5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

明智光秀総合スレッド

1 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:47
裏切り者の名を受けて、すべてを捨てて戦う男
行け!行け!僕らのキンカン頭

明智光秀関連の話題ならネタでも議論考察でも幅広く受け入れます。
お気軽にどぞー

●関連スレッド
本能寺の変・・・光秀単独?
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1067579873/

●過去スレ
明智光秀
http://hobby.2ch.net/warhis/kako/1045/10451/1045111990.html

2 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/21 11:48
天海

3 :出ると負け軍師 ◆v12geteYmY :03/12/21 11:48
2

4 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/21 11:49
>>3
w

5 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/21 11:52
西洋風の甲冑がかっこいいよね

6 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:53
124 名前:明智光秀 投稿日:03/12/07 03:30
儂は知ってしまった・・・
あれは夏の暑い日じゃった。儂が汗ばんだ体を流そうと湯屋へと赴いたときのことじゃった。
先客がおったのか中から話声がしていたのじゃ。
一人は蘭丸じゃと声で分かった。しかしもう一人がおなごの声としかおもえなんだのじゃ。
しかし聞いたことのない声色で誰だかはそのときはわからなかった。
儂は汗で気持ちも悪かった所為もあり、いささか蘭丸を憎らしく思った。
例えば柴田殿や丹羽殿なればそのようなおなごと風呂で戯れるなどといった事も許されよう。
儂がどうこう言えるものでもない。しかし蘭丸は殿の小姓ではないか。
儂は思い切って引き戸を開け放ち、蘭丸を叱りつけようと湯に浸かる二人を睨み付けた。
すると蘭丸はおなごを庇い儂の目から隠そうとする。おなごもおなごであわててこちらに背を向ける。
儂はそれを見てますますいきり立ち「そこへ直れ!この痴れ者共!」と怒鳴った。
後ろのおなごを気にしているのか。どうやら正体を知られたくないらしい。しかしもう遅い。
「そこのおなごも顔を見せい。殿の小姓をたぶらかした罪は重いぞ?」と言ってやっても振り向かない。
振り向かないが、蘭丸とは違って怯えてはいないようだ。さてはどなたかお歴々の娘子であろうか?
「そなたが誰の娘でも事は変わらぬぞ?ともかく双方湯から上がるのじゃ!」
そうは言っても相変わらず蘭丸はおなごを庇いおなごはおなごでじっとしている。
埒があきそうもないので、荒事は苦手じゃが、強引に引き立てようかと思い足を踏み出す。

7 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:53
125 名前:明智光秀 投稿日:03/12/07 03:41
「光秀、おぬしがでていくのじゃ。」ふいにおなごからそのように言われ立ち止まる。
「儂を呼び捨てにするとは!おまえは誰じゃ!」とおもわず声を荒らげてしまった。
おなごが振り返る。「儂じゃ、光秀」
そこに在った顔は誰のものか最初分からなかった。がとても美しいおなごとは思った。
誰じゃ?このような娘、儂が知らぬはずはないが・・・
「儂じゃ、信長じゃ」・・・・・・!
驚天動地、青天の霹靂。儂は言われて分かりただただ震えるばかり。
あの殿が女・・・!?確かに殿は美男子であったがまさかそれがかように美しいおなごの男装であったとは。
「たわけ!何を前を押っ立てておるか!儂を何と思うとるか!」は・・・!儂はあわてて前を押さえた。
何と言うことだ。儂は殿に惚れていたのじゃ・・・。殿が女であったと分かると同時にそれが一気にあふれた。
「光秀、余人には言うでないぞ?わかったら出ていけ」儂は前のめりになって出ていった。
その後引き戸の向こうから悩ましげな殿の声が聞こえてきた。儂はどうしていいかわからなくなってしもうたのじゃ。

8 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:54
132 名前:明智光秀 投稿日:03/12/08 02:26
それまでの儂は家中随一の切れ者という自負があった。
じゃがあの日殿の裸を見て以来、評定でもまともに殿の顔をみれなくなってしまった。
殿がおなごであったからだけではない。それだけならただの秘め事であり儂が臆することではない。
むしろ儂と殿は秘密を共有することで信頼は増したはずじゃ。
しかし事はそうではない。あのとき儂が殿に欲情しておった事実を逆に殿に握られたという事なのじゃ。
ひとりのおなごに邪な思いを抱きながらも逃げ出す形になってしまったという恥。
きっとあの後蘭丸が如き小僧は儂より優越感を感じよりいきり立ったものであろうな!なんとも腹立たしい。
去り際に聞こえた殿の悩ましき声がいつまでも頭の中から離れぬわ。
このままでは儂はおかしくなってしまいそうじゃ。
・・・・・・殿に儂という「男」を認めてもらいたいものじゃ。
そうじゃ、これは殿に対する忠義心の見せ所じゃ!早速今夜にでも・・・

9 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:54
134 名前:明智光秀 投稿日:03/12/08 19:13
「信長様・・・日向守様がいらっしゃいました。」
「ほう、やっと何ぞ言いに来おったか。よし、通せ。蘭丸はここに残って儂の相手をいたせ。」
「は・・・。」

何じゃ、蘭丸の奴奥に戻ったと思えば違う者をよこすなどと。おのれ、儂を恐れたか。
いつもいつも儂ら重臣を下に見るように見下しておった小僧だが、やはり人の子じゃのう。
殿との睦言など見られればそれなりに恥じ入る訳か。まぁ貴様は今日で御用済みじゃ。
明日の夜からは儂が代わって殿の夜伽の相手となるのじゃからのぉ。
貴様では役不足。儂こそが殿には相応しい男よ・・・
「日向守様、こちらでお待ちを。」

・・・殿は儂が何をしに来たか解っておられぬのか?なぜこうも待たされる。
むぅ、いままぐわっておるのか!おのれぇ蘭丸め。殿は儂のものじゃ。
「殿の寝所はどこじゃ!」儂はあらん限りの声を張り上げた。
するとそれに応じるようにあの殿の一際高い感極まった声が上がった。そこか!

儂は勢いよく部屋の襖を開けた。果たしてそこで殿と蘭丸が息荒く寝そべっていた。

10 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:54
147 名前:明智光秀 投稿日:03/12/11 22:05
殿は薄目を開けてこちらを見上げている。蘭丸は儂が入るやいなや前を隠しうつぶせになった。
その蘭丸の愚かな姿に僅かばかりの憐れみを感じはしたが、殿の恍惚とした顔を見ればその感慨も吹き飛ぶ。
しかし儂は機先を失してしまった。既に儂は彼らを見入ってしまった。喉が枯れてしまった。
「何じゃ。待っておれと言うたであろうが。」
「と、殿。お隠しくだされ。目のやり場に・・・」
「たわけ!人の情事に無粋に立ち入っておって何を言うか!」
「私はただ!殿が蘭丸と・・・!」
「儂と蘭丸との仲をお前が咎める筋合いがあるのか!」
殿がのそりと立ち上がり儂の胸ぐらを掴みあげた。殿の裸体がおしつけられてくる。
「一度目は過ちと思うて不問にしたが、今回は許されぬぞ?何ぞ言いたいことがあったのではないか!申せ!」
「わ、私は、私が殿と・・・!」
「はっきり申さぬか!光秀ぇっ!」
「殿と結ばれたい・・・」
膝が崩れ落ちる。

11 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:55
153 名前:明智光秀 投稿日:03/12/13 00:20
崩れ落ちた儂を見下ろし高らかに嗤う殿。
「儂とどうなりたいと?もう一度申してみよ光秀!わはは!」
儂の思いは見透かされていたのじゃ。そして儂は報われぬ思いを愚かにも遂げようとしたのじゃ。
ふと蘭丸が気になった。無様すぎる儂はさぞかし貴様の優越感をかきたてるじゃろうの!
しかし蘭丸は憐れんでいるのか悲しげな目をこちらに向けていた。何故そんな目で見るのだ。
その姿は自らの男値を隠そうと両の手を正座した股の間に滑り込ませて、肩を小刻みに振るわせている。
恥じているのか。しかし何の恥だ。今この場所で儂以上の恥さらしなぞいないというのに。
蘭丸と目が合い双方目を逸らした。
「情けない男じゃのうお前は。犯したいと思うたおなごに気圧されておるのか。まるで初男ではないか。」
儂は殿を見上げることが出来なかった。そうして殿の腿と膝のあたりを視点をおいていた。
何事か殿が儂を罵っておるが、その柔らかく白い肉を見ていると何を言われているのかわからなくなった。
そしてふいに「脱げ。」こう殿が言い放った。その言葉で我に返ったが、何を言われたのか理解は出来なかった。

12 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:55
154 名前:明智光秀 投稿日:03/12/13 00:21
「脱がぬか!光秀!」脱げ。脱いで良いのか。脱げといったのだな。
「ここに来たのは裸になるつもりであったのだろう?ならば脱いでみせよ」
なぜそう言われるようになったのか、殿の機転は理解し難いものがある。ともかく儂は脱ぎ始めた。
脱ぐ内に希望を抱いてしまった。儂はお情けをもらえると。そして脱ぎきった。
「と、殿、脱ぎましたぞ。」
再び直立で殿の顔を見た。そこには何か汚らわしいものを見るような殿の顔があった。
「たわけが。なにを嬉しげに立っておるか。少しはその醜い躯を恥じよ。」
「な・・・儂の思いを受け入れていただけるのでは・・・」
「裸になれと言われてもしやとでも思うたのか?どこまでもおめでたい男じゃのう、貴様は。
 己の醜い躯をよく見よ!儂の神々しくも美しい躯にその汚らしいものをすりつけようとした事は大罪と思えぃ!
 それを自覚させるために脱がせたのじゃ!思い上がるでないわ、この糞たわけ!」
裸になって儂は返って肝が据わった。初めからこうすれば良かったのではないか。
有無を言わさず蘭丸を斬り捨て、この女を犯せば良かったのじゃ。
「裸になれば最早、男と女でしかござらん。儂を何とお思いか!儂は男じゃ!」
そう言うなり儂は殿に飛びかかった。

