5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【戦国】 本願寺家 【一向宗】

1 :下間頼照:04/03/06 18:42
親鸞を祖とする本願寺大谷氏。八世法主・蓮如の代に
飛躍的に教団強化に成功。戦国の世にも多大な影響を及ぼす。

蓮如〜顕如まで戦国本願寺を語るスレ。

2 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 18:43
関連一揆スレ

Pとゆかいな一揆たち
http://life4.2ch.net/test/read.cgi/yume/1077889457/

3 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 18:44
何で顕如までよ、もっと伸ばせ>>1

4 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 18:44
政教分離しろ!

5 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 18:47
>>4
それはイランに言え

6 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 19:44
西と東は和解した?





7 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 19:49
古今東西、宗教が政治に口を出すとロクなことにならない

8 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 20:26
光差

9 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 21:43
だれか、本願寺と下間の系図作ってくれ。

誰と誰が親兄弟なのかさっぱり分かりません。
だれか教えて下さい。

10 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 21:54
下間家は池田家と婚姻関係にある

11 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 22:01
蓮如は13人の男子と14人の女子、合わせて27人の子供がいた。
さすがに大物です。


12 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 22:12
蓮如が最悪なんだよ
コイツは親鸞に謝れ

13 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 22:52

蓮如の子・順如は大津の顕証寺。
     蓮乗は加賀の本泉寺。
     蓮綱は加賀の松岡寺。
     蓮誓は加賀の光教寺。
     蓮淳は伊勢長島の願証寺。
     実如に法王を継がせる。
     

14 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/06 23:06
親鸞  初代
善鸞     親鸞の長男
如信  二代 善鸞の子
浄信     如信の子

覚信尼    親鸞の娘
覚恵     覚信尼の子
覚如  三代 覚恵の子
従覚     覚如の二男
善如  四代 従覚の子
綽如  五代 善如の子
巧如  六代 綽如の長男
存如  七代 巧如の長男
蓮如  八代 存如の長男
実如  九代 蓮如の二男
円如     実如の二男
証如  十代 円如の長男
顕如 十一代 証如の長男
教如 十二代 顕如の長男(大谷派 東本願寺)
准如 十二代 顕如の三男(本願寺派 西本願寺)


15 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :04/03/07 00:45
共産党系の出版社から層化批判本を出している七里というライターがいるが、
子孫だろうか。

16 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/07 00:52
>>15
前にもその質問投げてませんでした?

17 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 01:46
>>1
グッジョブ。


さぁこいやバスタ等の朝倉スレッド残党たちよ。
越前・加賀といえば切り離せないのが一向一揆。

18 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 02:48
ズレたら御免。

        【宮内卿家】
下間玄英┬ 頼善 ─ 頼慶 ┬ 光頼 ┬ 頼総(丹後)
    . ..│         . │    .└ 頼芸
    . ..│         . │
    . ..│         . ├真頼 ─ 頼龍(按察使)
    . ..│         . │
    . ..│         . └融慶 ─ 頼資(頼允、上野正秀)
    . ..│ 【刑部卿家】
    . ..├ 頼永 ─ 頼包 ─ 頼康 ─ 頼廉
    . ..│
    . ..│ 【少進家】
    . ..└ 光宗 ─ 頼清 ─ 述頼 ─ 仲之(仲孝)

以上、KKベストセラーズ発行「織田信長 石山本願寺合戦全史(武田鏡村)」より

ところで、この系図を見ると、頼清と頼次(頼良の父)が兄弟っぽく書かれてるんですけど、
兄弟でいいんでしょうか? 詳しい方がいたらご教示を。

19 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 02:49
この系図、つーか、「この本の系図」です。一応訂正。

20 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 03:46
下間一族の名前はどうしても訓読みしたくなるんだが、やっぱり音読みじゃないと駄目だろうか?

21 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 06:18
音読みが主流のようだけど、俺も訓読みだと思う。

22 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 10:06
>>18

ご苦労!!ところで、頼照がいないけど彼はどうした?

23 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 10:25
「ライエイ」「ライホウ」「ライコウ」「ライレン」

下間一族、渋い!!あまり語られる事の無い一族だけど
現在も存続してるのですか?

24 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 10:26
●■▲加賀百万石を熱く語る!!!!!(日本史板)
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1077597184

加賀富樫氏(日本史板)
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1078473407

・・・誰の差し金だ?このスレの住人か?

25 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 11:18
下間氏は源頼政の後裔といわれている。
後鳥羽天皇が鎌倉北条氏を討伐しようとした時に、
部将として参加した多田三郎太郎が下間氏の祖。
多田は幕府方に捕縛された後、殺害されそうになった。
親鸞が北条氏に多田の助命を乞い死を免れたとされる。
その後、下間氏の子孫は代々本願寺家老を務めた。

26 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 13:20
如来大悲の恩徳は 身を粉にしても 報ずべし
師主知識の恩徳は 骨を砕きても 謝すべし


(奉だっけ? 報であってる?)

27 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/07 14:44
>>18
大坂城天守閣でやってた「石山合戦と下間仲之(なかゆき)展」のガイドだと

下間玄英┬ 頼善 ─ 頼慶 ┬ 光頼 ┬ 頼総(丹後)
    . ..│         . │    .└ 頼芸
    . ..│         . │
    . ..│         . ├真頼 ─ 頼龍(按察使)
    . ..│         . │
    . ..│         . └融慶 ─ 頼資(頼允、上野正秀)
    . ..│ 【刑部卿家】
    . ..├ 頼永 ─ 頼包 ─ 頼康 ─ 頼廉
    . ..│
    . ..│ 【少進家】
    . ..└ 光宗 ─ 頼清 ─ 述頼 ─ 仲之(仲孝) ─ 仲此 ─ 仲令

となってるから、それでいいと思う。

そのガイドによると
「仲之の遺品と多くの関係資料が下間少進家に伝わっていましたが、
 平成6年3月、縁あって、大坂城天守閣の一括入手する事になりました。」
どんな縁なんだろうと気になる。


28 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/08 00:50
お邪魔するよ。

朽木家から養子を繋いで現在に到る下間仲孝分家は現在まで相続してるね。
東京堂出版「宮廷公家系図集覧」によれば>>18>>27も正しいようで。

29 :27:04/03/08 02:22
>>28
朽木家と下間家って関係あったの?
ガイドでは仲此、仲令の後は仲潔までしか載ってないけど。
何時代に養子に入ったのかな?


30 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/08 04:08
というか、素人質問レスですが、

下間一族その子孫って、石山退去後はなにしてたの?
そのまま本願寺仕え?

31 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/08 04:14
自分でいっこ調べてみました

http://216.239.53.104/search?q=cache:UWkrMH7Og3YJ:wolfpac.press.ne.jp/harimashingu.html+%E4%B8%8B%E9%96%93%E6%B0%8F&hl=ja&ie=UTF-8


池田っすか!はぁ。
っていうか源氏だったのですか。


32 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/08 20:59
下間頼竜の子が池田家に仕えて姓も池田になってたとは!
これはすごいですね。

33 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/08 21:13
池田って創価学会の?

34 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/08 23:00
>>29前述の本から引用すると

仲孝―仲令―仲英=仲旧=仲潔(少進家継承)
仲旧は本願寺法如の四男。仲孝より続く少進法印を継承。
仲潔は九鬼隆郷の三男。法印ではあるが少進を名乗っていない。

仲英―仲矩―仲普=仲之
仲之は朽木道綱の庶子。文政年間に没してるそうな。

>>28「現在」が被ってた。失礼。

35 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/08 23:38
>>31のリンクでも分かることだが、一応>>18>>27に挙げられた「玄英」までの系譜。

源頼政―仲綱―宗綱―下間宗仲―宗重―来善―仙芸―長芸―慶乗―慶阿―玄英


36 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/09 01:41
しょっぱなから会話の成立しないスレだな。
おそらく1名が大部分を黙々と書き込み、
その他の者は単発質問レスをぽつりぽつり書き込むってパターンだ。
で、そのうち誰も質問レスしなくなると(w

37 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/09 02:01
>>36
ま、一名じゃないけどなw

38 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/09 04:34
>>36
しょっぱなは、会話成立してるぞ?ほれ>>4-7

朽木って源氏だっけ?
なんかそれぐらいしか縁を感じないんだけど、嫁とか行ってるのかな。


>>35
>源頼政―仲綱

ここって源氏本流の多田源氏家元(?)だよね。
仲綱のあとをなぜか、家系がちょっとはなれた土岐が継いでるという・・・。
なんでかねぇ。

・・・あ、じゃあ下間こそ源氏直流?

