね・・・・

312 :山崎渉:03/03/13 14:09 ID:???
(^^)

313 :某研 @山崎渉:03/03/14 01:13 ID:???
(^^)だろうか(苦笑

314 :名無し三等兵:03/03/16 04:16 ID:???
>>311
反対していたからと言ってまともとは限らない罠、
気の狂っていない外相を(以下略

315 :名無し三等兵:03/03/18 00:08 ID:???
   

316 :名無し三等兵:03/03/18 01:27 ID:???
桶狭間の闘いは実のところ
織田:今川の戦力比が5〜10:1と織田側が圧倒していた

317 :名無し三等兵:03/03/21 01:22 ID:???
巡回保全

318 :サヨ@犬隊長:03/03/21 06:42 ID:???
アウトバーンはヒトラーが作らせたとされるが、実際は
ヒトラーが権力を持つ前から計画、工事ともに進んでいた。

一応戦史としてアリだよね?

>307今回の戦争では趨勢や開始に至る状況がはっきりしすぎているためか
2ちゃんもかなり冷静ですね。軍板落ちているとばかり思っていた。

319 :True/False ◆ItgMVQehA6 :03/03/21 17:41 ID:???
>318
最初のアウトバーン、AVUSは1921年の開設ですね。

参考:ttp://www.kolumbus.fi/leif.snellman/t2.htm

320 :名無し三等兵:03/03/29 18:47 ID:???
>>305
革命=成功した暴動
暴動=失敗した革命

321 :名無し三等兵:03/03/30 21:29 ID:???
こんなスレ(゚听)イラネ                                                                        

322 :名無し三等兵:03/04/12 23:52 ID:???
まあ、そういうなって。

323 :名無し三等兵:03/04/13 23:45 ID:X3E7Sdh7


324 :山崎渉:03/04/17 11:09 ID:???
(^^)

325 :山崎渉:03/04/20 05:49 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

326 :あへ:03/05/05 23:22 ID:8Kcxlut+
あげ〜

327 :名無し三等兵:03/05/06 00:12 ID:???
大和型は高速戦艦である。

328 :名無し三等兵:03/05/07 23:16 ID:2f9k+ss6
童謡「結んで開いて」は戦前は軍歌だった。
ちなみに原形をとどめていないが原曲はあのルソーが作曲している。

329 :名無し三等兵:03/05/10 05:33 ID:C64G2/4u
なんか軍板版トレビアの泉みたくなってるな・・
地味ぃに面白い。

330 :名無し三等兵:03/05/10 07:49 ID:zWxQ0xTl
大和の測距儀は実は15.5mだった。

筒井順慶は洞ヶ峠で情勢を窺ってはいない。
さっさと秀吉側についている。

331 :名無し三等兵:03/05/11 00:50 ID:zp4KXOgq
>>330
ちなみに洞ヶ峠に行ったのは明智光秀(これホント)

332 :紫暗号:03/05/13 13:17 ID:wKE+5+lj
小早川はハナから家康についていた。

333 :名無し三等兵:03/05/13 15:58 ID:???
実は騎馬が鉄砲に負けたと言われる長篠の戦いは、
兵力差が三倍ひらいた(織田・徳川3対武田1)
包囲殲滅線だった。

ただし、鉄砲を大量投入した事が戦局に影響を与えた事は否定できない。
現に、武田の鉄砲隊もかなりの活躍をしている。


334 :名無し三等兵:03/05/14 08:36 ID:bUAeVkdW
ナイチンゲールはクリミアで看護していない。

335 :__:03/05/14 08:37 ID:???
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku03.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku10.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku09.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku06.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku05.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku01.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku02.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku04.html

336 :名無し三等兵:03/05/14 09:15 ID:5JdPKXhW
≫333
長篠の合戦は、徳川の酒井忠次が武田に寝返るという前提で、武田勝頼は攻撃をしかけた。
酒井の寝返りは家康側の演技で、のこのこ出てきた武田は殲滅された。

337 :名無し三等兵:03/05/14 09:50 ID:???
つまり、約束をたがえた織田・徳川が悪者で、
正々堂々と戦った武田はやはり凄い。
姦計を用いなければ、織田・徳川は武田に勝てなかったといえよう。


338 :__:03/05/14 10:07 ID:???
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku03.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku10.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku09.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku06.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku05.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku01.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku02.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku04.html

339 :名無し三等兵:03/05/14 10:08 ID:tv1sykrX
一応ここって、軍事板だよな…

340 :名無し三等兵:03/05/14 10:14 ID:5JdPKXhW
≫337
だまされる方が間抜けor赤壁の黄蓋なみに騙せた徳川、酒井が偉い。
姦計を用いなられなくても、武田は勝てなかったと思うが

まあ、長篠の鉄砲隊は千丁の記述を、後付で3千丁に改ざんしたらすいが

341 :__:03/05/14 11:44 ID:???
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku03.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku10.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku09.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku06.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku05.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku01.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku02.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku04.html

342 :__:03/05/14 13:12 ID:???
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku03.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku10.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku09.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku06.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku05.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku01.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku02.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku04.html

343 :名無し三等兵:03/05/14 13:22 ID:Q/3UGHMy
それ、本で読んだことあるな。鉄砲は1000丁くらいだったと
言っていた。

344 :voi:03/05/14 13:26 ID:zCa3wEWH
漢方がいい
03-3949-5222


345 :__:03/05/14 14:40 ID:???
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku03.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku10.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku09.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku06.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku05.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku01.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku02.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku04.html

346 :名無し三等兵:03/05/14 15:38 ID:???
日本に空軍は無いといわれていたが、実は試験的に海軍の一部としてちゃんと「空軍」という名前で組織されていた。

347 :__:03/05/14 16:08 ID:???
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku03.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku10.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku09.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku06.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku05.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku01.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku02.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku04.html

348 :名無し三等兵:03/05/14 16:21 ID:wsaEIEro
(半島限定の戦史誤り)
当時世界から認められた韓国亡命政府は上海に存在し対日戦を連合軍の
一員として戦い勝利した。


82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)