13 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/21 11:56
娘は美人・・・

てぇことは、けっこういい男だったのかな 光秀も

                 

14 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 11:57
----ここまで----

転載元
戦国無双の明智光秀が可愛すぎるスレッド
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1070370152/(html化中)

15 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 12:02
>>13
細川ガラシャねえ・・・夫との不仲で新興宗教に走るって、
まるで現代の昼メロのような話だなw

16 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/21 17:48
>>14
続きキボンヌ

17 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 20:36
書いたの俺じゃねーから、ソイツに頼むのが筋だと思うが。
ま、召喚かけてみて降臨しないようなら、ちょっと考えてみるかww

18 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/21 20:39
お前ホモ小説かくのか?
キモ系のブラクラは他の板に貼れ。カスが。

19 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/21 20:41
ホモからグロまで幅広く書けるがねww
やっぱ、元の執筆者に戻って来て欲しなぁ

20 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/21 20:46
7. エロ・下品
2ちゃんねる
 2ちゃんねる内での過度なエロ・性的煽り・性的妄想・下品ネタは禁止されています。画像へのリンクも同様です。これらは例外なく削除対象になります。



21 :無名武将@おせっかい:03/12/21 20:53
>>13
光秀は金柑頭だけど立派な容貌をしていたとどっかで聞いたことあるぞ。

22 :誘導:03/12/22 18:07
http://game4.2ch.net/famicom/
家庭用ゲーム@2ch掲示板

ここは、歴史を扱う板。歴史人物としてならOKだが、ゲームキャラのスレは板違い。
プロ野球板で、「きたへふ」のスレが立っていない、競馬板で「田薔薇」のスレが立っていない
のと同じ理由。
これはhttp://www.2ch.net/guide/map.html#dialogue
における「英雄をネタとして楽しむための板。ゲームそのものの話はゲーム系で。」
との文言に抵触する。


23 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/22 20:34
>>22
宣伝マルチポストうぜえ

24 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/22 20:35
明智光秀プロフィール

家系: 源頼光(清和源氏)→土岐明智氏(美濃源氏)→明智光綱(光国、光隆)→光秀

従属履歴: 朝倉家(越前)→足利義昭(15代将軍)→織田信長

正室: 煕子(読み名は「ひろこ」。土岐一族である妻木広忠の娘)

25 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/22 20:36
ぐぐって調べてみたが、特に出生に関しては謎が多いなぁ。
そう言えば、何で美濃の豪族出身なのに越前朝倉の家臣になってるんだ?

26 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/22 20:44
>>21
まぁ、美形と言えば言えなくもない。
http://www.hokuto-shinkin.co.jp/images/image12_04_04.jpg

冷たそうな感じの顔つきだが

27 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/22 20:47
明智光秀が美濃土岐氏の出であるかどうかも、実は定かじゃないらしい。

「ときは今あめが下知る五月哉」
は明智光秀が本能寺の変前に詠んだ有名な句だが、「とき」と「土岐」をかけて読むのは
後世のこじつけの可能性もあるそうな。

28 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/22 20:53
>>24追加
従属履歴: (斎藤道三)→朝倉家(越前)→足利義昭(15代将軍)→織田信長

※斎藤道三に仕えていたという通説もある

29 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/22 21:10
朝倉家臣時代の明智光秀の功績

・ 加賀の一向一揆の越前侵攻阻止
・ 越前への鉄砲普及化
・ 築城の指南

いずれも明智軍記より。ホンマかいなw

30 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/22 21:12
とりあへず、即死ラインは突破したかな?

31 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/23 00:08
光秀は裏切りものではなく、織田家臣の代表者として
信長誅殺を実行したに過ぎない。おおかたあみだくじで負けたんだろ。

32 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :03/12/23 01:01
>>29
明智軍記は、江戸時代に出来た作者不明の読み物で、史料的価値は低いようですね。
光秀が凄い勢いで日本全国をほぼ踏破してたりとか、信用し難い記述も多いようで。

33 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/23 01:12
>>30
この板に即死判定はないだろ。

34 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/23 01:15
検索エンジンぶんぶんぶんぶん

35 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/23 15:20
光秀の肖像画は他の武将と比べても明らかに美形だ

36 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/23 23:16
動け動けうごうごグーグル

37 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/23 23:20
>>32
どーやらそのようで。
つーか、朝倉義景に重用されてたのかいなホンマに?

疎まれていたからこそ、信長と通じて足利義昭をかっさらったってのが極自然な流れのような気がする。

38 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/23 23:23
記録によっては
越前朝倉に仕える前には細川藤孝の足軽だったって話もあるようだね。
そうなると、朝倉の前に幕臣だったことになって>>28の順番が一部入れ替わるが。

ま、ソレだけ謎の多い人物だってコトか。

39 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/23 23:26
義昭の家臣だった頃の光秀の功績はコレしか無いよーだ(ぐーぐる検索の結果)。

・ 織田信長の軍事力を用いた足利義昭の十五代将軍擁立工作(細川藤孝と共謀)

40 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/23 23:41
>>31
この辺は勝者の記録しか無いから、なんともかんとも言い難いなぁ。
ただ、秀吉が10日間で中国大返ししたのは、あまりに不自然。記録では本能寺の変の6/3の翌日である6/4に
信長の訃報を知ったそうだが、京都〜岡山(備中高松城)までの距離は220km。

早馬で一日中ぶっ続けで走れば時速10kmで備中高松城まで到達するので、まぁ可能と言えば可能。
ただ、道程で替え馬とか数十頭用意しとく必要があるし、そんな用意が明智方にあったのかねぇ?

41 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/23 23:43
ちなみに、京都〜岡山の距離はJR時刻表の営業キロ数で算出しましたので悪しからず

42 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/23 23:45
ああっ!!
本能寺の変は6/2だった。秀吉が信長訃報を知ったのは6/3だな。

43 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/23 23:54
>>37
本当だけど、疎まれていた説は明智軍記のもので、以下がその記述。

「斎藤龍興が越前の朝倉義景を頼って来たが、龍興は光秀が仕えていた
 斎藤義龍を殺した人物なので、光秀の事を義景に讒言して
 光秀はこれに怒って越前を去った。」

しかし、龍興は義龍を殺していないし、龍興が越前に来たのは
光秀が越前を去った後なので、これは信用ならない。

44 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/12/24 00:08
おお、なるほど。
そうなると、光秀は越前では大した評価もされずに鬱々としていた。そこに将軍様の後継資格ある義昭到来!!
ってなトコで、信長に通じたのか。

しかし、なんで織田信長なのか?一説によると斎藤道三の家臣であった時の旧友が織田信長の家臣になっていた
繋がりで、織田信長を頼った。ってのもあるが、明智光秀が斎藤道三の家臣だったかどうかも定かじゃないし、
にわかには信じがたいなぁ

45 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/24 19:39
>>44
お濃と光秀が従兄弟か何かだったんじゃないっけ?

それに信長は秀吉のような元農民のような奴でも
才能があれば重く用いたりしてたしそれを知っていたから
自分も信長にかけてみようって気になったんじゃない?

46 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 02:50
光秀は主君を変えるのは得意だったから本能寺もその延長だな
ひとつ違うのは自分が主君になろうと思ったことくらいで

47 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 02:54
個人的には本能寺は光秀の野望と公家連中の思惑の一致にあると思う
近衛前久が本能寺の後に信孝に高札まで掲げられて指名手配受けて家康に
かくまって貰ってたのは有名な話だし。俺の意見が事実だと思うな

48 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 08:19
>>38
細川藤孝の足軽だった、とするのは細川家の史料だけ。
昔、自分の先祖(幽斎)が本能寺の際に義に反して卑怯な
振る舞いをしたので、それを誤魔化す為に公式には嫡流の滅びて
文句の出ようの無い明智光秀を貶めたのが真相だ。
さすが幽斎の家系、プライドが高いくせにコソコソと卑怯な
真似ばかりしおってからに

49 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 09:28
>48
足軽だったかは分からないが『老人雑話』に「明智初め細川幽斎の臣也」とある。
別に細川家の記録だけがそういうことを書いている訳ではない。

50 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 09:32
光秀は未来人なんじゃないの?