39 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/09 15:40
頼廉の活躍っぷりを教えてください。
なんか本願寺の中で、一際光ってる坊主の事を知りたい

40 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/09 17:17
本願寺というより下間家スレになってるな

41 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/09 17:42
まぁ、最初は下間氏の話題でもいいんじゃない?三戦板だし(w
本願寺関連はネタがないどころか本当は幅広い。
雑賀衆や村上水軍にも触れる事になるんでしょ、いずれは。

42 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/10 01:22
そこらへんは後々、マターリいこうや

43 : ◆DOQNIC1RWY :04/03/12 09:01
七里頼周には、金にがめついイメージしかない・・・

44 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/13 22:06
下間頼廉には鉄砲で撃たれまくった事しか思い浮かばない・・・
                 (BY ノブヤボ)

45 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/14 13:52
頼廉って何が凄かったの
ゲームでは必ず武力90以上ある。
でも捕らえても使う気しない。

46 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/14 13:56
大坂の「左右の大将」と言えば鈴木孫一重秀と下間頼廉。
信長はある時この二人を討ち取ったと宣伝したが、
二人とも普通にぴんぴんしていましたとさ。

47 :おぎまる ◆JJi5gOTcvk :04/03/14 15:15
下間頼廉は刑部卿法印として信長公記に登場しているが、
和睦の時に金を貰った話しか書かれて居ないなぁ。
光栄が何故高い武力を彼につけたのかはワカラン。
信長公記などによれば、
氏家卜全を打ち取ったのは下間頼旦だし、石山合戦で指揮したのは下間仲孝。
佐々成政や前田又左衛門といった織田の精鋭と渡りあったのは下間丹後。
多分、ゲームの頼廉に対する評価は「石山本願寺軍の実務のトップ」としての位置づけじゃないのかと
思うね。戦功がよくわかんないんだよ。

>大坂の「左右の大将」と言えば鈴木孫一重秀と下間頼廉。
すまん、どの本に書いてあったことなのか教えて欲しい。漏れはその話わからないんだよ・・・
手持ちの史料ではここまでしかわかんないんだよな。

48 :おぎまる ◆JJi5gOTcvk :04/03/14 15:35
正直、今の本願寺(西・東問わず)では平和運動を進めていることもあってか、石山合戦そのものについて
余り触れたがらないんだよね。以前は節談説教(仏教講談のようなもので、落語のように仏教を語る伝統芸能)の
レパートリーとして「石山合戦」は結構人気が有ったらしいが、節談説教は明治時代の本願寺改革の中で
やめることになったので、今では石山合戦語りの伝承者そのものが消えかかっている。

東京築地にある西本願寺別院(築地本願寺)の下に有る丸西宗教織物という本屋には相当な数の本願寺本が売っているのだが、
石山合戦に関連する書籍は1冊子供向けの漫画が有るだけだった。


49 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/14 16:56
>下間頼廉
陣配置から考えて、
塙直政を敗死させ、明智光秀を敗走させた本願寺寄せ手の一隊に、
頼廉がいた可能性はかなり高そう。

50 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/14 21:52
>>47

「信長の野望・武将ファイル」

51 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/14 22:32
>>47
山科言継「言継卿記」で「大坂之左右之大将」と呼んでいる。
他に吉田兼見「兼見卿記」や中御門宣教「宣教卿記」など。
特に「宣教卿記」によると二条昭実などは信長が晒し者にした
「鈴木孫一の首」を見物に行ったらしい。
もちろん偽者だが・・・

52 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/14 23:09
コーエーのゲームでは下間一族はみんな優秀だよね。
でも何か使わないんだな。顕如とか証恵は使いたくなるけど。

53 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/14 23:28
信長が10万の軍勢で攻めても落とせない石山本願寺を
ゲームで再現する、しかも本願寺の武将は限られている上に
史実では自由に行き来していた雑賀衆も石山に入れない。
となれば下間一族を優秀に設定するしか方法が無い。

54 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/14 23:47
今も東西本願寺は仲悪いの?
それとも交流ある?

55 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/15 08:40
>>52
俺は逆だなぁ。
本願寺は使う気になれんが、下間は使う。

56 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/15 22:45

下間頼旦には焼き討ちされまくった記憶がある。
あれは、どの信長の野望だったか?思い出せない。



57 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/15 22:46
hoge

58 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/16 14:06
>>54
言われてるほど仲悪くないんじゃない?
ウチは東本願寺系の門徒だけど、あえて言えば西本願寺はビジネスライクなところあるよね

59 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/16 16:26
>>55
流浪する教如は拾って家督を相続させると、家紋がいきなり「卍」になったのにはワロタ

60 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/16 19:10
少なくとも教如と頼廉、それに仲孝は使うね

61 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/16 19:38
むしろ内部の争いが酷いだろ

62 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/16 23:17
「諸人の彼(本願寺門主)に与える金甚だ多く、日本の富の大部分は
この坊主の所有なり、毎年甚だ盛んなる法会を行い、参集するものも
また甚だ多く、寺に入らんとして門に待つ者、その開くに及び競いて
入らんとするが故に常に多数の死者を出す」パードレ

63 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 00:25
>>62
踏み倒されて圧死しても極楽浄土に往生できるからいい!


思えば凄い時代ですな・・・

64 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/17 00:28
蓮如の庶子連中でさえ兄弟喧嘩が激しいというのはどうもね。

65 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 00:44
>>54
特に東西の仲が悪くはない。むしろ東本願寺の内部抗争がひどい。

西本願寺は、世襲の門主をいわば象徴にして、実務は別の者がとる
制度にしたが、東本願寺は組織の近代化が出遅れてしまった。


66 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 01:23
>>65
はあ?
東本願寺は門主にもはや何の実権もないよ。

67 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 01:27
>>66
今はそうだけど、以前ゴタゴタがあって、まだ尾を引いている部分がある。

68 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 01:29
>>67
評判の悪い連枝たちは教団から出て行ったぞ。
出て行った先で起こしてるトラブルなんぞ、門徒の俺たちには関係のない話。

69 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 01:34
>>65-68
そういう話は神社・仏閣板でやってくれないか?

70 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 04:17
頼廉が大砲隊を率いているときは楽でいいな

71 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 07:16
お西様門徒の僕は信長の野望で
本願寺家を何度も滅ぼしてしまいました。
こんな僕ですが極楽にいけますでしょうか?

72 :頼廉:04/03/17 07:25
ギルティ・・・

73 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 07:42
今でも東西本願寺には下間一族や七里一族がいるのかな?

74 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 09:36
私、一応浄土真宗の者です。

75 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 13:02
>>71
信心を獲得すれば極楽浄土に往生できますのでご安心を

76 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 16:57
ちと東西本願寺HPを覗いて来た。
東では門主様の写真集を売っていて、西では本願寺グッズを売ってました。w


77 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 17:45
おまいら専修高田派にも目を向けてくれや!!!

78 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 18:12
1回、破産してなかったか?>専修寺高田派
今どうなってんだろ?

話は変わるけど、俳優の植木等さんて
浄土真宗の住職さんじゃなかった?
確か、専修寺派だったと記憶しているんだが。

79 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 18:16
>>78
実家が寺というだけで長男ではないんじゃない?
そのあたりは永六輔も同じだな

80 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 18:19
顕如に3人の男子がいたことは知ってますよね?
教如、准如の間に・・・

81 : ◆KuSOoo.1M. :04/03/17 19:21
佐超?

82 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 19:33
>>80-81

【顕尊】
佐超。永禄7年(1564)〜慶長4年(1599)
真宗興正派本山・興正寺第17世。本願寺第11世顕如の二男。教如の弟で准如の兄。
永禄10年(1567)、興正寺第16世証秀の養嗣子となり、翌年住職となる。
織田信長に石山本願寺が攻撃されたときには父顕如とともに大いに戦った。
天正19年(1591)、興正寺を大坂から京都に移した。
慶長4年(1599)3月3日、36歳で死去した。

83 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 21:03
>>73
わたしは
父方・富樫傍系(かなり遠い)、母方・朝倉傍系(つーかモロ)なのですが、
いつの頃からか両家とも代々、浄土真宗です。


・・・どうやって生き残ったのかなんとなくわかりました(笑)
先祖おつー。

84 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/17 21:15
お西の隣のこじんまりしたお寺がそうですね
オールバック似合わんからやめれ(;´Д`)

85 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/18 00:48
>>82
興正派は蓮教―蓮秀=顕尊(顕如二男)―准尊―准秀―良尊…
と繋がっていくけど、その後、養子が入っているようなので、現門主は顕如と直接血縁
関係はないと思うけどね。

86 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/18 01:04
偏諱があるあたり、本願寺の法名・俗名は特徴的。

87 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/18 07:50
朝の勤行age

88 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/18 15:54
>>87
そろそろ夕方の勤行じゃないのか?

89 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/18 18:05
夕方の勤行age

90 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/18 20:57
>>47
頼廉って後年、秀吉によって本願寺町奉行に任命されてるよね。
それと隠居状態だった教如を復権させるため、家康に引き合わせる段取りを
組んだのも確か頼廉だったはず。
ちなみに頼廉の娘は荒木村重の側室だったよね。おそらく村重が叛乱を起こ
したときに殺害されただろうけど。

91 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 00:53
本願寺証恵(願証寺証恵)には「証意」という実子がいたけど、1571年に死没した
ようだね。
とりあえず、次に本願寺家でプレイするときには登録してみるか・・・

92 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 01:51
>>90
道糞・・・

93 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 10:56
>>90
村重の出家は、一向宗として出家?

94 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 15:13
>>93
荒木氏代々の菩提寺もあるだろうからな
確か村重が出家して、道糞と号したのは毛利領の安芸だよね
安芸は一向宗、現在では浄土真宗本願寺派の地盤が強いところでも
あるから・・・でも、どうなんだろうな?

95 :94:04/03/19 15:25
村重は茶器のみを持って単身逃走したよね
自他共に認める茶人武将として、信長に自慢の茶器は絶対に渡さん!
という信念があったのかな?
道糞(=道端の糞)という号には、村重のかなり苛烈な自己批判が満
ちているけど、後に道糞が秀吉に茶人として仕えるとき、利休や周囲
の人々が「それじゃあまりにも・・・」ということで「道薫」に改めさせたと
いうね

96 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 15:27
ここはイイスレだな…
正直、荒れてたら一緒に荒らしてやろうと覗いてみたんだが
何とタメになるスレなんだ(°Д°)クワッパ!