51 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 09:39
>>49
老人雑話って家康暗殺とかを語ってるやつだろ
信憑性あるのかねぇ

52 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 09:42
光秀が本当に土岐一族だったのかも疑わしいな

53 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 10:07
西暦2213年
大日本帝國初代皇帝織田信長が死去して600年余り。
29代皇帝織田信槇の圧政に苦しんでいた人々は、一人の若者をタイムマシンで中世に送り込んだ。
歴史上に存在しない明智光秀という名前を与えられたその若者の任務・・・それは織田信長を殺害する事であった。






続きメンドクセ

54 :タケノコ@/ ゚w゚ヽ萌え ◆KL7bg/mFCE :03/12/27 10:12
宮迫はないでしょ……
他は我慢するにしても。
いや、他も我慢できないか……

55 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 11:54
光秀は浮気はしないで奥さん一人。
民衆にも家来にも友人にも優しい、いい奴だったらしい。
歴史の本だけで見ると、ただの反逆者の謀反人としか記述がないので
高校の頃まで嫌な奴だと思ってたよw

56 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 13:25
>>55
しかし、そういった光秀善人説から、
残酷な魔王信長を善人の光秀が討ったという俗説が
まかり通っているのも過剰だろ。
松永久秀だって老いで焦らなければ本能寺のチャンスはあった筈。

57 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 13:37
>>56
久秀が生きていたら丸腰で本能寺に泊まったのかも疑わしいけどな

58 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 17:53
善人かどうかは知らんが、
なんだかマジメっぽいイメージがあるな。

59 :55:03/12/27 19:20
>56
うん。
しかし光秀が余程善人というかマジメでないと
あの信長があそこまで油断するはずがないと思う。
信長も頭良いし、情報通だし。
ただ、信長は謀反とか潜在敵の認識が元々少し甘い気もするけどね。
浅井とか。

60 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/27 20:08
>>55
光秀の妻が一人だけだったというのは俗説。
少なくとも四人以上はいた。
一人目の妻は叔父・山岸光信の娘・千草。
千草との間に長男・光重が誕生し、山岸家を継いだ。
この最初の妻は光秀が越前に行く前には没していたと思われる。
その後、妻木広忠の娘・熙子を妻に迎えた。
光秀と熙子との間には源淋(光慶?)と織田信澄妻、玉子、自然丸
が産まれている。
その他、養女で荒木村重の嫡男・村安(村次)の妻と
明智光忠の妻がいる。
また、熙子の没後はその妹を妻としている。

この他に側室として喜多村氏と原氏がいて、
喜多村氏は光秀の子・喜多村弥兵衛尉の母親となり、
原氏は明智松寿丸の母親である。
ちなみに松寿丸の子孫は江戸時代・明田氏を称し、
明治に明智に復姓した。

61 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

62 :無名武将@お腹せっぷく:03/12/31 02:44
荒木村重の息子と明智光秀の娘が婚姻関係を結んでる。
村重も光秀も信長に叛旗を翻したわけだ。

63 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/11 23:57
あげ


64 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/14 18:46
>62

なるほど

65 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/16 23:08
は〜ちみーつーきんかんのど〜あめ。

66 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/20 14:56
あーー!ケチ!みっつ、ひでーー!

67 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :04/01/21 00:16
>>66は練り児山先生。

68 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/21 22:51
明智光秀が信長を倒した理由って何?母親殺されたから?

69 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/21 23:07
>>68
それがわかればいつまでも本能寺論争してないって……。
最近私が重視している説として、信長が「天上人」になり、信忠が「天下人」として君臨しようとしたから謀叛した、とある。
根拠の一つになっているのが、本能寺の変前日に信長が催した大茶会。
信長は大の会合嫌いなので、そんな会合を開くには、余程の理由が無くてはならない。
その『理由』が正親町天皇譲位だった。そうする事で信長が『皇帝』(あえて天上人とはしない)になる布石を投ずる事が出来る。
また、信忠が何らかの天下人に相応しい官位を貰える内意が入って来たから信長も上洛したらしい。
何故なら、信忠は一ヶ月も前に上洛しているから。
まあ、これも一つの説に過ぎない。しかし、私個人としては『日本の伝統を守る』というのが動機の一つとなったと思っている。
光秀は『近畿管領』と呼ばれる程保守的、朝廷寄り、貴族趣味の男だからな。
時代を壊そうとした『ヨーロッパ人』信長にはついて行けなかっただろう。そこが光秀の限界だが……。

70 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/21 23:13
>>69
光秀が限界なのではなくて、家臣を掌握しきれなかった
信長のカリスマの限界。
光秀は時代の流れをあるべき流れに戻した功労者。
貴族趣味?についてはその根拠が分からんので教えて下され

71 :69:04/01/21 23:30
>>70
どうかな?信長びいきの私が言うのも何だが、大日本帝国(貿易国家でも良い)の姿を見てみたかったのだが。
無論、戦前の大日本帝国じゃないからな。
光秀は教養や交渉能力が認められて『近畿管領』になった訳だが、
元々保守的な人物だから、保守の頂点に君臨する朝廷文化に感化されるのはある意味自然な流れだと思う。
根拠にならなくて申し訳無いが、光秀は朝廷の文化人と接するのが長すぎて、朝廷至上主義になってしまった感がある。
それが貴族趣味。文化を好んだ数寄者という意味でなく、妄信的な朝廷信仰者という意味。
『天上人構想』に関連する話として、光秀が『馬揃え』の準備に奔走した時、
公卿達から『天上人思想』そうでなくとも、
『朝廷の侵害』の事を聞き、憤慨して謀叛の端緒になった、という説がある。
京都に固執していた時点で、彼は朝廷、『日本』の呪縛から離れられなかった。その時点で光秀の器量など知れている。
光秀が稀代の英雄なら、真っ先に安土を抑えるか、或いは最強のライバル秀吉を討とうとするだろう。
それが光秀の限界ではあるな。主君より朝廷を重視する時点で、本当は終わっている。恥ずべき事だ、と反発覚悟で言ってみる。
答えになっているような、いないような……。
根拠の形でなくてすみません。光秀は『文化かぶれ』ではなく、『大和かぶれ』。それが結論。それも一つの立派な貴族趣味(旧態依然とした思想)だと私は考える。

72 :68:04/01/21 23:36
大河ドラマ「秀吉」だと光秀が信長を倒した理由はどんなんになってた?

73 :69:04/01/21 23:54
>>72
因みに私は知らないから。秀吉は見ていないので。
「利家とまつ」では何だか理由があやふやで訳がわからなかった。
まあ、「朝廷を侵害する逆賊」という事なんだろうが。

74 : ◆KKRb1u3.mA :04/01/21 23:56
>>67
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

75 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/22 00:05
>>69
信長は意外と保守的な性格。朝廷滅ぼそうとか思うかな・・?

76 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :04/01/22 00:38
>>69
>光秀は『近畿管領』と呼ばれる程保守的、朝廷寄り、貴族趣味の男だからな。

だから、日向守を名乗らることになり、将来的に僻地で野蛮な九州に行かされるレールが引かれたのが嫌で、
それが謀反起こしたという説があったな。
京に近い丹波なら苦しい仕事でも果たすが、僻地は嫌、と。これは藤本だったか。

>>72
やはり母殺しじゃなかったかと。この話はフィクションとかいわれているが、
まあ『秀吉』は武功夜話準拠みたいだから。
それと、家康がけしかけていた描写もあったような気が。

77 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/25 19:43
>日向守

以前はどんな役職だったんだろ?

78 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/25 21:33
いいサイトがありますよ
ttp://www.google.co.jp/search?q=%E6%98%8E%E6%99%BA%E3%80%80%E5%85%89%E7%A7%80%E3%80%80%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AE%88

79 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 18:20
家臣の裏切りに遭った武将が必ずしも弱いわけではない。
織田信長が明智光秀にやられたのは
わずかな手勢で本能寺に宿泊中に奇襲かけられたからであって
万全の状態で戦えば、まず負けなかった!
思えば、明智光秀とは信長を超える奇襲用の円盤生物だったのではないかと思う。
水色桔梗の旗が見えてから
わずか15秒後くらいには寺内に突っ込んで来たのだから。
多分、同じシチュエーションで自害しない武将はいないと思う。

80 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 18:49
信長はギリギリまで相手にも身内にも譲歩をせまるやり方で、
それに光秀が耐え切れず反発したと...
信長が死んで勝家と長秀はどうすれば良いか迷ったが、秀吉は今が好機だと光秀を攻め滅ぼして天下統一に向かったと、予想するがどうか?

81 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 18:52
信長はさじ加減を間違ったんだなァ...

82 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 19:08
>>76
千利休もそれ知ってて後に堺で家康と密談してたね。

83 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 19:15
信長は光秀が謀反するとは思っていなかったが、(わかっていればせめほろぼされていただろう)信長の想像以上に光秀の謀反心は高まっていたんだなァ
義元に似てるか?

84 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 19:16
最後は、義元に似てるか?

85 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 19:19
義元の信長に対する見方と信長の光秀に対する見方が似てる気がする...

86 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 19:21
>>66
昔ドラクエ6の攻略情報が読みたくて立ち読みしたゲーム雑誌の投稿にそんなネタがあったような気がする。

87 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/30 23:27
荒木村重殿のような気を起こされますな…

88 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/31 09:57
>>59
同意同意!
浅井にも打ち取られそうになったね、そういえば。。。

89 :無名武将@お腹せっぷく:04/01/31 23:31
本能寺の変、当日・・・・

信長「騒がしいのう、下人どもの喧嘩か?」
↑危機管理能力ゼロ。まさに凡将の極みだね(プゲラ

90 :スレ違いスマソ:04/02/02 09:47
日テレの子会社どう?

91 :紅会:04/02/04 03:02
村上弘明の明智最高
竹野内と藤木直人にもやらせてみたい

92 :紅会:04/02/04 03:54
萩原健一の明智は温厚な僕でも切れそうだった。明智のイメージが汚れる。
でも史実はあれが一番近いのか?

93 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/04 04:00
そうか?
『敵は本能寺にあり』の台詞なんかは
裏声で雰囲気が出ていたと思ったが
あれもありだと思うね

94 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/04 04:47
うむうむ
神経質で、ヒステリックっぽく演じてるのはショーケン(゚Д゚)ウマーってオモタ
あれが史実とは誰にもわからんが、あれはあれでショーケンの明智光秀ってなわけで納得してまふよ

つーかデアルカとか酷かったから、余計によく思えた可能性大

95 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/04 07:40
裏切った時の光秀もう50超えてたし

96 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/05 10:02
光秀は尾張人と尾張弁が嫌いだったんだよ。
近江や京文化に染まった光秀が尾張弁で行われる軍議の最中、
「愚行つかまつるが…」なんて言おうものなら、
尾張人は一瞬口を閉ざし沈黙し、一人ずつぼそぼそと
「ほれみやあ、頭のええ人はうみゃあこと言うがや」
「愚行つかまつる、だもんなあ。わしんたらあ言えん言葉だで」
「そんだけどよ、この場合はちいとあれだ、その名案ではいかんのだねゃあか」
「ものすげーええ考えだけど、この辺では通らんやりかただわなあ。
いや、頭がよすぎて、こういうたわけた場合には合わんのだけどよう。げたげたげた」
「ほんとだがや。なあ。げたげたげた」
結果尾張弁を憎んだ光秀が、信長が天下を取ったときに京言葉を廃し、尾張弁を共通語にすると考えた。
日本中が尾張弁になるということに光秀は戦慄し、決心をかためたんだよ。

97 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/05 23:45
>>96
んなわけねゃがや

98 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/16 13:22
アイフルCMの歌声は明智光秀末えい美女

 消費者金融「アイフル」のCMのバックに流れている音楽に視聴者から「誰が歌っているの?」と問い合わせが
 殺到するなど、注目が集まっている。歌っているのは、ハナエリカ(本名未公表)で、日本人の父親とメキシコ人の
 母親の間に生まれた25歳のシンガー。アーティストとして活躍する傍ら、都内の私立高校でスペイン語を教えている
 スーパーレディーだ。
 さらに父方の祖先は、戦国の武将、明智光秀という異色のプロフィルの持ち主だ。
 ゲレンデをスノボで駆け下りるチワワのくぅーちゃんが可愛い話題のCM。そのバックで軽快に流れる音楽に、視聴者
 からは、1日数百件もの問い合わせが寄せられる注目ぶり。曲のタイトルは「恋の技を決めてあなたを振り向かせる。」
 作詞は三浦徳子と阿部光史で、作曲は井上ヨシマサ。大きな反響を受けて、今月4日にCDが緊急発売された。
 彼女の素顔が公にされるのは、これが初めて。「父親が商社マンだった関係でメキシコ、ベネズエラ、アメリカ、日本を
 行ったり来たりする生活だった」という。
 日本語のほかに英語とスペイン語も堪能。現在は東京・新宿の東京厚生年金会館で公開中のブロードウェーミュージカル「RENT」にも出演中。
 「メキシコと日本の2つの文化を持つ日本人として、音楽を通じて世界中の人々に夢を与えたい」と目を輝かせている。(スポーツニッポン)
[2月16日6時6分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040216-00000020-spn-ent

99 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/17 22:19
アイフル滅亡

100 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/17 22:25
>>100地三太夫が百人切り

101 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/17 23:50
坂本竜馬も自称光秀の子孫な訳で、あんまめずらしくもないだろう

102 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/18 02:55
一応由緒ある源氏だしな

103 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/18 23:39
1580くらいまでは秀吉と並ぶ異例の出世スピードで
織田家中で誰もに羨ましがられた存在なんだよね
信長への恨みから殺したとは思えないんだけどね

104 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/19 02:52
信長に取って代わる千載一隅のチャンス、という誘惑に勝てなかったんじゃね?
その後の行動がなんとも行き当たりばったりで、光秀ほどの男にしては手際が悪すぎ。
事前に何の根回しもしてなかったようだし、前々から計画していたとは思えん。

105 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/19 03:22
取って代わるんじゃなくて殺せるだけでよかったんだろ
いずれ信長に殺されると思ったからせめて先に殺すってカンジ

106 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/20 23:22
>>71
亀レスもいいとこだが、安土城は本能寺後、速攻で押さえたんじゃなかったか。
その後、兵を集め、山崎の合戦時には既に10000近くの兵力を増強していた。
まあ、それよりも秀吉の神速が凄かった訳だが。
裏切った細川にとっても予想外の手並みの速さではなかっただろうか。
実際細川が味方していれば、光秀に勝機があっただろう。

107 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/20 23:50
>>106
その細川を動かすには現実として光秀が勝つ保証、乃至は政策を見せねばならぬ。
そんなものは存在しない。安土は本能寺に攻めかかるのと同時に攻撃するから価値がある。数日後に占領して何の意味があるか。
クーデターでメディア(京都)と本拠(安土)を抑えるのは常識だろうに。
あんな紙切れを送っただけで毛利が参戦するなんて有り得ないし。
現実主義の塊みたいな男である細川は、計算づくで考えて光秀を切ったんだろう。
だって光秀がやるのは今更どうにもならない保守政策ばかりだし。キリスト教はともかく、今更旧勢力の再興をしたってウィーン体制の様な悲惨な結末になるだけだ。
光秀が率先してやるべきだったのは、秀吉と家康を殺す事だったと思う。事実、死を知って即座に行動を起こしたのはこの二人なんだから。信長の行動精神(即断即決、言葉、思慮よりも行動)を忠実に受け継いでいるこの二人を潰せば、
柴田や丹羽などどうという事も無い。

108 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 04:38
家康。彼は武田戦術を研究し尽くし、戦術的行動力を得た。
また群雄の中では若手に属する為か、耐え忍ぶ事も知っていた。
しかし、彼の政権は非常に権威主義や保守性に凝り固まった物だ。

秀吉。彼は光秀と同じく実務派の天才だ。(得意とするジャンルはやや異なるが)
思想性が無く、純粋な出世欲で動く為、その分行動力に富んでいた。
しかし、逆に政権奪取後それが仇となり、目的喪失が彼に精神崩壊を起こさせた。

戦術的に出遅れてしまった為、光秀は敗れたが、
彼の「政治家」としての資質は、秀吉、家康、はたまた信長、その内の誰に近かったのだろうか?
ソースを求む。

109 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 07:40
『調整型』の秀吉と『保守派』の家康の中間、あるいは集合体。
つまりかなり強い保守思想を抱いたネゴシエーターという感じがする。朝廷の理解者みたいな。
彼の本領は戦争ではなく、交渉。豪族だとか公家だとか町衆だとかな。その割には毛利に対する対応がお粗末だが……。
光秀は自己中心的な人物(この場合、自分が思っている事は他の人も思っている事だろう、という意味の自己中心的さ)だったのではないか。
信長に『古きよき時代を新しい形で復活させる男』というのを期待してしまった為、ああなった。信長は全てを刷新する。将軍は勿論、下手すれば天皇さえも。それは光秀の思案の中に無い。
光秀は信長の長男の様な存在でありながら、信長の事を理解出来なかった。自分が保守に凝り固まり、おまけに自己中心的であったから。

110 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 11:59
信長はなぜそんな人物を自分の政権で右腕に迄重用したんだ?
そこまで思想の違う相手なら、厚遇する必要はなかったんじゃ。
と言うより、本当に光秀の人物像ってそんなにハッキリしているのかね。
彼の性格については後世の捏造も多く含まれていると聞くが。

ただし、天皇家を潰す計画が本当だとすれば、
光秀がそれに加担する事だけは避けたかったのは、当然かもしれない。
その際に交渉に当たっていた自らが受ける汚名は、計り知れないものであったから。
恐らく、命令を下す信長本人よりも、なお過酷に。
これは保守思想と言うよりもむしろ、保身と自らの名誉の問題だが。

信長が皇帝という形式に拘ったのが本当だとすれば、それは失策だと思う。
せめて、曹操の様に子孫に奪わせる程度の計算はしてもらいたかった。
寺社と異なり、朝廷その物は民衆を煽動させる力を持っていなかったのだから。

111 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 13:18
信長とか言う薄情な上司にコキ使われた光秀たんがかわいそう

112 :影武者の影武者:04/02/21 13:48
光秀が天海和尚かもしれないってのは?