ここは、俺の負けだ
素直に退散する

97 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 15:52
教如は関ヶ原のときに家康のところに陣中見舞いに出向いているよね。
当時、教如は隠居状態だったけど、門徒の中には教如を支持する人々も少なくなかった
ようで、宗門内で隠然たる権威を持っていたようだし、彼自身もまた復帰を目論んでいた
節がある。
彼は畿内で得た情報を逐一家康に流していたようだけど、その時には本多正信あたりが
窓口になっていたのかも知れない。
とはいえ、本願寺の情報網が家康のそれに勝っているわけもなく、家康にとってはそれ
ほど利用価値のある情報は少なかったようだが・・・

一方、准如も兄の教如同様、家康のところに陣中見舞いに出向こうとしたが、側近たち
に止められてしまい、戦後、戦勝祝いに出向いたけど門前払いを食い、献上品を踏みつ
けにされたとか。

98 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 16:01
「信長の野望」の最近の作品には准如って登場してないよね?
俺は反信長のところがあるから、徹底抗戦を唱えて石山本願寺に
籠城した教如や荒木村重、雑賀衆あたりはけっこう好きなんだけ
どね。

99 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 16:08
>>1

>1 名前:下間頼照 04/03/06 18:42
>親鸞を祖とする本願寺大谷氏。八世法主・蓮如の代に
>飛躍的に教団強化に成功。戦国の世にも多大な影響を及ぼす。
>
>蓮如〜顕如まで戦国本願寺を語るスレ。

おいおい、よく見たら教如ネタはスレ違いってことか?
教如だけでも十分に語る価値のある人間だと思うけどな

100 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 16:35
池上&工藤の『信長』では、教如が籠城した石山本願寺は信長軍の攻撃を
受けて落城したことになってるな。
しかも、その時に側近が教如の身代わりになって討ち取られてる。
実際の石山本願寺は教如が退去した後、何者かによって放火されて灰燼に
帰したはずなんだが・・・
おそらく信長に土足で踏みにじられ、破却されるくらいなら・・・と、本願寺側
の人間が火を放った可能性が高いように思うが。

101 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/19 18:15
しかし、皆さん詳しいでつね。門徒の方でつか?
私の家はお西門徒なのに本願寺の事は武将FILEでの知識しかありません。

102 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/20 00:30
むかし遠足で行ったサニーワールド・長島は見事に焼き討ちされてしまいました(泣)。

加賀温泉に長島温泉。

温泉三昧で極楽極楽。

103 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/20 12:28
教如は石山退去後、顕如のいる鷺森に移っているけど、その後まもなく顕如の
許を去って諸国を回っているよね
といっても、その動きはあくまで反信長的だったようだけど

104 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/20 12:34

本能寺の変に何らかの形で絡んでるということはないのかな?>教如

105 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/20 15:55
お彼岸age

106 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/20 17:24
>>101
俺の家は東本願寺(=教如)系列の門徒だね

107 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/20 17:52
夕事勤行あげ

108 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/20 21:12
>>103
確か越前あたりで再び蜂起しようとしたって話があるよね、教如は

109 :下間頼照:04/03/21 01:13

教如ネタは顕如がらみなので、もちろんOKです。


110 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 01:15
>>109
顕如のセガレから出たセガレだからね

111 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 01:31
確か蓮如って「南無阿弥陀仏」の名号の掛け軸を書きまくって、そのお布施だけで
石山本願寺を建てちゃったんだよね。

112 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 02:01
いかりや長介さんが亡くなったそうで・・・

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・

113 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 02:25
通夜、告別式にも対応できる本願寺スレ……

114 :義昭:04/03/21 04:03
こちらにお邪魔しますよ・・・っと

115 :顕如:04/03/21 04:09
>>114
できれば早めに毛利領に行ってもらいたいんですけどね・・・

116 :下間頼龍 ◆4/36TAKEdw :04/03/21 10:34
騎馬軍団に対抗して本願寺教団でも起こしますか?

117 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 10:39
>>99
スレタイの説明に問題がある。
蓮如〜本願寺分裂までに修正希望。

118 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 14:48
>>117
教如ネタが可なら、彼が当事者である東西分裂も当然含まれるはず。
まあ、細かいことに拘らなくてもいいんじゃない?楽しもうよ。

119 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 16:04
信長の野望(嵐世記)で一揆が起こると、願泉寺頼盛とか架空の坊さん武将が
大勢出陣してくるけど、実際の一揆軍の基幹兵力は門徒の土豪や地侍、それ
に農民じゃないの?とか思ってしまう。
放っておくと、三河の本証寺の要人に本多正信や渡辺守綱が加わっていて溜
飲を下げるけど。

120 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 16:39
秀吉に柴田勝家領での一揆を要請されたけど断ったって本当?

121 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 16:40
下間頼総なんて香具師もいたよね

122 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 16:45
>>120
誰が?

123 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 18:42
>>122
頼総は頼慶の孫。
頼総は法名を「証念」といい、しかも官途名は下間家の嫡流の「丹後」であるから、
本願寺内衆の頂点に立つ人物だった。
永禄9年に朝倉義景が加賀に侵攻し、半国を占領すると、顕如は全国に檄文をと
ばして加賀戦線への応援を依頼するが、なかなか戦局は好転せず、膠着状態に
入ってしまった。
そこで顕如は頼総を加賀に下向し、一揆軍の総大将に据えた。これにより戦局が
動き、翌10年一揆軍は戦線を越前国境まで押し返し、さらに越前国境を越えて
逆侵攻する勢いを示した。
結果的に足利義昭の仲介で休戦することになるが、以後、本願寺内衆の加賀下
向が盛んに行われるようになったので、頼総はそれを加速させた人物であるとも
言える。

124 :123:04/03/21 18:43
失礼、>>121に訂正。

125 :123:04/03/21 18:45
頼総は元亀元年の第1次石山合戦でも総大将を務めている。
また、元亀2年8月に信長軍が近江に侵攻すると、信長と本願寺との休戦は崩
れ、顕如・頼総は加賀の一揆軍を近江に出陣させると共に、南近江おける防備
を固めるよう命じている。
しかし、信長軍の包囲により9月には近江の拠点・金ヶ森が陥落してしまう。
そして、この直後に頼総の姿は突如として消える。
元亀2年12月9日、本願寺内での異変を興福寺坊官・一条宴乗はこの模様を
「丹後も寺内ヲいらハれ候よし」
と伝えている。
すなわち頼総が寺内から退去させられたということである。頼総は同年11月
24日付で顕如が朝倉、浅井両氏に宛てた書状に添状を発給していることか
ら、その異変は突然起こったことになる。
原因は不明だが、金ヶ森陥落の責任を負わされたのか、それとも下間庶流に
よるクーデターで追われたのかも知れない。
頼総以後、下間嫡流は遠ざけられ、坊官が門主の法名から一字を拝領するこ
ともなくなった。また、複数坊官による官僚制度に移行していることから、おそ
らくは庶流によるクーデターの可能性が色濃いのではないだろうか。

126 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 19:47
>>120>>122
本願寺文書によると、加賀一国譲渡を交渉条件にして
一揆勢が羽柴方につくようにと、秀吉が取引を持ちかけてきたらしい。

顕如は早くから羽柴方支持を明確にしていたが、
加賀譲渡の件はその後どうなったのか良く判らない。

戦国期といえども本願寺自身は一貫して政治への関与に
消極的だったため秀吉の大胆な提案を遠慮したのかもしれない。

127 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 20:25
>>126
石山退去後の顕如は一貫して武装闘争を拒み続けていたから、
もはや本願寺が組織的に一揆軍を動かすことを「是」とはしなかっ
たんじゃないの?

128 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 23:33
>>126
宗教と一揆の恐ろしさを熟知している秀吉だからね・・・
一時の方便にしか思えんのだが・・・

129 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 23:34
織田信長も加賀半国を本願寺の寺領として引き渡す事を
大坂明け渡しの条件としていた。
が、もちろんその契約は履行されていない・・・

130 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 23:39
本願寺というと加賀一向一揆とイメージが直結してしまうけど、門徒衆は別に
本願寺の家来じゃないからね。
現地の首謀者たちと下向した坊官がトラブルを起こすことも珍しくないし、信長
軍が府中を陥落させたときなど、まさにその間隙を突かれた格好だった。
一揆軍とて決して一枚岩じゃないんだよね。

131 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 23:44
>>128
>宗教と一揆の恐ろしさを熟知している秀吉だからね・・・

信長死後、秀吉は寺社勢力に対して意外と融和策をとっている。
かつて信長から安土宗論で打撃を受けた法華宗も、
宗論敗北後に施行された禁止令?か資産凍結?だったかを
秀吉に解除してもらってる。(うろ覚えでスマソ)

132 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 23:48
>>131
その代わり門徒、信徒層の武装解除にも怠りないよね

133 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 23:57
信長もそうだけど、寺社が武装して領主に対抗しようとすれば容赦なく叩き潰すけど、
単に宗教活動だけしている分には別に問題にしないんだよね。
家康は寺社の持っている地域ネットワークを逆手に取り、戸籍など人民の統制(檀家
制度)手段として大いにこれを活用していくわけだけど。
教如を復権させる代わりに、本願寺を東西に分裂させたあたりのやり口は見事だよね。
当時の日本最大の宗教団体を真っ二つに分断したわけだから。

134 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/21 23:59
>>130
石山合戦の後半になると村上水軍も門徒勢として参加してきたが
下っ端の兵が古参の雑賀衆と衝突を起こす事件も発生した。
雑兵同士のいさかいといった程度なので、
それほど深刻な衝突では無かったみたいだけど。

大所帯&各自判断の自発参加なので、
大名勢力のような階層構造の組織力は弱かっただろうね。

135 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 00:02
>>133
本多正信が帰参して家康陣営の腹黒さに磨きがかかってたしね(w

・・・正信はどういう見解だったのだろう?東西分割の時。

136 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 00:02
本願寺の坊官は基本的に宗門自体の防衛に、一揆に参加している門徒は自分たちの
地域の防衛が先に立つんじゃない?