113 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 14:23
>>110
信長がなぜそんな人物を自分の政権で右腕に迄重用したかというと
それは光秀がいい道具だったから。
信長は能力主義だからとりあえず天下を統一するまでは
いい道具は最大限に利用したかった。
あくまで道具だから必要無くなったら捨てればいいこと。
佐久間や林のようにね。

114 :113:04/02/21 14:24
言い忘れたけど
個人的な意見だからね。
ソースは無いよ

115 :金魚:04/02/21 17:22
 信長の時代は、一部の織田家直轄領以外では、さほど兵農分離に至っていない。
しかして、羽柴軍団も柴田軍団も滝川軍団も、中核以外は、現地の
小領主の私兵の寄せ集め。本来、結束力は弱い。
 だから、信長が死んだら、敵軍の圧力で瓦解するのが、普通。現に、滝川は
早期瓦解。柴田はジリ貧。
 合理的に考えたら、光秀にとっては千載一遇のチャンス。確率から考えたら、
本能寺に賭けた方が、佐久間の二の舞にならず、成功率は高かった。
本能寺の変は、合理的な選択であった。光秀は合理主義者なのだ。
 しかし、羽柴秀吉の運と器は、光秀の予想を上回っていた。この時期の秀吉は
軽躁な欠点を反省し、生涯最高のコンディションと最高のスタッフに恵まれていた。
おそらく、黒田か誰か、現地領主の一人が本当に公言したに違いない。
「これはピンチではなくて、天下取りのチャンスだ。」これで、軍団の動揺と疑心暗鬼
は静まり、新たなカリスマ秀吉が生まれる。
 光秀の合理的な判断は、羽柴軍団の力量によって、粉砕された。


116 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 18:50
>>115
光秀にとっては千載一遇のチャンスなら
なんで最低でも細川、筒井、毛利、長曾我部に事前に連絡してないんだ?
どう考えたって合理的じゃない。
発作的行動だったんだよ。

117 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 18:54
>>115
かなーり同意。
自分も光秀は保守派というより、斎藤流の流れを汲む合理主義者だろう。
上流階級に対する接し方を見ても、大久保利通に通じる部分を感じる。
光秀にとっての教養は、利通が碁を覚えたのと同様の意義ではないか。

118 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 19:24
>>116
そんな事をしていたら好機を逸してしまうと思ったのでは?
だが、まあ合理的発想であると同時に、突発的発想での博打ではあったのだろう。
飽くまでも政権維持の失敗は彼の計画の疎漏であり、
それが合理主義思想で無いと言う事とは=ではつながれない。

119 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 19:48
おれんちの家紋桔梗_| ̄|○

120 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 19:53
>>119
ええのう。
家なんか五七の桐だぞ、ありふれ過ぎ(T_T)

121 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/21 20:15
西ヶ谷説はどうですか。
信長の『天上人構想』が着々と進み、本能寺でそれの布石を打つ打ち合わせをしているという事を知り、(知るきっかけは馬揃え)
これを阻止する為にこれを討ったとする説。
信長が打ち合わせをするのはかなり異例だから、あるいは……。

122 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/22 14:16
>>119
土岐源氏

123 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/23 01:17
とくがわのくろまくにぼうずとしてついたてまじ?

124 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/23 05:38
>>123
南光坊天海のことか?
どうも本人ではないらしいな〜
筆跡鑑定等により・・・(TVで見たことがある)
ただ極、近親の関係にある人物らしいYO
明智光秀=南光坊天海 説って結構説得力あるんだよな!




125 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/23 08:45
ミヅビデザン、オンドゥルルラギッタンディスカー

126 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/23 12:31
明智光秀=南光坊天海だったら歴史カッコ良杉

まぁ事実は小説より奇なりの1パターンだったりするかもね

127 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/25 06:53
早乙女貢って感じの名前のそこそこ有名な歴史作家が光秀=天海説で小説書いてたなあ

128 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/25 22:26
>>127

これですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167230240/qid=1077714808/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-4772755-0413020
当方持ってますが、光秀=天海説をベースにうまくまとめてあって
なかなか楽しめました。

因みに光秀=天海説の根拠は、
天海と光秀の歳が比較的近いこと、
天海の前半生が殆ど不明であること、
比叡山に「慶長二十年二月十七日 奉寄進願主光秀」と刻まれた石灯籠があること、
日光に明智平と呼ばれる地があること、
日光東照宮には明智氏の紋である桔梗紋が数多くあること、
三代将軍家光の乳母春日局は光秀の家臣である斎藤利三の娘であること、
などが挙げられるそうです。

129 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/26 19:30
疱瘡に罹った嫁を娶った話が好き。
こういう旦那が欲しいなあ

130 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/26 22:15
光秀の墓や碑は全国多々あれど割れる運命にあるらしい。
高野山、龍護寺など、他にあると思われ。
無念の思いから、石にヒビが入ると。よかったら話きくけど、光秀。
おとなしー緻密な頭のオッサンがあんな大事起こしたんだから、
余程なんかあったんだろうさ。細川親子への手紙には忠興を取り立てたい
一心じゃったとかあるけど、ウソつけこの野郎・・。この辺はムカつくな。


131 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 01:01
でも素浪人から織田家軍団長ってすげぇのな。

132 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 01:03
その点では秀吉のほうがすごい。

133 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 01:43
誰一人、本能寺の変の光秀の真意を知らないのか?

134 :光秀:04/02/27 01:48
もう400年前の事だからわすれちゃった。

135 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 07:06
>>130
あれはいくらなんでも無いだろって感じだよなw
細川家記みたいな記録残すくらいだから、細川が自己弁護の為に捏造したんじゃないか、
と思ってしまうくらい杜撰な手紙だ。

136 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 08:49
>>130-135
禿げ同。あれは諸武将が思った以上に予測に反して
なびいてこなかったから、かなり焦りや気弱の心理が表れた手紙。
細川としても迷惑な話だし、光秀の機嫌をとるような腰の低さには哀れ。
殆ど反信長にならなかったのは光秀の謀反はタイミングを完全に
誤っていたという事だろうか。どのタイミングでなら成功したのかね・・。

137 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 09:59
長曽我部外交がこじれた説もあるけど
だったら長曽我部と上手く連携してても
いいんだけどな

138 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 10:31
家康が管理出来る場所にいた、あのタイミングがベストタイミングじゃなかったのかな・・・
信長と嫡男を屠るのが目的ならね。

あの時点で連携とか考えていたら、恐らく信長を倒すチャンスは永久に失われていただろう。

安土を押さえるのが遅れた事と、速攻で秀吉討伐の軍を挙兵しなかった等、
戦術的失敗が大きかったのかな、と。家康の追撃も確実に行えば良かった。
ただ、彼の場合には天運があったね。家康はあそこで死んでも不思議じゃなかった。

139 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 10:59
細川は光秀の事嫌いだったんだよ きっと
だってかつての部下なのに自分より出世しちゃったし

140 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 11:25
光秀が信長倒したせいで猿の時代が来ちまった。この罪は重い。

141 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 15:48
サルの次はたまちゃんで

142 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 19:12
家康を押さえる事が、はなから光秀の頭なかったのだろうか。
手勢を回す事もできただろうに。慎重すぎて不穏な動きをとれなかったのか。
思えば、あまりに下準備が不足しすぎて光秀らしくない。
黒幕存在説支持だが、持ちかけられて承諾するのに躊躇があったのか。
突然訪れた本能寺の好機に踏み込むには葛藤あったのでは・・?

信長を潰すには信長包囲網時代というのはあまりに素人考え?w
信玄急死や、謙信急死の強運に恵まれたがよく信長側の結束
持ちこたえたなと思う。

143 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 19:49
>>129 禿道、俺も好き。
その奥さん死んで葬式の際、焼かれるまで柩のそばから離れようとしなかったそうな。
葬式やった寺の名前は失念したが、その寺にはそのことに関する記録が残ってるんだとさ。
大名が一人の奥方をそこまで愛した為の行動は「前代未聞ノコト也」って。


144 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 19:50
細川にあてた手紙って、筆跡が別人のようだったらしいけど…
細川にとってなんかやましい事があったから捏造したんじゃないの?

145 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 21:14
>>145
ソースキボン
まあ、細川ならそのくらいやりかねないが。

146 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/27 21:26
光秀は謀反後、諸武将に手紙乱発してたから代理?
書く時間が間に合わんかったなど。
細川も加わってたとしたらどうして動かんかった。


147 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/28 02:37
といか当時の文書は花押以外は祐筆が書くのが普通では?
しかし光秀生存伝承があって信長生存伝承が無いところを見ると庶民レベルでの人気は
信長より圧倒的に光秀の方が上だったような・・・

148 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/28 03:43
げ!やめれ。信長はあまり哀れという感じしないけど、
光秀の最後はあまりに哀れだったが故では。
皆に嫌われて、農民に最後は刺されるって・・。
坊さん生き延び説はほぼ絶望じゃない?筆跡鑑定でてるし。
でも天海って明智光秀のなんだったの?双子の兄説唱えヨ


149 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/28 06:05
確かに信長は、生存説がまったくと言っていいほど無いんだよな。
光秀の方は今でも領民に、善政を認められ奉られているほど。

>でも天海って明智光秀のなんだったの?双子の兄説唱えヨ

おそらくは近親者だろうね。証拠が異様にありすぎ。
ちなみに関が原(大坂の陣?)だったかで、着てた鎧が残ってるけど、
坊主が着るには派手すぎだし、よほど身分の高い人だったそうな。

あと筆跡鑑定は、本人と似ている字も残っていて
別人だと断定されたわけじゃないよ。

150 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/28 06:26
>>128
携帯で見れない故詳細をきぼん。
俺は信じます。天海説。

151 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/28 07:51
だったらまずageろ

152 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/28 21:45
近年見つかった光秀の手紙に、本能寺の日の丁度一年前に
親族にあてたものがあるらしいが、その中で繰り返し
信長への恩を綴っているんだと。どういう心情の変化があったのか。
信長の無用心は今に始まった事でもないが、やはり明智の謀反は
晴天のへきれきであったのでは。信頼はかなり高かったと思うが。

153 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/28 23:17
>>150
明智光秀 文春文庫
早乙女 貢 著
文庫: 392 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 文芸春秋 ; ISBN: 4167230240 ; (1991/08)



154 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/28 23:24
そりゃ、まあ、柴田、丹羽等の譜代衆はおろか滝川、羽柴等の新参より短い仕官年数で
実質No2に近い地位にまで取り立てられてるんだから恩に感じないわけがないし、
信長の信頼も家臣団一と言ってもいいほどだったわけで。
それだけに本能寺の謎が一層深く面白くなり、また現在に至るまで定説と言えるものが
出来ないわけで。

155 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/29 04:37
信長みたいな破壊者の天下人っつうのが
インテリで保守的な光秀には耐えがたかったんだな。
しかも息子もオヤジのやり方踏襲してるし。
息子の様みて信長が天下とったらこの親子代々のやり方が続くのかと
気鬱の種だったろう。
そこに朝廷からの働きかけでヒーローになる決心をした。
にゃんちゃって♪


156 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/29 04:54
やっぱ信長軍団のNo.2って解釈でOKなん?

157 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/29 09:33
>>152
神社に納めた願文にもあるね

158 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/29 13:18
>>155
無理があるなー
旧臣じゃなかったんだから、そういった革命性を承知で信長の部下になったんだろう。

159 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/29 14:54
>>157
忠誠心を怪しまれない為の工作という解釈でもせな、理由がみつからんな。
本能寺のあと、落ち武者狩りで混乱する民衆に対して、
「町を焼く事はない、むしろ信長暗殺大成功したので共に喜んでほしい」
と呼びかけたという記録があるが、つまり世の敵として光秀は信長を討った
つもりだったのかも?。誰かにマインドコントロールされていて、
信長は世の悪と思いこまされた。
しかし恩をうけた主君を卑怯なやり方で攻め込む行動に、
明智側家臣からは誰一人謀反人がでなかったのが不可解。
それ程光秀は慕われる人柄で、信頼されてたのだとは思うが。
わっかんねえ・・・。わからんでもいい訳だがw


160 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/29 15:43
統率力はあったんだろうな。じゃあないとあれだけの規模の反乱起こすのは無理だろ。

161 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/29 17:32
>>160
参加したのは明智の家臣だけだし、半月足らずで潰されてるじゃん。
あの状況で光秀の立場にいれば、信長を殺すだけなら簡単。

162 :160:04/02/29 19:09
おれはなんとなく159に同意しただけだよ

163 :無名武将@お腹せっぷく:04/02/29 19:19
もっと言えば家臣に信頼されてたんじゃないかというところだ
そんなことよりじぶん的には>>156が気になるのだが

164 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/02 09:22
>>161
簡単。藻前はさぞかし名将なんでしょうなw

165 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/03 18:28
>>101
光秀じゃなくて秀満(左馬之助)の自称子孫なわけだが・・・

166 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/10 19:28
鬼武者つながりなんだよな。ドラマにすれば面白いけどさ。

そーいや、秀満公の顔グラフィックって、結構格好良いよね。

167 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/10 19:32
戦国無双の主役じゃねーの?
明智が異常にカッコえーの。

168 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/10 22:14
無双の主人公格は幸村。
パッケでもキャラ選択時の並びでも、先頭にきてるから。
でもストーリー的には明智主人公っぽいけどね。
無双だし、当然のごとく史実とは全然違う設定とデザインな訳だが・・・。
言ってもぬかにくぎだよね。

169 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/16 19:11
生存説が残る武将

・源義経
・明智光秀
・真田信繁

他に居たっけ?

170 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :04/03/16 23:00
秀頼とか、

171 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 01:49
史学的には余り良質とは思えない、江戸時代に書かれた雑書に見られる、・・・光秀迫害の話も、まんざら、否定できない・・・。
そのような肉体的な迫害や恥辱だけでなく、精神的な迫害や恥辱も、いろいろ、信長からあたえられたに相違ない。
信長の重臣としての光秀の立場をなくし、面目を傷つけ、または、赤恥をかかせるようなことも、さぞ多かったであろう。
明智光秀は、いやしくも教養のある、インテリ武将であった。その面目をふみにじられて、いつまでも、ふみにじった人間に
あたまをあげられないような・・・足蹴にされても、知行をふやしてもらえば、それで我慢するといった腑抜けではなかった。
だから、おおげさに言えば、光秀は武道の面目上、主君信長といえども、これを、できるだけ成功し得る方法で打倒し、
その息の根をとめ、屈辱をそそぎ、鬱憤を晴らした、といえなくもないのである。
 こういうと、一種の怨恨説になってしまうが、単なる恨みではなく、武道の面目を傷つけられた怒り、というところに、
武将としての光秀の立場が、よく理解されるのではなかろうか。

172 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 01:51
信長は天下が欲しかった。秀吉も天下が欲しかった。光秀も天下が欲しかったのである。・・・
いくら光秀が天下を欲しがっていたところで、彼は信長の部下に過ぎない。・・・光秀は信長と争い得る兵力はない。
けれども機会さえあれば信長を倒し得ないことはない。今やその機会が与えられたのである。
信長は近臣数十人を率いて(いるに過ぎず、)信忠は馬廻りだけで(あり、滝川も柴田も羽柴もそれぞれ当面の敵と対峙していて、
仮に信長を倒した自分を攻撃して来るにしても)三十日、五十日を要すると見て差支えない。・・・このような状態で、いま信長を倒すことはたやすいことである。
・・・信長を倒すのには、今のような時期はまたと来ないであろう。天下を取るのは・・・今をおいてほかに機会はない。こう光秀は考えたのではなかろうか。・・・
 (そう考えるに至った理由は)まず第一に・・・ライバル秀吉の躍進振りである。・・・(これまでは)大体光秀の方が秀吉よりも(出世の点で)先行して来た。
ところが・・・最近の形勢は・・・秀吉の方が先行するような気配がないでもない。・・・そして信長の性格についても考えたであろう。・・・
信長は何を考え、何をたくらみ、何をするか見当がつかない・・・(佐久間)信盛・(林)通勝の追放(などを考えると)・・・家臣は安心して信長の下では働けない、・・・
もうこの辺が止りだ、そんな気がしたのではないかと思う。

173 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 01:52
私は、明智光秀は信長との主従関係をこえる大義のために立ったと考えている。天正10(1582)年に武田勝頼は滅び、
毛利輝元が信長に降るのは時間の問題となった。あと一歩で、信長は日本を統一する。
そのとき、公家たちは信長に対抗できる大名がいなくなれば、信長は皇室の利用価値がなくなったと考え、
天皇にとって代わろうとするのではないかと恐れた。いまのうちに信長を除かねばならない。そう思った公家たちは、
信長の家来で、自分たちに最も近い位置にいる明智光秀を使うことにした。
このとき、光秀と親しい堺の豪商、津田宗久らが公家たちの意向を受けて謀反をすすめたと思われる。


174 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 02:07
 光秀はインテリで礼儀正しく真面目な人物というイメージが定着してるけど、先進的な織田家の中でとはいえ、素浪人の分際から数年で城持ち大名
になったぐらいだから秀吉に負けじ劣らず相当な策士だったのは明らか。常に自らが天下を獲るチャンスをうかがっていたはずである。
 ただ十分な準備をする前に思いかけずビッグチャンスが到来してしまったのでとりあえず信長を葬るのには大成功したが、その後が準備不足で
うまくいかなかった。でもわずかなチャンスを見逃すことなく果敢に行動した光秀の勇気を私は賞賛したい。信長も潔い男だったから
光秀ようやった、さすが俺が目にかけたことだけはあるわ、と爽やな気持ちで逝ったに違いない。

175 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 03:44
美形のイメージだね
のぶやぼでも美形だし

176 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 03:49
信長ほど執念深い男はいない。
そうでなきゃ一代であれだけ勢力を拡大できない。

177 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 13:14
>>163
佐久間への叱責では
明智光秀は丹波を攻めとって天下の面目をほどこした
次に羽柴秀吉は山陽道数ヶ国を攻めとって比類無き働き
池田恒興は天下の誉れ・・・
とか書かれているが
先頭に光秀が来ていてその次に『次に羽柴秀吉』ときてるから
81年頃での功績は光秀がトップだったのでは?
もっとも漏れにはこの叱責状の正確な意味は分からないから
訳し間違えているかもしれないが

178 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 13:23
一向宗に対する行動を見るととても伝統や格式を尊重するような保守的な
人間には見えない

もっとも信長同様、伝統や権威の利用価値があることは知っているみたいだが

179 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 13:37
>>177
大方、あっていると思う。
光秀の丹波・丹後平定は、その間に何年も信長の命令で東奔西走
させられた末に、それでも秀吉ほど他の将領の加勢を得ないで成し
遂げたわけだから、秀吉よりも高く評価されていておかしくない。

ついでだけど、光秀は、天正三年以降は明智ではなく惟任になるかと。

180 :177:04/03/19 13:48
>>179
思いっきり意訳&省略して書いたからねw
惟任は一発変換できないし

181 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 13:55
>>180
すまなんだ……。

182 :177:04/03/19 14:29
>>181
いや別にわざわざ謝らなくても

183 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/20 21:28
当時の戦国武将は大抵五十すぎりゃ基地外になってたから
光秀も狂ったのだろう♪

184 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 07:37
毛利に無事届いていたらどうなった?