137 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 00:21
>>135
本願寺の牙を抜きながら手なずけたい徳川家と、門主としての復権を目指す教如
のそれぞれの思惑が見事に一致していたからね?
石山合戦末期には顕如に従う講和派と、徹底抗戦を唱える教如に従う徹底抗戦
派とに真っ二つに分裂しているし、それを知らない正信ではないよね。
隠居したとはいえ多数の寺院、門徒から根強い支持を受け続ける教如を担げば、
教如派寺院、門徒がそれに従い、巨大な宗門を二分させることができると正信は
読んでいたはず。
ちなみにウチの所属している寺院は、天正年間に教如の布教活動により浄土真
宗に転向し、教如に従って本願寺派から離脱したと住職さんが言ってたな。

138 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/22 00:23
>>135
徹底したリアリストに変質していた正信に、分割に対する悩みなどなかったのでは。

139 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 00:27
>>138
秀吉の息の掛かった准如より、親徳川派の教如を擁立したいわけで
分裂もやむ無しという感じじゃないの?

140 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 00:40
正信の帰参はいつよ?

@.石山合戦以前に帰参して姉川戦で武功を立てた説
A.本能寺の変後に帰参した説
上のように大きくわけて2つの説があるらしいのだが。
家康謀臣としての行動を文書で確認できるのは天正10年以降らしいね。

141 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 00:45
あれ?
本能寺の変後、堺から三河への脱出する一行の中に正信の名前が
あったように思うが?
記憶違いか?

142 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 00:53
どうも合戦で武功を立てる正信はイメージが沸かない…

143 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 01:01
正信って姉川の戦いで武功を立てたか?
手柄をあげようと前進しすぎて、敵に捕らわれる寸前のところを友軍に助けられた
んじゃなかったか?

144 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 01:05
>>143
いわゆる一番槍か、それに類するものと認められたんじゃ?

145 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 01:08
スレ違いになるが。姉川の戦いで浅井軍崩壊のきっかけを作る横槍いれた武将って誰よ?
なんかいろいろ名前が挙がってて本当にやったのは誰やら・・・

146 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 01:31
>>144
聞いたことないな・・・

147 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 02:12
正信の帰参時期については元亀元年(1570年)が有力のようだけどね。
ちなみに徳川家を離れた正信は、一時期、大和の松永久秀に仕えていたことがあり、
久秀は正信を評して「剛に非ず、柔に非ず、稀にみる逸材」と高く評価したという。
なお、久秀が三好三人衆と謀って将軍義輝を殺害すると、正信は久秀の許を去って
加賀一向一揆軍の軍師となっている。
なお、徳川家に帰参したのは大久保忠世のとりなしによるものだったらしい。

148 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 02:25
久秀と正信がどういう会話を交わしていたのか・・・エラい興味あるな

149 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 03:11
>>144
どこでそんな話になったのやら・・・その説の典拠は何?

150 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 15:48
教如の正室(裏方)になった朝倉義景の娘はその後どうなったのかな?
確か離縁されたと聞いたことがあるけど……

151 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 16:42
>>150
http://www.jafukui.or.jp/jamap/tanbou3.htm
>義景には2人の娘があり、その姉娘を本願寺十一世顕如上人の子教如に嫁することを、
>和睦の条件とし、福岡吉晴に託し、加賀を通って本願寺へ連れて行ってほしいと頼んだ
>が、リーダーの福岡吉晴は土民の手で死んでしまった。
>その後姉娘は八杉木兵衛なる人に、石山本願寺へ連れて行ってもらったという。

152 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 17:05
>>151
何か輿入れにしては・・・という感じだな

153 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 17:41
頼旦って最近ゲームに登場しなくなった
嵐世紀の本願寺 凶悪過ぎ
嵐世紀 徳川家が一向宗出自武将を内包してる
ところで伊奈忠次って一向宗なの?

154 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 18:30
徳川家臣に一向宗が多いように見えるのは、
家臣の経歴に関する文書が充実しているからだと思われ。
実際にはもっと多くても良いんじゃないかな?ノブヤボの一向宗出自属性。
特に近畿・中国・四国。

155 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 20:10
>>153
一向一揆のときに父親と一緒に遁走したんじゃなかったか?

156 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 20:21
>>154
そりゃ確認できてないだけの話じゃねえの?
確かに中国地方では毛利の施策もあって安芸門徒が有名だが、それ以外では
教線としては弱いし、四国も然り。

お遍路さんで有名な四国は旧仏教エリアでいいんじゃねえの?

157 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 20:30
阿波の一部、播磨の一部にもゾーンは広がってるね。
しかし、一向宗は基本的には中〜下級武士クラスの信仰者が多くて、大名クラス
になると少ないんじゃないの?
となると、信長の野望に出てくる重臣クラスにそれを求めるのは……
ちなみに本多正信の入信は、彼自身の貧窮が切っ掛けだったとも言われている。

158 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 21:16
本多忠勝は、三河一向一揆以前は一向門徒だったらすい。
一揆に反対して宗旨替えし、家康のもとに馳せ参じたそうだが。
ソースは知らん。

>>156
>教線としては弱いし、四国も然り。
瀬戸内沿岸の場合、そうでもない。

>>157
>信長の野望に出てくる重臣クラスにそれを求めるのは……
下克上が凄まじかった地域はどうだろうか?
三好家中あたりは、経済的利益ほしさに一向宗になっていそうだが。

>ちなみに本多正信の入信は、彼自身の貧窮が切っ掛けだったとも言われている。
ソースきぼんぬ。

159 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 21:28
http://wolfpac.press.ne.jp/kazoku06.html
真宗の門主って、明治政権下では神職と同様の待遇で華族に
なるんだよね。英の司祭に対する待遇に倣ったそうだけど、
門主権威の俗っぽいイメージに拍車をかけているよな。

大谷派、本願寺派=伯爵
木辺派、仏光寺派、高田派、興正寺派=男爵

160 :下間頼照:04/03/22 22:15

ほほう、本願寺大谷氏だけが伯爵ですな。

161 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 23:00
>>158
交通の発達した地域には伝播し易いだろうが、それは他宗も同じこと。
組織立って領主に対抗できるほどの勢力ではないでしょ。

162 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 23:04
>>158
>三好家中あたりは、経済的利益ほしさに一向宗になっていそうだが。

まあ、本願寺と友好関係を結ぶことと、一向宗の門徒になることはまた
次元の違う話じゃないかな?
切支丹などは貿易利益のための俄か信者もいただろうけど

163 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 23:08
>>159
とは言いながら、後に廃仏毀釈でとんでもないことになるんだが・・・

164 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 23:43
>>163
廃仏毀釈は、明治維新の後にもあったのか?

165 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 23:46
>>160
「本願寺大谷氏」という呼び方は播磨屋っぽいね

166 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 23:51
>>164
ご冗談を・・・
明治元年(1868)3月以降に発せられた神仏分離令により、全国規模で寺院や仏像、
仏具などが破却されたのをご存じない?

167 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/22 23:53
>>163
時系列がよく判らんな・・・。「後に」は、いつの後だ?

168 :164:04/03/23 00:03
>>166
とりあえず、落ち着け。
過去レスや>>159のリンク先の年号を良く嫁。

169 :166:04/03/23 00:15
>>164
落ち着くも何もないんじゃないのかな?
そちらの「廃仏毀釈は、明治維新の後にもあったのか?」という表記だけを
見れば、文意的に「明治維新の後にはなかったが?」と受け取れる。
少なくとも俺はそう受け取った。
それゆえ>>166のようなレスになった次第。
ちなみに俺は>>163ではないのであしからず。

170 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:22
明治維新の定義を知らんヤシが多いのかな?
明治維新の期間を以下に示す。

狭義:元治・慶応の討幕運動から明治4年の廃藩置県
広義:天保の改革から明治憲法成立の明治22年
※「国語大辞典(新装版)ゥ小学館 1988」より引用

171 :159:04/03/23 00:25
俺も間違えてるな。司祭じゃなく司教だよね。

家康は、浄土信仰の思想自体には割と親和的だから
一揆平定後の収拾もスムーズだったのか、などと
余り深く考えずに書き込んでみよう。

172 :170:04/03/23 00:26
・・・厨の増える季節だから仕方ないか。
おまけに、ここは三戦板だしな。

173 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:28
>>170
>広義:天保の改革から明治憲法成立の明治22年

いくら何でも広義過ぎやしないか?
下手すると水野忠邦あたりまで維新関連の人物になっちゃうじゃんw

174 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:31
>>172
大体、三戦板で何で「廃仏毀釈」なんてやってんだ?w

175 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:33
確認しておこう。

1 名前:下間頼照 04/03/06 18:42
親鸞を祖とする本願寺大谷氏。八世法主・蓮如の代に
飛躍的に教団強化に成功。戦国の世にも多大な影響を及ぼす。

蓮如〜顕如まで戦国本願寺を語るスレ。

176 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:35
別に親鸞直系総合スレでもいいじゃん

177 :170:04/03/23 00:36
抗議の方は、私でなく小学館もしくはマイクロソフトまでお願いします(w
>>170はガセレスではないので、一応書いとく。

178 :159:04/03/23 00:36
俺のせいかな。ごめんなさい。

179 :175:04/03/23 00:37
99 :無名武将@お腹せっぷく :04/03/19 16:08
>>1

>1 名前:下間頼照 04/03/06 18:42
>親鸞を祖とする本願寺大谷氏。八世法主・蓮如の代に
>飛躍的に教団強化に成功。戦国の世にも多大な影響を及ぼす。
>
>蓮如〜顕如まで戦国本願寺を語るスレ。

おいおい、よく見たら教如ネタはスレ違いってことか?
教如だけでも十分に語る価値のある人間だと思うけどな


109 :下間頼照 :04/03/21 01:13

教如ネタは顕如がらみなので、もちろんOKです。

180 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:39
>>176
いるんだよね・・・必ずそういうことを言い出す香具師がw

だったら日本史板か神社仏閣板でおやりなさいよ

181 :176 ◆KILLpKaaAA :04/03/23 00:40
このスレは寛容にお願いしたい。
半分下間氏で消費してるのに今更ねぇ。

182 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:42
>>180
終いには「大乗仏教総合スレ」くらいまで拡大解釈されていくんだろなw

183 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:46
>>181
戦国期の本願寺大谷氏を語るのに、坊官の下間氏を語らなくて
どうするんだよ。
関東公方を語るときに上杉氏を語らないようなものじゃない?

184 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:47
>>182
まあ、「方便」の世界ですからw

185 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/23 00:50
坊官ならば七里頼周の出身に興味がある。
手許に史料もないので、なぜ名前が散見されるのかよくわからん。

186 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 00:57
>>185
元武士じゃなかったっけ?三河守

187 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 01:22
>>185-186
はじめは本願寺の青侍(身分・官位の低い武士)に過ぎなかったよね。

188 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 01:59
>>150-152
義景の娘で成人したのは2人。
1人は教如と結婚したけど、間もなく朝倉家自体が滅亡しているので離縁された可能性
が極めて高いよね。
義景の娘の1人は確か上杉謙信の養女として村上(山浦)国清に嫁したというから、彼
女が教如室に該当するのかな?
それとも越中・勝興寺第10世佐廉に嫁した娘がそれにあたるのかな?

189 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 06:41
勝興寺といえば、昨年⇒今年のNHK「ゆく年くる年」でTV中継に出てたはず。
だから何なんだと言われると困るが。

190 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 07:00
>>158
三好は日蓮宗じゃないか?
長治が日蓮宗を阿波で強制しようとして、大混乱になったことがあるはずだ。

191 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 09:47
>>190
法華騒動のことだね。
三好長治による日蓮宗への強制改宗政策に対しては、阿波に地盤を持つ
真言宗諸寺院が猛反発している。
そして持妙院が三好家に対して宗論を求め、これが認められたため、真言
宗側は高野山から円正を招き、さらに宗論に備えて僧侶、山伏など3千人
を集結させた。
一方、日蓮宗側も京の頂妙寺から日bを招き、各地から僧侶を集結させて
対抗したため大騒動となる。
宗論の結果については、『三好記』などでは真言宗側の勝利と記録されて
いるが、日bの『己行記』などでは日蓮宗が勝利したという認識に立ってい
るようだ。
しかし、実際には長宗我部勢による阿波侵攻が始まっていた時期でもあり、
国内に無用の混乱が起こることを恐れた篠原長房が仲介に入り、引き分け
ということにして日蓮宗の僧侶たちを退去させたため、事実上、真言宗側の
勝利と判断して良いのかも知れない。
当然、長治は強制改宗を撤回しなければならなくなった。

192 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 10:24
>>191
日bって安土宗論で浄土宗に敗れたときに袈裟を剥ぎ取られた香具師だよね

193 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 19:06
俺の家の本家が浄土真宗本願寺派の寺やってる。
信長嫌い?って聞いたら別にだって

194 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 19:10
>>193
母親の実家が石川県の浄土真宗のお寺さんなんだけど、従姉弟は「利家とまつ」
を毎週欠かさず見ていたそうです。

195 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 19:19
>>193
それって地域性があるんじゃ・・・と思ったら>>194で見事に
否定されてるしw
遠い過去の歴史上の出来事という感覚なんじゃないの?

196 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 19:52
そんなん根に持ってる人達ばかりだったら、日本は紛争だらけだな。

197 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 20:08
>>188
佐廉って諱でしょ。
時期的に見ると、顕幸あたりのことなんじゃないかな?
ちなみにゲームに登場する勝興寺顕称は顕幸の養嗣子。

198 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 22:19
>>195
前田家300年の統治で骨抜きにされたのだろう。

199 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/23 22:38
長谷川町子の墓も骨抜きにされたけどね

200 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/03/23 23:47
200

201 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/24 02:22
>>151
元亀3年(1572)3月に「教如と朝倉義景女との婚姻につき顕如が返礼」している
ので、輿入れはこの時期なのかな?
翌年には朝倉氏が滅亡しているから、極めて短い結婚生活だったと。

じゃあ、教如の跡を継いだ宣如は一体誰が産んだんだ?

202 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/24 06:54
>>198
そう言えば、金沢には「忍者寺」と呼ばれる日蓮宗の寺があるな。
幕府と一戦交えることを想定して、前線指揮に使う目的で建てられた
らしいけど。
拝観料高いし、やたら商魂逞しい寺だった記憶がある。

203 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/24 07:29
朝の勤行age

204 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/25 16:14
>>202
妙立寺だろ?行ったことある。
ご丁寧に藩主が切腹するための部屋まであるんだよなw

205 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/25 17:42
勝興寺は瑞泉寺と並んで本願寺の越中の拠点だったよね。
永禄3年に神保氏が上杉謙信に敗れ、富山城を失ってからは、10年以上
にわたり謙信の西進を阻んでいる。
謙信と和睦して以後は対信長戦が中心となり、石山合戦末期の天正9年、
顕幸は顕如の要請により門徒衆を率いて石山本願寺に登っている。
だが、その留守を狙った信長方の越中木船城主・石黒左近が顕幸不在の
勝興寺を襲撃したため勝興寺は焼失してしまった。
後に顕幸は佐々成政と和睦し、神保氏張から古国府城を譲られて再興し
ている。

206 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/25 22:33
>>199
王監(ry

207 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/25 22:47
顕幸の生没年は1555年〜1604年だから、教如(1558年〜1614年)
とほぼ同時代、同世代の人だね。
となると、離縁?された朝倉の姫を娶ってもおかしくはないかも。

208 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/26 03:23
>>151
八杉喜兵衛って越前一向一揆の農民主導者の1人だろ?
石山本願寺まで農民に連れて行ってもらう姫様って……どういうことだ?

209 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/26 04:57
越前から石山本願寺に行くためには、織田領を通る必要が
あるからな。
とすると同じ本願寺門徒の勢力圏を通りながら、時には村
娘に扮装するなりしたんじゃないか?

210 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/26 08:52
教如関連でググッても出てこないね>義景の娘
もしやマイナス作用することを恐れて、教団側が故意にその足跡を抹消したとかw
法主様が離縁なんて、女人往生を説く浄土真宗的にはイメージ悪いしなw

211 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/26 10:23
系図で言うと小宰相(鞍谷刑部少輔女)との間に2女、小少将(斎藤兵部少輔女)
との間に1女が確認できる。
小宰相の2女のうち1人は早世し、小少将の1女は尼僧になった模様。
となると山浦国清に嫁した女性に該当する人物がいないんだよな・・・
典拠は「日下部氏朝倉系図」だけど。

212 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/26 19:34
     ___
   /    ヽ\
  │       │        
   へ-  ─ヾ  │       
    ─  ─   ∂ \     
  |  し 丶 √ │││
  | ト-=ヽ  │ ││    
   \    /  │ │            
  / ゝ── /ノ  丿
  ( \__ /   /│

わたしは あおざむらい しちり
せっぽうはできませんが
いっきしゅうのひんしゅくをかえます

よろしければ
かがにはけんしてください


213 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/26 20:21
>>212
顰蹙買うだけなら頼照でもw

214 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/26 23:26
>>212
頼周ってなかなかの武闘派だったんだろ?
まあ、元・青侍ということもあるんだろうけど

215 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 00:33
七里頼周・下間頼照・杉浦玄任あたりの加賀方面に派遣された坊官連中って、
地位的には対等だったのかね?

216 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 03:15
>>215
どうなんだろね?
ただ、七里頼周が加賀国金沢御坊の坊官として派遣されているのに対して、
下間頼照は同じ坊官でも越前国に派遣されているからね。
したがって、2人はそれぞれ加賀担当支部長、越前担当支部長として諸事に
当たっていたわけで、上下関係というものが果たして存在したのか……
ちなみに七里頼周が三河法橋(三河守)を称したのに対して、下間頼照は筑
後法橋(筑後守)を称しているので、差は見られないよね。

217 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 06:44
越前からなら船にのって一旦但馬ぐらいまで回った方が
安全そうだな。

218 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 07:13
>>217
エラい遠回りだなw

219 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 07:22
>>218
むしろ、村上水軍に送ってもらうなら万事安心。

220 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 07:30
>>219
問題はどうやって安全に北陸から内海に入るか、だろな。

221 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 07:47
>>215
一向宗が越前を支配するようになると、頼照は越州守護に、玄任(壱岐守)は大野郡司に
それぞれ任じられ、頼周は上郡及び府中を支配している。
頼周は加賀において顕如の代官職を兼務?していたようだけど、頼照は守護の座にあっ
たわけで、扱い的には頼照の方が上位に来るんじゃないの?

222 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 18:27
義景の長子・阿君丸が1561年に7歳で病没していることから考えると・・・
姉姫(次女?)は教如より3〜4歳ほど年長ということになるのだろうか?
とすると、婚姻時には18〜19歳だったことになるな

223 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 18:33
しかし、教如も罪な香具師だねぇ
万難を排して、遠路はるばる嫁いできた姫様を離縁するなんざ……

まあ、彼の意思じゃないとは思うが

224 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/27 22:33
>>222
顕幸の生没年と比べると、確かに釣り合いは取れてるんじゃない?

225 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/28 01:46

義景の末娘は「比丘尼宗榮茲春」とあるね。
早世したというわけでもないようだし、といって結婚した様子もない。
朝倉氏滅亡後、成人前に尼僧になったのかな?

226 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/28 01:48
>>225
能登の方に逃れて出家したような気がする

227 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/28 01:52
>>226
どこの本にあったの?

228 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/29 00:37
朝倉氏の閨閥に関する優良な資料ってあります???

229 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/29 05:44
本願寺の名を借りた朝倉スレになりつつあるような・・・


ま、面白けりゃいいんだがw

230 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/29 06:11
<<229
本願寺に敵対した大名の雄として欠かせないからいいんじゃね?
まぁ、一番すごいのは政治的対立から本願寺と敵対したわけではなく、
一向宗がキライだからという理由で一揆勢を蹴散らした上杉謙信か。

231 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/29 06:23
>>230
彼の信仰の土台を見りゃあ、相容れないのは当然なんだけどな

232 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/29 06:49
>>230
え?