185 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 07:38
羽柴はすぐにはもどってこれんだろ。

186 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 07:42
とすると最初に京都にのぼってくるのは柴田か
柴田相手なら勝てたかな?

187 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 07:51
勝敗以前に、勝家ならすぐに仕掛けなかったのでは?

188 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:15
>>187それだったら光秀が畿内を平定する時間が稼げて好都合ですね。
秀吉が返してこなければ細川も筒井もすんなり帰順させれたはず。


189 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:16
秀吉が本能寺の変を知ったルートとして、
細川から連絡が行ったのではないかと指摘する人もいる。
とするとどちらにしろ秀吉は帰ってくるのでは。

190 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:22
>>189 毛利にも伝わってるのに毛利がすんなり返すかな?


191 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:31
すんなり返すと思う。
毛利が大軍を引き連れていれば、秀吉なんかさっさと追い払って
高松城を救援していたはず。
あの場には、秀吉を追い払うのも難しい程度の兵しかいなかった。
多分、大内に対する備えとかのせいで。
高松城囲まれたまま事前に約束も何も無い光秀のために
秀吉を足止めするよりも、秀吉に恩を売ってとりあえず中国の
支配を回復した方が良いのでは。

192 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:33
大内→大友

193 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:38
隆景はそう主張したかもしれないが吉川元春がそうしたかな?本能寺のこと
が分かっている状況下で隆景が主戦派を抑えきれたとは思えない。

194 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:42
それまで秀吉を追い払う事も出来なかったのに、
主戦派とか言っても・・・

195 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:47
秀吉には前ばかり見ていられないハンディがつくと思いますがそれでも無理かな?

196 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:53
和議を結んでおいて追撃というのが一番成功率の高い攻撃だが・・・

197 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 08:59
秀吉にしても、すぐ引き返せば勝算があると思ったから
引き返したんでしょ?
毛利が秀吉の和議要請を突っぱねて争うぞってんなら、
秀吉が光秀に恭順を申し出たりしてw

198 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 09:06
秀吉が史実のように神速で戻ってこなければ細川も筒井も光秀についたはずなので
秀吉が帰ってきても勝てた

199 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 14:21
1週間ほど遅れてれば丹羽や信孝の四国遠征軍は壊滅してたんじゃねーの
そしたら摂津の武将は一応光秀に従うだろう、そしたら秀吉は摂津に入ることも
できなくなっていたのでは

柴田の方は越前から近江への侵入路である柳ヶ瀬とかを押さえられているか
突破は難しいし、美濃からの侵入路の関が原も押さえているから、家康滝川が来ても
時間は稼げる、東海道の水口が反光秀の蒲生に押さえられているから
秀吉を播磨に封じ込めていれば光秀の当初の目標になっていたかも

200 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 01:13
細川は光秀が大嫌いだったから、手紙来てもすぐに拒否の意を示したんだよ
たしか秀吉が引き返す前だろ?手紙届いたの
その時点でもう、光秀と縁きりたかったんだよ

201 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 04:34
>>199ほほう最初に戦う相手は丹羽・信孝と  戦場はやはり山崎あたりになったかな


202 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 04:36
重複
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1079463362/


203 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 08:07
>>199
>>201
秀吉が来ないんじゃ、勝手に崩壊してそうだけどね丹羽・信孝
その二人だけなら一万ぐらいで攻めこめば兵士は離散しそう。実際史実でも
崩壊寸前逃亡兵続出みたいだったし。

204 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 12:28
信孝は条件さえ揃えば有能になれる武将だと思ってる。なに気に。
トンカツはどんなに馬鹿されても異論なしだけんど。

205 :金魚:04/03/22 19:09
191氏に同意。
 元就が苦労して手に入れたモノを、短期間に覆してきた恐るべき秀吉と
ぶつかるよりも、手を結んだ方がおトク。という判断は、戦国時代後期
では常識的なものでしょうな。


206 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 19:40
>>205
自分もそう思う。
吉川元春を筆頭に主戦派は進撃を主張したけど、多くの豪族の連合で
構成されている旧態依存の毛利家の軍制では、中国筋から京畿までの
許容範囲を越えた長躯進行では、兵站の問題も相まって攻勢限界に達する
んじゃないかなって思う。
水路で支援もできるだろうけど、九州の状勢不安もあるしね。

207 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 22:29
>>203 単独の羽柴軍になら光秀は勝てたかな?


208 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 22:44
>>207
迎撃地点と近畿諸将の帰趨次第では?

209 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 23:16
>>208 やっぱり山崎? 近畿には誰がいたんですか?


210 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 05:54
光秀は愛妻家だったらしい。

211 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 07:19
光秀は子煩悩だったらしい。

212 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 08:42
秀吉に勝つだけなら問題無いと思う。
ただ光秀の敵は秀吉だけではないので、秀吉の軍を短期間に侵攻不可能
程度にまで叩かなければ、柴田に近江に攻めこまれて滅亡。
秀吉としては光秀に勝たなくても主力を引き付けとくだけでいい、戦後の発言力は
落ちるけど。

213 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 09:54
>>209
摂津には、伊丹城主・池田恒興を筆頭に、茨木城主・中川清秀、
高槻城主・高山右近。
堺にも、四国遠征予定だった織田信孝、惟住長秀、蜂屋頼隆。
大和には、郡山城主・筒井順慶。
更に、安土城から信長の眷族を保護した、蒲生賢秀が日野城に篭城してる。
少し遠ければ、伊勢には信雄と信包。

江南の要衝である勢多城は確保したみたいだけど、明らかに四方に敵を
抱えたままの兵力不足。
せめて中川清秀と高山右近を自陣に取り込んでおければ、時間稼ぎくらいは
できたかもしれないけど、光秀は筒井順慶や細川親子を恃みにしすぎて、
時間を浪費した感がある。
女婿の津田信澄とはなんの連繋もみられないし、光秀の立場で考えると
非常に厳しいよね………。

214 :212:04/03/23 10:29
書き忘れてたけど、秀吉単独が相手ならという意味でね
摂津などの武将が中立や不参加という状況で

215 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 10:34
>>214
それはほとんどありえないんじゃない?

216 :212:04/03/23 11:08
というか207へのレスのつもりで書いたから

217 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 11:19
よくよく見たらそうだった……すまぬ………。

218 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 12:29
>>212 一勝でもすれば情勢がかわり味方がどっと増え柴田にも楽勝。一戦目はみんな様子見でどちらにも加勢しないだろうから。


219 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 17:09
>>218
徳川を忘れとる。
柴田や羽柴と違って背後を脅かされる心配がないから、
ほぼ全軍で攻め上ってくるぞ。

220 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 17:38
>>219
この時期の家康は2万を超える程度だと思うぞ、恐らく越前加賀能登の柴田軍は
3万を超えるぞ(佐々を押さえに残したとして)
それに徳川の背後は安全か?史実では甲斐信濃を巡って争ったぞ
もっとも伊勢尾張美濃からも徳川に付いて明智に対抗する連中が出てくるから
実際にはもっと多いだろうけど

221 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 23:48
>>219 史実では形だけの出兵しかしなかった


222 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/24 01:28
徳川家康なら、甲斐信濃での火事場泥棒に精を出すと思われ。
史実通りに。

223 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/24 07:42
まぁ秀吉倒したらかなり株は上がったろうな

224 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/30 22:59
まあなんだな、本能寺の変が起こったのは、
信長の光秀に対する仕打ちがあまりにもひどすぎたからだと思う。
どこの城かは忘れたが、和睦によって城を納めようとして、
その証拠として、光秀の母を人質としてさしだしたことがあった。
ところが信長はその約束を破り、敵さんの城を攻め滅ぼしてしまった。
その結果、光秀の母は、敵方によって殺されてしまったんだよな。
この一件が、光秀をして信長を終生恨ませる遠因になったともいえる。
これが一番目の理由。
いつぞやか、安土城に家康を招いて酒宴を催すことになったのだが、
その台所番として、光秀が当たることになっていた。
季節は夏の猛暑、食べ物は腐りやすく、その異臭は安土城一帯にたちこめた。
これが信長の勘気にふれ、供応の食物は皆、安土の堀に捨てられたしまったという。
家臣たちはこれを見て悔し泣きをしたというが、こればっかりは光秀を責めてみても、
仕方がないだろう、これが二番目の理由。
また、光秀はひどい下戸で、酒が一滴も飲めなかった。
それでも信長はわしの酒が飲めぬのかと、酒宴の席で酒を強要することが多々あった。
武功においては人後に落ちることのなかった光秀も、この一件に関しては、
相当深い恨みを信長に持っていたようだ、これが第三の理由。
まあ、これだけのことをやられたら、どんな人間でも怒るよなあ。きっと。

225 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :04/03/30 23:36
明智軍記か。

226 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/31 01:12
母親の件は創作じゃなかったっけ?

227 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/31 10:10
>>224
長々と乙。
いまだにそれを理由として挙げてるとは………。

228 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/31 23:36
あーケチ!3つ?ひでぇ!