一向一揆と長尾家が険悪な関係となったのは、
祖父・長尾能景が、越中礪波般若野戦での傷が原因で死亡したことなどが原因。
長尾為景が一向一揆を仇敵として禁制を布いたため、領内の一向門徒の支持が得られず、
為景は叛乱への対処に多くの労力を費やさなければならなかった。

この反省から、景虎は禁制を緩めている。

233 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/30 00:15
顕幸は父が慶栄(勝興寺実玄二男)、母が細川晴元女と血筋に恵まれて
いるよね。
これで朝倉義景の女を娶っているとすれば、ほとんど戦国大名と変わらな
いお家柄という感じだな。
とはいえ、顕幸は養子・顕称を迎えているので、義景女との間に実子はい
なかったようだけど。

234 :無名武将@お腹せっぷく:04/03/31 17:42
>>225
摂照庵という草庵を結んで、一族の菩提を弔ったらしい。
摂照庵は安政年間に廃寺となり、清光寺(鯖江市)に移された位牌には
「元和九年癸亥三月十五日 南生院殿清変大姉淑霊 朝倉義景公姫三位局」
とあるから、確かに義景には出家した1女がいたことになる。

235 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 00:13
勝興寺に伝わる系図によれば左廉に嫁したのは姉姫、教如に嫁したのは
妹姫だったという。
ちなみに勝興寺への輿入れは天正元年だったとか。
教如に嫁したのを「細川右京兆ノ息女」とする説もあるようだけど……

236 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 02:28
>>222
阿君丸の没年は永禄11年(1568年)なので、その計算は誤り。享年7歳という記録か
ら逆算すると、阿君丸の生年は永禄5年(1562年)ということになる。
なお、義景の閨閥を整理すると・・・

1)長女  (生母:細川右京兆女)
  ※永禄2年(1559年)に六角義治と縁談を画策したが実現しなかった。
  ※そのあたりから推測すると天文16年(1546年)以降に誕生したと見るのが妥当か。
  ※『系図簒要』では教如室とされる。
2)二女  (生母:鞍谷刑部大輔女)
  ※早世。
3)三女  (生母:鞍谷刑部大輔女)
  ※一般的に教如室とされる。
  ※阿君丸の没年から見て、永禄3〜4年(1560〜1561年)頃の誕生か。
  ※とすると、教如室とするのが妥当では?
4)阿君丸 (生母:鞍谷刑部大輔女)
  ※永禄11年(1568年)に病没、享年7歳。
5)愛王丸 (生母:斎藤兵部少輔女)
  ※天正元年(1573年)、朝倉氏滅亡時に殺害、享年4歳。
  ※逆算すると生年は元亀元年(1570年)となる。
6)四女  (生母:斎藤兵部少輔女)
  ※尼僧・宗栄?
  ※愛王丸の生年から元亀2年以降の生まれということになる。

237 :236:04/04/01 02:37
『雲龍山勝興寺系図』では佐廉室が姉姫、教如室が妹姫とされている。
しかし、本願寺、朝倉両家の婚姻成立(元亀3年)の時期、教如との年齢的な兼ね合い
などから、妹姫にあたるのが四女であるとは考えにくい。
また、>>234の清光寺所蔵の位牌などからも、四女は朝倉氏の滅亡後に出家したと見
てほぼ間違いないのではないか。
よって『雲龍山勝興寺系図』にある姉妹の対象は、長女と三女に絞られることになるわ
けで、佐廉が教如より3歳ほど年長であること、佐廉の母が細川晴元の女であることな
どを考え含めると、細川家所縁の長女が佐廉に、三女が教如に嫁したと見るのが妥当
なのではないか。

238 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 04:51
>>236
つーことは、三女は斯波家のお血筋の姫様ってことね。

239 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 09:24
これだけネタふりしてんのに早く来いよ、渦中

240 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/01 12:17

来なくていいよ、渦中

241 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/02 11:06
教如内室の母、小宰相ノ局の生家である鞍谷家については、足利義嗣の末裔という
説があったり、斯波義廉の子、義俊の子孫という説があったりする。
しかし、今立郡守護という形で独自の支配権を有していたのは、『斯波家譜』によると
越前に招かれた奥州斯波家の一流だった可能性が高く、永正16年〜大永5年までの
発給文書に登場する斯波政綿が、その時期の鞍谷家の当主だったと見られている。
なお、『日下部氏朝倉家系図』によれば、朝倉貞景が鞍谷刑部大輔晴政に娘を嫁が
せているが、時期的に見ると、政綿−晴政と繋がるのだろうか。

242 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/03 04:40
>>241
となると、鞍谷刑部大輔嗣知は何者?という疑問が同時に湧いてくる。

243 :もとぷら ◆KILLpKaaAA :04/04/04 00:19
過去の朝倉スレで見たような気がする>>242

244 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/04 04:49
>>243
html化されてるのかな?

245 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/04 05:52
http://snapshot.publog.net/html/warhis/2003/11/26/045119.html
より引用。

>515 :朝倉渦中feat.パストマスターズ ◆0Uj4ASAQRA :04/01/04 15:04
>スレ違いが危惧されるためそろそろやめようと思いますが、
>一応「鞍谷家」の史料的記述を少し上げときます。。。
>
>「鞍谷系図」「越前名勝誌」(武生市史、民間伝承が支持)によれば、
>足利義満━義嗣━嗣俊(右衛門左)━嗣時(掃部頭)━嗣知(刑部大輔)
>
>また「朝倉始末記」などの系図によれば、
>敏景女 … 「鞍谷形部大輔副知室 武衛之末流」
>義景女 … 「母鞍谷形部大輔副知女(少宰相) 勝興寺顕幸室」
>
>「奥州斯波系図」には、
>詮教の子郷長(民部少輔・越前国鞍谷家相続)━義久(左京大夫)…義次(左京大夫・義久弟)
>_________________________________________________
>んでこれらを整理して斯波義寛後の越前守護(非公認)を見ますと、
>渋川義廉(義鏡子) ━ 義俊(鞍谷に居住?) … 郷長(奥州より入嗣) ━ 義久 … 義次 …… 嗣知(郷長の一族)
>
>という感じになるんでしょうか。
>(美濃守護代斉藤妙純の調停で朝倉方が越前守護につけた斯波義廉の子が
>義俊かどうかという問題もありますが便宜的に置きました。また義次の後の記述がないため、
>そこから嗣知にどう繋がるか謎です)

246 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/04 07:48
>>245
>義景女 … 「母鞍谷形部大輔副知女(少宰相) 勝興寺顕幸室」

こっちの系図はどうなるんだろ?
http://okhome.hp.infoseek.co.jp/main/kusakabe.pdf

247 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/04 16:50
>>245
敏景(1428〜1481年)の女が鞍谷刑部大輔嗣知の室というのは年代的に
どう考えても無理がある。
『朝倉始末記』によれば、敏景の女が鞍谷家に嫁していることは事実だし、
貞景の女も鞍谷氏に嫁している。
時期的や官途名からすると、>>246の系図で見れば晴政=嗣知ということ
になりそうだが、一方、小宰相の父が「鞍谷刑部少輔」と記載されているの
で、小宰相は鞍谷一族の女性として生まれ、嫡流の晴政(=嗣知?)の養
女として義景の側室に入った可能性もある。

248 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/05 01:34
  lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / 本  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  本 ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  願  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  願 |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  寺   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  寺  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄

249 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/05 07:25
義景の娘たちは朝倉家滅亡時に加賀に逃れ、そこからそれぞれの嫁ぎ先に
向かっているよね。
しかし、婚約は整っていたとしても、既に朝倉家が滅亡している段階での婚
姻にそれほどの意味はないと思うんだが・・・
まあ、顕幸と教如が義兄弟になって一族内の結束は固まるかも知れないが、
わざわざそれを滅亡した朝倉家を介して行う必要はないし。
顕幸の場合は母が細川晴元の娘だけに、相手が「細川右京兆(晴元)ノ息
女」所縁の姫であれば多少説得力はあるんだけど・・・

250 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/05 07:32

びみょ〜な線を潜り抜けるスレだなw

251 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/06 15:30
最近、下間ネタが少ないな・・

252 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/07 00:22
何か知らんけど、こんなネタスレが立ったようだな。

【ライタン】下間頼旦、ハァハァ…(*´Д`)【頼タン】
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1081248060/

253 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 11:17
確か大阪城に下間仲之の甲冑が展示されてた記憶がある

254 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 16:27
>>253
「下間仲之と石山合戦」っていう特別展じゃないかい?

255 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 16:34
>>253-254
俺も見たよ。
確か>>245の展示会だった。

256 :255:04/04/08 16:35
>>254の展示会だった…スマソ

257 :エノキ&オメガトライブ ◆7PLHp5HPV2 :04/04/08 22:37
今回の靖国訴訟の原告、浄土真宗の住職さんだったね。

258 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 22:42
靖国云々言う前に、
石山合戦で信者を扇動した事を謝罪しないのか?>浄土真宗

259 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 22:47
>>258
誰に謝罪するんだ?

260 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 22:52
>>259
少なくとも>>258ではないのは確かw

261 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 22:56
>>259
真宗門徒子孫と、織田家関係者子孫。
あと、日本政府にも。

262 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 22:58
大谷家は東西共に伯爵なわけで

263 :261:04/04/08 23:09
>>262
すべて承知の上で言ってますが何か?w
大東亜戦争への浄土真宗の積極的協力についても若干知ってますが何か?w

264 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/08 23:26
……( ゚д゚)ポカーン

265 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 05:38
>>261
全て承知しているわりには、なぜ織田家関係者子孫と日本政府が出てくるんだ?
ならば、包囲網に参加した大名家ならびにその家臣団の子孫は、全て織田家関係者
子孫に謝罪が必要なのか?そこには明らかな矛盾がある。
また、大東亜戦において法脈護持の名の下に積極的に門信徒を戦場に送り込んだ事
実は確かに存在するし、それを裏付ける法主の消息文が数多く残されているので、従
軍した門信徒衆への謝罪ということであれば話は分かるが、宗教団体を統制し、戦争
協力を半ば強要した日本政府への謝罪というのは筋が通らない。

266 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 06:30
>>265
包囲網に参加した大名などどうでもいいのだが。
あくまで、織田政権と本願寺の間の話なので。
数をも知れない門徒を敵に回して戦うという非常事態は
織田家中にとって辛いものだったと思うよ。
長島攻めでも織田家一門衆が何人も討ち取られるという椿事が起こっているし。

267 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 08:33
>>266
仮に「数をも知れない門徒を敵に回して戦うという非常事態は織田家中にとって辛いもの
だった」としても、「長島攻めでも織田家一門衆が何人も討ち取られる」という事態があっ
たとしても、それは交戦状態にある当事者の間で起こった事態であるし、ある意味、お互
い様である。
それを言い出せば、織田家による「根切り」などの大量殺戮についても糾弾がなされる必
要も出てくるし、一方的な謝罪を求めるのは片手落ちというもの。
織田家が織田家の主張するところの正当性をもって国内で征服戦争を展開したとすれば、
その場合、抵抗勢力が蜂起することくらいは当然織り込み済みのはず。
それを踏まえずして、ただ一方的に織田家側の被害を並べ立てるのは稚拙な議論でしか
ない。

268 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 08:50
>>267
1.代替地を提案した上で石山退去を要請したにも関わらず、本願寺はこれに応じなかった。
2.石山合戦の端緒は、織田側ではなく本願寺側による先制攻撃。

269 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 08:56
>>268
>1.代替地を提案した上で石山退去を要請したにも関わらず、本願寺はこれに応じなかった。

そんなことは織田家側の理屈じゃないのか?

270 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 09:02
ならば、講和が成立しているにも関わらず、越前国に進軍し、殺戮の限りを
尽くしたことも問題になるんじゃないのか?

271 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 09:03
代替地って確か、天満ヶ森だった記憶がある。
替地に敷き詰められるほどの金も用意するって提案してなかったっけ?

退去要請の時点で、織田側はかなり平和的で低姿勢だったと思うけど。

272 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 09:08
>>271
蓮如以来の聖地だけに、金を詰まれても断るという断固たる姿勢だった
んだろな。
それと表向きはどうあれ、信長を信用していなかった節もある。

273 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 09:14
石山本願寺は蓮如が候補地としてあたりをつけ、本堂や伽藍などの構造物は全て
門徒衆の浄財や名号の販売収益などで設けられたわけで、一戦国大名の要求で
ホイホイ移転できるようなものじゃないでしょ。
合理主義の信長にすれば「どこでやっても同じやん」と思うかも知れないが、僧侶・
門徒衆はそれじゃ納得せんわけでしょ。

274 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 09:23
当時の本願寺の対応には、好戦的で増長した気分を感じさせる。

退去といっても準備に時間がかかるわけで、
退去交渉を重ねて、うまく引き延ばせば、
条件をより良いものにしたり、信長の真意について十分吟味したりできたはずだ。

本願寺による敵対表明までが、あまりにも性急な感が否めない。

275 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 09:30
>>274
まあ、内外に先制を嗾けた香具師もいるからね。

>条件をより良いものにしたり……
退去する気がないんだから条件交渉もクソもないでしょ、本願寺サイドには。

276 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/09 11:16
播磨の別所氏と本願寺サイドとの関係を
ちょっと知りたいんだが… ゲームなんかじゃ
地味だが、史実では秀吉の中国攻めでかなり粘った
彼らのバックボーンに本願寺門徒宗居た筈なんじゃあ
なかったか?

277 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/10 09:07
誰か>>276に、答えてやれよ・・・
漏れは播磨の事はよく判らんので誰かお願い。

278 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/10 09:12
>>276-277
自分で調べた方が早いんじゃないの?

279 :277:04/04/10 09:27
・・・いや、とりあえず書き込んでみただけで、全く興味ないんだ。

280 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/10 17:40
英賀御坊と呼ばれた本徳寺を中心としていたため、英賀一揆とも呼ばれる。

@亀山御坊本徳寺のHP
http://www1.winknet.ne.jp/~k-goboh/

281 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/10 23:35
武田・織田家が430年ぶり和睦、遺恨越えて握手
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040410i514.htm

本願寺はどうだ?

282 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/11 00:11
三木通秋?

283 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/11 11:21
>>281
織田家とは講和済みだろ>本願寺

284 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/11 13:41
本願寺家はどれくらいの強さだったの?
常に流動的な戦力の比較についての疑問で明確にしにくいけど
みなさんの考えでは相対的にどの大名と並べられるのか
知りたい。

自分は最盛期の尼子氏や大内氏ぐらいだろうと漠然とした
イメージがあるのだけれど。

285 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/11 21:45
本願寺家の強さを他の大名と比較するのは難しいけど、
石山本願寺が難攻不落とすると、最盛期の北条家(氏康&氏政)ぐらいかな?

286 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/12 11:52
イスラム一揆に対抗age

287 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/12 14:00
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040412-00000035-kyt-l26
>案内板で新選組の屯所紹介 下京・西本願寺の太鼓楼前
>
>京都市下京区の西本願寺の太鼓楼前に、幕末に新選組の屯所があった
>ことを紹介する案内板がお目見えした。市民や観光>客たちが足を止めて
>見入っている。
>屯所は1865(慶応元)年3月から約2年間、境内の北東に置かれた。
>その時に占有されたのが楼閣建築の太鼓楼で、案内板には「境内で大砲
>をとどろかせ門徒らを震えさせた」とある。
>新選組は寺にとっては迷惑な存在だったようで、これまでは関連を積極的
>に宣伝していなかった。
>「最近のブームで参拝者やマスコミから問い合わせが増えており、案内板
>が少しでも役立てば」と話している。

さすが商売上手の御西さん、対応が早いね。

288 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/12 14:28
東本願寺は逆に禁門の変で焼けたことくらいしかネタないもんなw

289 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/12 14:33
>>287
西本願寺は親豊臣的な色彩が強いからね。
確か関ヶ原のときに准如が陣中見舞いに行こうとしたけど側近に止められ、戦後に戦勝祝い
を持って行って足蹴にされたって話あるしな。

290 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/12 14:54
教如は畿内の情報を逐一家康に通報してたらしいな
まあ、その情報がどの程度役に立ったのかは分からんが、東軍への
加担を明確にしていたわけだ
時流に乗れない今日の大谷派教団とはエラい違いだな

291 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/12 22:52
教如が本能寺の変に一枚噛んでるって説はどうなんだ?

292 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/15 19:49
>>291
教如は徹頭徹尾、反織田家だったからね。
同時期に越前などで門徒を煽動したという説もある。

293 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/17 18:11
光佐って誰のこと?
顕如?

294 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/17 18:26
↑そうです。

295 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/17 22:34
顕如って「信長」ではずっと光佐で登場していたから、顕如で見たとき違和感感じた。

296 :もとぷら ◆LIXoOON5OQ :04/04/18 00:59
大谷光暢師の「闡如」って読めないよなぁ

297 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/18 01:11
>>296
「せんにょ」と読むはず
それ以前に大谷光暢知ってる時点でかなりの本願寺マニア?

298 :もとぷら ◆LIXoOON5OQ :04/04/18 01:24
>>297
家系図マニアだからね。光暢師は華族でもあるし有名じゃないのか?

299 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/18 01:35
>>298
一般的にはお東さんの御家騒動の原点みたいな人だからね。
その意味では興味のある人しか知らないんじゃない?

300 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/18 08:01
大谷光暢さんは華族でありながら息子をふつーの学校に行かせた見識の持ち主だったわけだよ。
(華族は小学生から学習院に入るのが普通だったのだが、
息子はふつーの学校へ通い東大を卒業した)
ところがお東騒動の時は墓地造成とかでトラブってしまい、そこを左翼に付け込まれて
京都の寺から出て行く事になってしまったわけだ。
幸い息子さんは本願寺教如(光寿)が家康の所に居た時に拝領した
浅草東京本願寺(浅草門跡・東本願寺)の住職をやっていたのでそこへ身を寄せたそうだ。
今はもう亡くなられたけどね。

浅草の東本願寺門前には本多正信開基の徳本寺もあるのでこちらもお勧め。
徳本寺のパンフによれば、江戸入りの時浄土真宗寺院が一箇所しかないことに
気づいた正信が寺を立て、仏教を講義していたが、その後で教如を呼んだらしい。
三河一向一揆のあと、家康のもとへ帰参した本多正信、本願寺と相変わらず連携してたんだねー

301 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/18 09:04
家康・正信は一生を通じて仏教色が強い。
ある意味、信玄の仏教信仰よりも本物だと思う。

ノブヤボで本願寺関連人物と相性最悪なのは
正直おかしいと思っているのだが・・・。
かといって最良だとも思わないけど。

302 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/18 16:06
>>300
今の本願寺教団(大谷派)なんて左翼の巣窟だからね。
10年後には本願寺派に大多数の所属寺院が吸収されることになると思うよ。

303 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/19 18:01
>>302
やたら部落差別の問題とかやってるよね>大谷派

304 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 07:41
>>301
苦労人だからじゃない?

話がずれるが4男で最初は出世の見込みがなかった平安時代の藤原道長も若い頃は相当信仰深かった。
だから、政権とると寺社を結構保護したらしいし。

305 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 14:18
>>304
来世への不安もあるでしょ、あの時代の生命観なら。
寺社に保護を与えることが「善根功徳」を積むことになるという
考えもあったのでは?