229 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 00:18
まぁ、うわべだけの風見鶏、細川の屑を
信頼してしまったのが光秀の運の尽きだったね。
まぁ、細川家なんて権力者にとっては犬コロ同然だったから
適当に領地もらってノホホンとできたみたいだけど

230 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 10:26
まあ最近は世間的にもかなり株が上がってきてるね
ノブ野暮や無双でも能力は準秀吉クラスだし美形のイケメンだし

231 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 10:54
『群雄伝』の頃の能力値は凄まじかった。

232 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 11:14
光秀は妻にベタ惚れだったので側室を置かなかったらしい

233 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 13:03
&;hearts

234 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 15:54
たしか丹波の頃にはホントの母親はお亡くなりになっていたんじゃなかったか
差し出したのは乳母だとか何とか

235 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 23:50
>>234
その辺の呆けた老婆を母親に仕立てて出したという説もあるらしい。
差し出す前に本当の母親のように扱ってそう思いこませたらしいよ。

236 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :04/04/01 23:57
人質を差し出したという話自体が

237 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/02 03:45
>>236
>>234-235の日付をよく見ろ(w

238 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :04/04/02 23:04
ああ、そういうことか。
発端の>>224自体は別の日付だったからわからなかったよ。
みんな急にどうしたんだろう、って。

239 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/05 20:10
謎な人はかっこいいですわね。

240 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/12 23:53
惟 任 光 秀
11 6 6 7
総運 社会運 人生運 伏運 記事 総運の性格と運勢

30 △
12 ○
18 ○
25 ─ 波乱万丈運ともいい、投機などで大成功したかと思うと全部なくして犯罪に走るまでになる浮沈の大きい数運。畳の上では死ねないともいわれる不安定な凶数。

◎:大吉 ○:吉 △:小凶 ●:凶および大凶

何気に当たってるな

241 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/13 00:00
そうか 本能寺の変の原因は改姓だったのか

242 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/13 01:46
名前、名称を変えてから不運になったケースって
多々あるね。

ブラジルの遷都とかさ

243 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/14 21:32
http://soulth.cool.ne.jp/a-h.shtml
明智光秀変態推進委員会

244 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/17 13:55
光秀が剣の達人って設定はどこの誰がひっつけたんだよ?
アホか

245 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/17 14:46
>>244
無双の話?
司馬遼太郎の小説じゃないかと。

246 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/26 00:42
じゃあシバはうんこ
さしたる証拠も無いのに適当な事書きやがって

247 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/26 00:54
まあ小説なんだしいいんじゃないの^^;
司馬遼太郎も確か「草原の記」かなんかで
「こんだけ歴史的な資料がそろっている時代なので、かえって歴史小説は難しい」
とかなんとかいう意味のことを言ってたような。
彼も彼なりに2chに限らず、叩かれることは覚悟してたんだろうね^^;
大変だ。

248 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/26 09:58
いるよな………>>246みたいなのって。

249 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/28 09:35
先日「国取り物語」読みました。面白かった。
既出の早乙女貢以外で
光秀がよく出てくるお薦め小説ありますでしょうか。

250 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/28 10:02
>>249
よくでてくるなら、池宮彰一郎の『本能寺』。

251 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/28 11:28
池宮おもしろくないよ池宮
あれじゃただのバカじゃん

252 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/30 09:33
よく出てきてもバカは嫌だな…w
とりあえず早乙女のを読むことにします。どうも。

253 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/30 22:23
前に早乙女の幕末物の小説を読んだけど・・・。

幕末以外の小説はまともだったりする?


254 :ババァ:04/04/30 22:52
そんなかお にあいませんよ
み つ ひ で さ ん
さあ わらって

255 :無名武将@お腹せっぷく◇pXrclkhOSg:04/04/30 23:18
堺屋太一の「大いなる企て」(だっけ)。
本能寺の変前後の出来事を堺屋風に解釈した一冊。

256 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/03 00:49
>>249
俺はPHP文庫「明智光秀」徳永真一郎著
をオススメします。
戦以外の光秀の顔(家族ラブなとことか)が垣間見れて
面白かったですよ。

257 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/03 08:21
>>256

徳永真一郎はなぁ。
「明智光秀」のあと光文社の「浅井長政」読んだら、
何ページ分か、まったく同じ文章が出てきてたまげたことがある。

自分の著作の文章を使い回してるのはパクリとは言わないけれど、
最初、ものすごいデジャブだと思った。

258 :六角義弘 ◆0gHjoNa/tU :04/05/04 20:30
>>28
斎藤道三に仕えていて長良川の戦いで道三が負ける
その勢いで義龍が明智城を陥落させ光秀一族郎党は浪人になる
諸国を放浪しているうちに鉄砲の腕を買われ朝倉家へ・・・
その先はわかるでしょう

最後に遅レススマソ

259 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/04 21:24
>>249
光秀が主人公なら羽山信樹著「光秀の十二日」(新人物往来社刊)
も読んでみるといい。徳永真一郎よりは面白いと思った。ひたすら暗いけど。
それでもし面白かったら同じ作者の「第六天魔王信長」を読んでみよう。

260 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/04 22:02
光秀も秀吉も狡猾だから嫌いだ

261 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/05 01:01
桜田晋也さんの『明智光秀』なんてどうだろう?
光秀まみれで全三巻、いい人光秀とアレな信長の差がすごいけど
後、堺屋太一さんの『鬼と人と』も好きだ


262 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/05 15:36
つか、どの辺から光秀=いい人みたいな括りが出て来たんだろうな?
単に演技等で信長の対極役がいた方が物語が映えるから、
その辺の理由で、後世に人格が捏造されたような気もするのだが。

263 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/05 20:01
いい人扱いされるようになったのって、この20〜30年ぐらいの
最近の話ではないか?
それまでは単純に主君を裏切った極悪人扱いだったと思う。

光秀の評価があがる理由の一つとして、
「信長を持ち上げる為には、光秀も持ち上げておくほうが都合がいい」
というのもあると思う。
セコい裏切り者にあっさり殺された信長、という事になると、
それはそれで見栄えが悪いからな。




264 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/05 21:47
「明智光秀」 早乙女貢
「本能寺」 池宮彰一郎
「大いなる企て」「鬼と人と」 堺屋太一
「明智光秀」 徳永真一郎
「光秀の十二日」「第六天魔王信長」 羽山信樹
「明智光秀」 桜田晋也

249です。以上が名前の出た本です。
これ全部読んだら光秀マニアになれそうですね。
皆さんありがとう。

265 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/06 02:26
「大いなる企て」は光秀とは関係無かった。
「鬼と人と」の勘違い。
これ、絶版らしいので、書店で現品を買うしかない。

266 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/06 09:03
>>262-263
領国経営では治績をあげてて、領民の信望は高かったはずなんだけどね。

267 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/06 17:09
「いい人」と敏腕治世家は違うかと。信長も敏腕治世家だし。
厳しく、冷徹な所が無いと領地は治められんと思う。

268 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/06 23:50
Q1「あなたの名前はなんですか?」
A1「明智光秀」

Q2「お仕事は?」
A2「主に畿内を平定すること」

Q3「信長様に仕えるの、辛くはないのですか?」
A3「正直、めちゃくちゃ辛い。一度泣いた」

Q4「嫌いな人は誰ですか?」
A4「羽柴筑前」

Q5「本当ですか?」
A5「はい」

Q6「本当の事を言って下さい」
A6「御館様」

Q7「それはどうしてですか?」
A7「波多野親子の人質になった母を見捨てたから」

Q8「それはどうしてですか?」
A8「たぶん嫌がらせ」

Q9「細川ガラシャをどう思いますか?」
A9「顔は可愛い」






269 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/06 23:56
Q10「三七郎信孝をどう思いますか?」
A10「どっちかというと、忠興のほうを殺して欲しかった」

Q11「明智左馬介という鬼武者がいますが」
A11「意味わからん」

Q12「一番嫌いな味方は?」
A12「ヤスケ」

Q13「それはどうしてですか?」
A13「いや・・・誰でもあれはヒク」

Q14「丹羽長秀に一言」
A14「お前だけ官位ないぞ」


270 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/07 00:01
Q15「いやな思いでとかありますか?」
A15「前に同盟者が京見物に来て、宴を設けたら馴れ寿司が駄目な子で
魚だけ残されたら折檻された」

Q16「誰にですか?」
A16「御館様」

Q17「それはどうしてですか?」
A17「たぶん嫌がらせ」

Q18「山崎で秀吉に惨敗しますが、あれはその後どうなるんですか?」
A18「小栗栖で土民に刺された傷が元で死ぬ」

Q19「では首などはどうなるのですか?」
A19「本能寺で晒されたあと胴と繋げられて粟田口で晒される」

Q20「でも、徳川家中で見かけたという情報もありますが」
A20「えっ!!??」




271 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/07 00:25
>257
 山岡荘八の「織田信長」と「豊臣秀吉」にも全く同じ文章が
何ページにもわたって出てきました・・・。
 明智ネタでなくてスマソ。


272 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/07 02:36
>>268
なぜageる
そんなに自信のあるネタだったの?

273 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/07 18:10
268みたいなのを見ると、自作ネタを死蔵しておいて良かったと思う。
光秀も、本能寺で決起していなかったら、後に決起したほかの衆が
討たれていくのを見て同じ思いをしたのではないだろうか。

274 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/08 01:37
その場合は叛乱者を撃つ側に廻っていたのだろうな。
マテ、荒木の時、既に経験があるじゃないか。

275 :268:04/05/08 02:26
>>272
>>273
き、貴様ら!洞ヶ峠を決め込むのか!

276 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/09 13:16
>>275
洞ヶ峠にいたのは光秀タソ

277 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/09 13:53
南光坊天海になったってのは本当なのかね。


76 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)