306 :金魚:04/04/20 17:15
 鎌倉幕府から戦国時代までの武士達は、貴族・寺社の荘園に、いかに寄生して
いくかが歴史の流れ。
 戦国時代とは、寄生から領有への時代。荘園制度を名実ともに破壊して石高制度
(というか、武士のための土地制度)を創出していく時代なわけだ。
 ところが、一向宗に染まった百姓(末端の農民のことではなく、その小領主・
地侍)達は、武士のための土地制度を創出するどころか、土地を本願寺に「寄進」
しやがる。これでは、まるで、荘園制度のリニューアルではないか?
 信長の怒りは、武士の階級の怒りである。石高制イデオロギーの怒りである。

307 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 17:20
>>306
>武士のための土地制度を創出するどころか

それが武家の驕りなんじゃないの?
ちなみに門徒が本願寺に「土地を寄進した」記録ってあるの?

308 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 17:22
>>306
その理屈じゃあ、自分たち(武士階級)に都合が悪いから弾圧してるだけじゃねぇかよ

309 :金魚:04/04/20 17:31
307>
 君みたいなのを予想して、寄進に「」をつけた。本願寺の搾取も馬鹿に
ならんようだったようだね。そもそも、兵役が多いしね。

308>
 その通り。土地制度をめぐっての戦い。もっと露骨に言えば、「年貢」の
取り合い。
 結果的には、政教分離に貢献はできたが、そもそも、社会学も無い時代に
「政教分離が近代的でいいことだ」なんて意識があるかい?

310 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 17:38
>>309
>君みたいなのを予想して、寄進に「」をつけた。

そこまで予想しているなら「馬鹿にならん」という本願寺の搾取に関する
記録も用意すりゃいいのに。
>>307はその典拠を求めているわけだろ?単純に。

311 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 17:43
>>309
政教分離ということであれば・・・
蓮如が政治的には守護富樫氏に、信仰的には真宗に沿うように門徒衆に
御文を送っているのは当然知ってるよな?

312 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 18:03
>>306
>信長の怒りは、武士の階級の怒りである。石高制イデオロギーの怒りである。
燃料投下に感謝(w

信長は「武士階級の怒り」を代弁などしていない。
各地の地侍をサラリー制にして城下に集める事は、
「一所懸命」に代表される従来の武家制度・土地制度の否定に他ならず、
むしろ彼は古典的な武士階級の解体をもたらす行動に
着手していたと解釈すべき。

信長の行動原理は「一元化」に集約できる。
彼の楽市楽座・神格宣言による安土城下への人口誘致は、
まさしく寺内町・門前町のそれと同じ効果を狙ったものであり、
彼の最終目的は、政教分離ではなく、政教統一であるとさえ言える。

どこのどいつですか?
信長が政教分離を目指したなどとほざいているのは(w

313 :金魚:04/04/20 18:12
>311
 そのような書類は、ペテロかパウロでも出されているよね。「皇帝のものは皇帝に」
それから政教分離まで何年かかったやら。そんな書類は現実の前では、無力だよな。

>312
>各地の地侍をサラリー制にして城下に集める事は、

 そんな事が本当に織田信長が実現できたと思っているのかい?数年前のチャート式
日本史でも、「信長を中世末期の中央権力、近世は秀吉から」という見知が学者
の間で有力になりつつある、と書いてある。君の信長観は一時代前のものだ。
 「兵農分離は、太閤検地から」が定説。最近では、太閤検地の不徹底すら指摘
されている。


 

314 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 18:21
>>313
漏れは「彼の施策が成功裏に完了した」などとは一言も書いてないけど?
本能寺で横死する3〜4年の話をしているわけで。
全く着手していないのと、着手したけど不完全だったのとは全く違うでしょ。
「全く着手していない」を採用してるわけ?>>313

315 :金魚の糞:04/04/20 18:24
チャート式日本史
チャート式日本史
チャート式日本史

何ゆえ、こんな資料を出されたのだろうか・・・

316 :金魚:04/04/20 18:41
314>

 着手したのなら、戦国大名の大部分だよ。そもそも、兵農分離なんてのは、
「先に兵農分離ありき」ではなく、長期出兵の強行から、兵農分離へ移行する
条件が整ってくるんだから。
 長期出兵、あるいはたび重なる短期出兵をさせられたら、農村に居場所を
失う。田畑は別人が耕す。
 信長の改革とやらは、信長の脳内アイデアの強行ではなくて、すでに先進地
の一部で行われている事を、全国に広めていくものだったんだよ。
 まっ、それが器量者の実態さ。脳内アイデア社会改革なんて、人がついて
来ないよ。
 しかし、結局は兵農分離なんて信長はほとんど死ぬまでできなかった。
信長死す、という報のもとで、秀吉と勝家以外の「軍団」は崩壊。「軍団」
の主力は、小領主連合体だったんだよ。

315>
 君もチャート式を越える歴史知識を身につけよう。まだまだ、君はチャート式
レベルに至っていない。


317 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 18:57
>>316
全国で完全実施できなければ、行われていない事になるなら、

「兵農分離は織豊政権下にも徳川政権下にも行われなかった」
「兵農分離を行ったのは明治新政府」

って事になりまつね(w
くるしいなら黙ってればいいのに(w

318 :金魚:04/04/20 19:16
317>
>全国で完全実施できなければ、行われていない事になる

 誰がこんな事、主張したの?ちゃんと読もうね。
ちなみに、金魚は、信長が政教分離をめざした、とも書いていない。ちゃんと
落ち着いて読もうよ。君は、肝腎なところを誤読してるよ。




319 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 19:20
長々と書いてる割には周囲に理解されない。
その理由は唯々説明力の不足による。

320 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 19:37
だんだんスレ違いの色が濃くなっております

321 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 20:03
征夷大将軍職を辞退している時点で、
武士階級の復権なぞ目指していないだろ(w

322 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/20 23:43
で、本願寺の話はどこにいった

323 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/21 00:15
いや、チャート式日本史のスレだし

324 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/21 10:46

テメエら全員スレ違い・・・

325 :金魚:04/04/21 17:43
319>
 そら、ショーセツカ や ヒョーロンカ の「革新的信長」なんてのを
信仰している厨には、理解不可能だよ。まずは、ショーセツカやヒョーロンカ
を卒業して、歴史学者の書いた最も初心者向け書物として、受験参考書や教科書
を読むべきだろうな。

 さて本論。
独国の松区巣・上場亜は、「意図と結果が違う」なんて事が多いと力説しているらしいが、
この、一向一揆なんて、その最たるものだろう。
 蓮如は、ただただ、浄土信仰の広がることだけを意図していたのだろうが、
当時の社会の中核であった、国人・地侍は、団結のネタを求めていた。
多くの地域では、日本人らしく、思想もへったくれもなく、国人・地侍の中から
盟主を選んで、その人物を中心に、戦国大名へと成長していった。
(厳密には、武士階級のイデオロギーはあったと思うが)
 ところが、一部の地域では、一向宗の教えを、団結のイデオロギーとして
国作りへと向かう。それを阻む者と戦う。
 意図と結果は違うことが多い。

326 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/21 17:54
>>325
自分の巣に(・∀・)カエレ!!

327 :金魚:04/04/21 17:57
321>
>武士階級の復権なぞ目指していないだろ(

 「武士階級の復権」なんて、誰が唱えているの?教えて。復権というから
には、もっと武士の権力の強い時代が以前にあったのかい?それって、いつの
時代?
ちなみに、金魚は、復権ではなくて、「名実ともに武士に支配される日本をめざす
戦国大名」という定説を支持している。

328 :金魚:04/04/21 17:59
326>

 ごめんね。君の妄想を破壊して。でもそうしないと大人になれないんだよ。
おじさんが、君の悩みを聞いてあげるよ。ほら、君のみじめな青春を語って
ごらん。

329 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/21 19:16
.       ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (;´Д`)< すいませんすぐ片付けますんで。
  -=≡  /    ヽ  \_______
.      /| |   |. |
 -=≡ /. \ヽ/\\_
    /    ヽ⌒)==ヽ_)= ∧_∧
-=   / /⌒\.\ ||  ||  (´・ω・`) ←>>327-328
  / /    > ) ||   ||  ( つ旦O
 / /     / /_||_ || と_)_) _.
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))



330 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/21 19:20

一、スレの本題からずれるようなレスはsageでお願い致し候事。

331 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/21 19:59
>>325
>蓮如は、ただただ、浄土信仰の広がることだけを意図していたのだろうが、
>当時の社会の中核であった、国人・地侍は、団結のネタを求めていた。

蓮如も地域的団結を重要視していたろ。
蓮如が布教にあたって「講」を設けたのも、教線の拡大に地域的団結が不可欠
と踏んでいたから。
「講」を中心とする浄土真宗の門徒集団の外周に、土豪や地侍、さらには神官
や祈祷師、巫女、その他土着宗教がまとわりつくことで「一向宗」という存在が
成り立っていたのが現状。
国人・地侍は、団結のネタを求めていたというよりは、彼ら自身が浄土真宗を
信仰をしていた、あるいはその地域的団結に加わらなければ自勢力を維持し
得なかったという見方もできるのではないか。

332 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/21 20:13
>>300
徳本寺は今や鉄筋4階建ての近代的な寺院になってる。
ちなみに徳本寺には田沼意知(田沼意次の子)を殺害した佐野政言の墓があるとか。
本多正信像としてよく知られているのも徳本寺所蔵のものなんだね。
http://www.city.koga.ibaraki.jp/rekihaku/toshikatu/2-2.htm

333 :無名武将@お腹せっぷく:04/04/25 00:31
政教分離を言えば、蓮如の場合は書面が残ってるからね。

334 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/02 19:10
御消息だっけ?御文だっけ?

335 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/08 03:34
何故かゲームに登場しませんね、顕尊

336 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/08 17:30
下間頼総あたりは登場してる???

337 :無名武将@お腹せっぷく:04/05/09 15:18
>>335
興正寺に養子に入っちゃったからじゃないの?

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)